TOP>旅行 > ダイニングキッチン「あ・かうはーど」【マリアお薦めのランチスポット】

  • 犬と旅行

ダイニングキッチン「あ・かうはーど」【マリアお薦めのランチスポット】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

ダイニングキッチン「あ・かうはーど」【マリアお薦めのランチスポット】

「日本一ドッグフレンドリーなリゾート」をうたう那須高原。この春から秋にかけては、最高の“わんこと行くクルマ旅”の目的地。東北自動車道 那須・黒磯ICから至近の距離に、愛犬同伴型リゾートホテル、愛犬と入れ、楽しめる食事処、観光スポット、遊園地、アウトレットなどが林立。


那須高原は最高のドッグフレンドリーリゾート             


ホンダ・インサイトで訪れた目的地はアルトピアーノ那須

それに加え、那須高原は、「肉巡り」のスポットとしても有名なのを、ご存じでしょうか。


牧場の多い那須高原は「肉巡り」スポットとしても有名

今回、マリアとララが、アルトピアーノ那須に滞在した際、ランチスポットとして訪れたのが、那須・黒磯ICを降り、クルマで那須街道を北上すること約13分、5キロの距離にあるダイニングキッチン「あ・かうはーど」。


那須・黒磯ICから至近の「あ・かうはーど」          


入り口正面のオープンキッチン

母体は北海道を始め、那須高原だけでも数千頭もの黒毛和牛を大自然の中で放牧し、手間を惜しまず、愛情たっぷりに育てる自社牧場の敷島ファーム。


那須高原だけでも数千頭もの黒毛和牛が放牧されています

その牧場直送の黒毛和牛を炭火焼きでいただける、「肉巡り」スポットの1軒が、ここ、「あ・かうはーど」というわけわん。敷地内には相田みつを那須ギャラリーもあり、那須高原の超人気観光スポットとしても脚光を浴びているところです(駐車場は合わせて80台分完備)。


店内へはスロープもあり       


「あ・かうはーど」の店内(犬はNG)

わんこが入れるのは、気候が安定した日にのみオープン(雨天、荒天時はクローズ/天候の急変に配慮して予約不可)する、オシャレなテラスの5席のみですが、爽やかな那須高原の空の下、やわらかな風とともに、極上のお肉をいただけるのです。マリアたちがテーブルにつくと、冷たいお水をサービスしてくれました。

のどを潤したマリアが、パパとママに代わって、スタッフさんにお薦めメニューをわんわん聞くと、まずは看板メニューのMt.那須ROCK。300gのヘルシーなもも肉を分厚く“ロック状”にカットした豪快な一品。


焼き上がりをじっくりと待つMt.那須ROCK

ステーキもハンバーグも食べたいというパパには、ヒレステーキ(80g)&ハンバーグ(150g)、サーロインステーキ(80g)&ハンバーグ(150g)、そしてセットのハンバーグとは肉質が違う、ステーキと同じ黒毛和牛を使った贅沢なグランドハンバーグもお薦めだとか。

で、いきなりメインのお肉料理から食べ始めるのは、ちょっと待って!です。たった950円+税で、ボリュームタップリの10種類もの新鮮野菜にローストビーフの切り落としがトッピングされたカウハードサラダ(2~3人でもOKの量なので、頼みすぎに注意!)、さらに赤身肉のたたき スタミナポン酢、お肉屋さんのお寿司などもぜひ注文したい一品です。

 


お肉屋さんのお寿司!!

そのほかにも、サーロイン、フィレ、リブロース、モモの黒毛和牛ステーキ単品、黒毛和牛ビーフシチュー、カウハードビーフカレーなど、メニューは、これでもかっ、と豊富。

ソフトドリンクもワイナリーのぶどうジュース、濃厚りんごジュースなど、那須らしさ溢(あふ)れるメニューばかりでした。


飲み物も那須高原らしいメニューが

今回は、ホンダ・インサイトで行くアルトピアーノ那須 わんこと行くクルマ旅の途中で立ち寄り、スタッフさんもいるため、カウハードサラダ、に赤身肉のたたき スタミナポン酢、お肉屋さんのお寿司、そしてメインとして看板メニューのMt.那須ROCK、ヒレステーキ(80g)&ハンバーグ(150g)、サーロインステーキ(80g)&ハンバーグ(150g)を注文しました!

