TOP>旅行 > 愛犬のためのプリウス選び【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • 犬と旅行

愛犬のためのプリウス選び【今月のドッグフレンドリー・カー】

今月のドッグフレンドリーカー
愛犬のためのプリウス選び

世界に誇る日本の、トヨタのハイブリッドカーがプリウス。しかし、2015年に登場した4代目はプリウス史上最上の走行性能、乗り心地、そして燃費性能を実現しながらも、先進的すぎる顔つき、リアスタイルに賛否両論。


前期型4代目プリウス


この顔つきに賛否両論!?

そこで2018年12月にビッグチェンジを行い、フロントグリル、バンパー、ライト類を一新。よりおとなしいスタイル、デザインに変更されたのでした。これを機に、ドッグフレンドリーカーとしてプリウスの購入を検討している愛犬家も多いのではないでしょうか。


2018年12月以降の新型プリウス


より落ち着いたデザインに変更


リアビューもおとなし目に

以前、PETomorrow“わんこと行くクルマ旅”でもプリウスを取り上げたように、ハッチバックタイプの乗用車でありながら、プリウスはハイブリッドならではの静かで滑らかな走行性能、ごく低く、犬も乗りやすい高さにセットされた後席を格納することで広々とした拡大ラゲッジスペースが得られることなどから、意外なるドッグフレンドリーカーと言える存在でした。


わんこと行くクルマ旅でのPHEV 写真:福永仲秋


意外なるドッグフレンドリーカーでした  


自称自動車評論犬!?のララも絶賛の乗り心地

また、今回の改良をきっかけに、最新のクラウンやカローラスポーツ同様、専用通信機DCMを全車に標準装備し、超便利で安心なオペレーターサービスやLINEマイカーアカウントなどを利用できるようになったのです(基本使用料3年間無料、4年目以降1万12000円/年 税別)。ナビの設定や緊急時の警察、消防などへの連絡もOK。


オペレーターサービスも標準装備


オペレーターサービスのイメージ

が、愛犬を後席だけならともかく、大型犬などで後席を格納し、拡大したラゲッジスペースに乗せることもありうる、というなら、グレード、というか駆動方式選びは慎重に。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ホンダ N BOX【今月のドッグフレンドリー・カー】 (4.10)

  • 犬と旅行

新型「スバル・レヴォーグ」で行く早春のコレドール湯河原 後編 (3.31)

[PR]
  • 犬と旅行

新型「スバル・レヴォーグ」で行く早春のコレドール湯河原 中編 (3.25)

[PR]
  • 犬と旅行

新型「スバル・レヴォーグ」で行く早春のコレドール湯河原 前編 (3.22)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る