TOP>旅行 > トヨタRAV4 HV【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • 犬と旅行

トヨタRAV4 HV【今月のドッグフレンドリー・カー】

今月のドッグフレンドリーカー
トヨタRAV4 HV

先日、PETomorrowの“わんこと行くクルマ旅”で、新型RAV4のガソリン車、アドベンチャーグレードに乗って河口湖にあるフジプレミアムリゾートのフォレストビレッジを訪れ、新型RAV4の抜群と言っていい走行性能、悪路走破性能、使い勝手、驚異的な実燃費、そしてドッグフレンドリーカーとしての資質に大感動したばかりですが、ここでは、その撮影に同行した、新型RAV4のハイブリッドモデルを紹介しましょう。

新型RAV4のガソリン車とハイブリッド車との大きな違いはまず、4WD機構。ガソリン車のアドベンチャーグレードが、新型RAV4のために開発された世界初の「ダイナミックトルクベクタリングコントロール」を採用しています。それは、後輪左右のトルクを別々に制御(0~100%)するトルクベクタリングコントロールと、4WDを必要としない場面で後輪への動力伝達を切り離して燃費を向上させるディスコネクト(接続を絶つという意味)機構を併せ持ったもの。

オンロードでのグイグイと曲がる操縦性の気持ち良さと、悪路でのハイレベルな走破性、曲がりやすさを両立しているのです。

一方、ハイブリッドモデルの4WDシステムは、前輪駆動状態と4駆駆動状態を自動的に電子制御してくれる、トヨタのハイブリッドモデルの4WD機構としては定番のE-FOUR(電気式4WDシステム)を採用しています。

最低地上高はアドベンチャーグレードの200mmから190mmになるものの、ストロークたっぷりのサスペンションなどによって、悪路走破性に大きな違いはありません。実際、特設コースの大きな凸凹を乗り越えるテストを経験しましたが、その走破性、生き物のように動くサスペンションの柔軟性には驚くばかりでした(テスト風景の写真参照)。

アドベンチャーグレードが本格的な悪路走行を楽しみたい愛犬家にぴったりだとしたら、このハイブリッドモデルは街中から高速走行までのオンロードをメインに、たまに悪路も走る・・・という愛犬家に最適でしょう。犬が、比較的フラットな座面で居心地のいい後席に乗り込む際、シートとサイドシルの間に抜け毛が落ちて入り込むすき間がなく、前足をかけやすいプレートがあるのも、愛犬家にうれしいドッグフレンドリーポイントといえるでしょう。

街乗りでは狭い駐車スペースに駐車する機会も多いと思いますが、小回り性のめやすになる最小回転半径は、19インチタイヤを履くアドベンチャーグレードの5・7mに対して、17~18インチタイヤを装着するハイブリッドモデルは5・5mと、より小回り性に優れ、Uターンや狭い道の右左折はもちろん、幅寄せを含む駐車もしやすくなるのです。

もちろん、トヨタのストロングハイブリッドですから、出足はモーターだけで走るEV走行。クルージング状態になっても、バッテリーに余裕があれば、ねばり強くEV走行を行ってくれるため、愛犬にもやさしい静かでなめらかな走行、加速感が得られるというわけです。

乗り心地も文句なしで、18インチタイヤを履いたハイブリッドGグレードの場合、終始、快適感と上質感ある、フラットで心地良い乗り心地を、前後席で味わうことでできたのです。

実際、真夏日に東京~河口湖を往復しましたが、後席エアコン吹き出し口によって、前席の飼い主はもちろん、後席に陣取ったマリアとララも、快適すぎる“わんこと行くクルマ旅”を楽しめたのでした。

ハイブリッドモデルの装備面の大きな特徴が、AC100V/1500Wコンセントをラゲッジルームに備えていること。1500Wまでの家電品が車内外で使え、コーヒーメーカーや小電力の電子レンジなどを用意すれば、新型RAV4を景色のいい駐車スペースに止めれば、そこが「どこでもドッグカフェ!?」になりうるのです。

もちろん、アドベンチャーグレード同様の次世代予防安全パッケージ、最新の単眼カメラとミリ波レーダーによる「トヨタセーフティセンス」や、Tコネクトナビ装着によるオペレーターサービス、ヘルプネット(エアバッグ連動タイプ)といった、より安心・安全なドライブが可能になる機能、装備も満載。抜群の走行性能、走破性能と合わせ、まさに鬼に金棒の新型RAV4というわけです。

そして、真夏の東京~河口湖を往復して驚かされたのが、実燃費。車内でどこかにつかまれない犬たちのために、加速性能が穏やかになるエコモードON、暑がりの犬に気づかい、エアコンの温度設定を低めにセットした状態で、なんと実燃費により近い、新しいWLTCモードの20・6km/Lぴったりの20・6km/Lを記録したのです。ハイブリッド車とはいえ、車重1690kg、4WDのSUVとしては超絶にいい実燃費性能といえるでしょう(同行程のアドベンチャーグレードも15・7km/Lと驚異的でした!)

これなら、愛犬と“わんこと行くクルマ旅”に出掛ける機会も増えるというもの。ガソリン同グレードに対して約60万円高になるものの、愛犬家にとってその価値は十二分にあると思えます。

クラス最大の広さを備えるラゲッジスペースは、大型犬2頭の乗車も可能な広さで、ステーションワゴンにくらべ高さに余裕があるため、大型クレートも積載も用意です。

そう、新型RAV4はガソリン車のアドベンチャーグレードも、このハイブリッドモデルも、極めてドッグフレンドリーな、デザイン、機能、走行性能、悪路走破性、先進安全装備、先進機能など、全方向死角なしの、RAV4ファンだけでなく、愛犬家にとっても待望の本格SUVといえるでしょう。ラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララと暮らすわが家でも、今、大注目している1台です!唯一、惜しいのは、よりスタイリッシュに見える、ルーフをアッシュグレーメタリックに塗り分けたTWO TONEのボディカラーが(下の湖畔の写真)、ガソリン車のアドベンチャーグレードでしか選べないことなんですけどね・・・。

新型RAV4の中でも最強の走破性を誇るアドベンチャーグレードを紹介している、わんこと行くクルマ旅「トヨタRAV4で行くフジプレミアムリゾート フォレストビレッジ」前編はこちら

https://petomorrow.jp/travel_dog/97103

トヨタRAV4

https://toyota.jp/rav4/

文/青山尚暉
写真/福永仲秋

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

がんばれ千葉の愛犬同伴型リゾートホテル! (10.4)

  • 犬と旅行

祝!乗用車販売台数第一位記念 トヨタ・シエンタ FUNBASE【今月のドッグフレンドリー・... (9.24)

  • 犬と旅行

災害時に愛犬と避難する心得とは? (9.17)

  • 犬と旅行

トヨタRAV4 HV【今月のドッグフレンドリー・カー】 (8.28)

  • 犬と旅行

イル・キャンティ河口湖店【マリアお薦めのランチスポット】 (8.13)

  • 犬と旅行

「トヨタRAV4」で行くフジプレミアムリゾート フォレストヴィレッジ 後編【わんこと行くク... (8.7)

  • 犬と旅行

「トヨタRAV4」で行くフジプレミアムリゾート フォレストヴィレッジ 前編【わんこと行くク... (8.2)

  • 犬と旅行

夏のお散歩&ドライブの蚊よけ対策【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (8.1)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る