カウハードサラダ、に赤身肉のたたき スタミナポン酢、お肉屋さんのお寿司を注文したのには、ただ食べたいだけじゃない理由があります。それは、オープンキッチンでシェフがMt.那須ROCK 300gのお肉を焼き上げるのに、少々、お時間がかかるから。なので、前菜的にいただきつつ、焼き上がりを待つのが正解なのです(自身が注文したお肉を焼いているところを見ることもできるんだよ/店内なので、飼い主のみ)。


カウハードサラダ                            


赤身肉のたたき スタミナポン酢                     


お肉屋さんのお寿司

そうした絶品の3品をいただいていると、ジュージューしながら来ました!その姿からして圧巻のMt.那須ROCK。もも肉ならではのあっさりとした肉質は、ガッツリ、食べ応え満点。2人で1人前の注文でも、ほかのメニューを頼めば十分すぎるほどのボリューム。歯に自信のある人にお薦めだそう。絶妙なお肉を焼き加減も、さすが肉料理専門店の焼き手ならでは。


わんこ連れは気持ちいいテラス席で         


これがウワサのMt.那須ROCK 300g!

シニアなパパがお薦めなのは、ステーキとハンバーグのセット。ヒレ、サーロインステーキともに肉質はジューシーで最高。しかも驚くほどやわらかい。肉汁たっぷりのハンバーグとの供宴がたまらなくおいしかったとのことでした。


ヒレステーキとハンバーグ                    


サーロインステーキとハンバーグ

うれしいのは4種類のソースが添えられること(カウハードソース、ポン酢、だししょうゆ、岩塩)。だから、お肉がボリューム満点でも、食べ飽きることなし。

もし、シニア犬のマリアのように、歯に自信がない、というなら、あえてソースをかけない、肉汁溢(あふ)れるうま味を堪能できる、カウハードハンバーグ200g、グランドハンバーグ180gが絶対のお薦め。黒毛和牛100%の肉肉しいおいしさを、やわらかく、やわらかく、しかし肉感たっぷりにいただけます。


ステーキ肉を使ったグランドハンバーグ180g

そんなわけで、マリアが人間に生まれ変わって、いつか、絶対に来たい(食べたい)と思ったダイニングキッチン「あ・かうはーど」なのでした。愛犬とともに那須高原を訪れたら、ぜひ、立ち寄ってくださいね。おなかいっぱい、最高の肉質に大満足できること必至わん!


マリアとララも食べたいな~

そうそう、休前日、休日は行列必至(クルマも人も犬も!)11時の開店前から駐車場で待機しているのがポイントらしいわん。

 

あ・かうはーど

http://www.acowherd.jp/

 

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー/モータージャーナリスト。東京生まれ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(推薦媒体:小学館DIME)。愛犬家であり、ペットとのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、TV、ラジオ、インターペットなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、里親として迎えたラブラドールレトリーバーのマリア、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらもレスキュー犬)。

小学館PETomorrowのほか、愛犬と行く旅、愛犬とお出掛けスポット、@DIME、いぬのきもち、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事、コラム、インタビュー記事を掲載中。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。また、2017年から愛犬との安全快適なドライブを実現する、青山流アイデアの詰まった自動車用ペットアクセサリーの開発にも携わっている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

伊豆 ごはん処「稲の花」【マリアお薦めのランチスポット】 (6.14)

  • 犬と旅行

ホンダ・ヴェゼル ツーリング【今月のドッグフレンドリー・カー】 (6.11)

  • 犬と旅行

『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 後編【... (6.4)

  • 犬と旅行

こどもの日に思ったこと。 (5.31)

  • 犬と旅行

『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 中編【... (5.24)

  • 犬と旅行

『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 前編【... (5.23)

  • 犬と旅行

ダイニングキッチン「あ・かうはーど」【マリアお薦めのランチスポット】 (5.9)

  • 犬と旅行

那須のわんこOKキャンプ場「キャンプ&キャ ビンズ那須高原」【わんこと行くクルマ旅 特別編... (5.4)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る