TOP>旅行 > マザー牧場のジンギスカンガーデンズ【マリアお薦めのランチスポット】

  • 犬と旅行

マザー牧場のジンギスカンガーデンズ【マリアお薦めのランチスポット】

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

マザー牧場のジンギスカンガーデンズ【マリアお薦めのランチスポット】

実は、ジャックラッセルのララは、親愛なる、いつも頼りにさせてもらっている、ラブラドールレトリーバーのマリア姉さんに内緒で、ママと、わが家の人間のお姉ちゃん&その愛犬のキャバリアのくるみちゃんと一緒に、こっそり、抜き足、差し足で早春の女子旅に出掛けたのでした。

目的地は、今は赤ちゃん羊でも有名なマザー牧場(赤ちゃん羊写真館は4/21まで開催)。かつてパパが先代犬のゴールデンレトリーバーのナナ先輩と訪れた時代は、まさに牧場散歩とジンギスカン(それもわんこはテラス席)ぐらいしか楽しめなかったらしいですが、今は愛犬同伴でもさまざまな楽しみ方ができるエンターテイメントファームになっているのです。

 

マザー牧場はアクセスもずいぶんよくなっていて、クルマでアクアラインから館山自動車道へと進み、君津PAスマートICを出れば、そこからわずか10分ほどで着いてしまいます。ララたちは、イチバンの目的の「ジンギスカンガーデンズ」に近い、まきばパーキングにクルマを駐車し(駐車料金 普通車900円)、入場料(大人1500円、わんこ1頭600円)を払って入場。最初に目指したのはもちろん、ドッグラン。

マザー牧場は、高台にあるためどこからも景色は素晴らしく、あちこちがとてもきちんと整備されていました。ドッグランまでの道のりは、菜の花やいろいろなお花が咲きほこり、運動神経抜群のララはスタコラ、サッサと、被毛が長く、モップ状態のくるみちゃんも、いつになく気持ちよさそうに、軽ろやかに歩いていたんだよ。

ドッグランは「子犬、小型犬」「中、大型犬」「貸し切りエリア」に分かれていて、ララたちは「子犬、小型犬」エリアに入り、平日のため、ほとんど貸し切り状態で遊ぶことができました。

その後は農園エリアやお花のエリアを散歩。途中、イチゴ摘みがありましたが、わんこ同伴NGなので、パス。

たくさん散歩しておなかもすいてきたので、いよいよ「ジンギスカンガーデンズ」へ。ここは屋内の客席が700席もある巨大なレストラン。その中のわんこがOKの席は、オレンジ色のいすのスペースに区別されています。屋外にも500席ありますが、まだ肌寒い、初春の陽気の下、わんこが暖かい室内に入れるのはとてもうれしいわん。もちろん、雨の日でもここならばっちり。

ジンギスカンの注文はセルフサービスで、好きな食材を選び、会計するシステム。ララ御一行(女性2名+2頭)は、牛ラムセット(2~3人前 3300円)と別売のごはん、牧場牛乳、ウーロン茶などを注文。牛ラムセットの内容は、ラム肉150g、牛肉200gと野菜の盛り合わせ。女性2人では食べきれないほどボリューム満点で、少しだけ、残してしまいました。もし、マリア姉さんがいたら、残さず、おいしくいただいているんだろーな~(ララは牛肉アレルギー、くるみちゃんは療養中なので人間の食べ物NG)。

 

そうそう、園内には「まきばカフェ」というカフェもあって、半テラス席のみわんこ連れOKながら、カツカレーやハンバーグ、オムライスなどが食べられるんだって。暖かい季節なら、こちらもいいわん。

というわけで、ララにとって初めてのマザー牧場でしたが、敷地が広大で景色も素晴しく、なおかつ今ではとてもドッグフレンドリーな施設になっていたんだよ。

マザー牧場を満喫したララたちは、もうお家に帰るのかな・・・と思っていたら、クルマはズンズンと海のほうへ。どこかで見たことのある景色の中を走っているな~と思ったら、なんとわが家御用達、日本最高峰の愛犬同伴型リゾートホテルの一軒、レジーナリゾート鴨川に到着したのでした。これはそーとーまずい。マリア姉さんに内緒でマザー牧場までドライブしただけじゃなく、マリア姉さんも大のお気に入りのレジーナリゾート鴨川にララたちだけ泊まるなんて~。

 

でも館内に入ったとたん、そんなことはすっかり忘れて、くるみちゃんとレジーナリゾート鴨川の、オーシャンフロントのリゾートライフを思う存分楽しみ尽くしたララでした。くれぐれも、この話、マリア姉さんには内緒だよ・・・。

 

でも、やっぱりマリア姉さんと一緒のほうが、安心して“わんこと行くクルマ旅”楽しめるんだよね、とつくづく思ったララでした。ごめん、今度は必ず、いっしょだよ。あっ、パパもね。by ララ

マザー牧場

http://www.motherfarm.co.jp/index.php

レジーナリゾート鴨川

https://www.regina-resorts.com/kamogawa/

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー/モータージャーナリスト。東京生まれ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(推薦媒体:小学館DIME)。愛犬家であり、ペットとのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、TV、ラジオ、インターペットなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、里親として迎えたラブラドールレトリーバーのマリア、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらもレスキュー犬)。

小学館PETomorrowのほか、愛犬と行く旅、愛犬とお出掛けスポット、@DIME、いぬのきもち、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事、コラム、インタビュー記事を掲載中。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。また、2017年から愛犬との安全快適なドライブを実現する、青山流アイデアの詰まった自動車用ペットアクセサリーの開発にも携わっている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 中編【... (5.24)

  • 犬と旅行

『ボルボV60 Cross Country』で行く伊豆 坐漁荘 松琴亭ペットルーム 前編【... (5.23)

  • 犬と旅行

ダイニングキッチン「あ・かうはーど」【マリアお薦めのランチスポット】 (5.9)

  • 犬と旅行

那須のわんこOKキャンプ場「キャンプ&キャ ビンズ那須高原」【わんこと行くクルマ旅 特別編... (5.4)

  • 犬と旅行

『ホンダ・インサイト』で行くアルトピアーノ那須 後編【わんこと行くクルマ旅】 (4.27)

  • 犬と旅行

『ホンダ・インサイト』で行くアルトピアーノ那須 中編【わんこと行くクルマ旅】 (4.24)

  • 犬と旅行

『ホンダ・インサイト』で行くアルトピアーノ那須 前編【わんこと行くクルマ旅】 (4.23)

  • 犬と旅行

彼を父親にしてくれたのは息子たち (4.8)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る