TOP>旅行 > 【マリアお薦めのランチスポット】旧軽井沢編「ブラッスリー・シュエット」

  • 犬と旅行

【マリアお薦めのランチスポット】旧軽井沢編「ブラッスリー・シュエット」

青山尚暉のわんこと行くクルマ旅

マリアお薦めのランチスポット旧軽井沢編『ブラッスリー・シュエット』

マリアとララが大好きな、日本を代表する避暑地、ドッグリゾートの軽井沢に行ってきました。滞在したのは昨年10月にグランドオープンしたルシアン旧軽井沢ですが(その詳細はPETomorrow わんこと行くクルマ旅にて)、その時、ランチに立ち寄ったのが、始めて訪れるブラッスリー・シュエットでした。

シュエットとはフランス語でフクロウの意味ですが、同時に「すてき!」という表現にも使われるとか。場所は軽井沢駅から旧軽井沢銀座に向かう途中の目抜きに面していて、ルシアン旧軽井沢からは徒歩2分ほどの距離(すぐとなりに有料駐車場あり。夜間はお店のスタッフが駐車場に案内)。

お店の外観からも想像できるように、暖かみあるフランスの郷土料理が自慢の、18年前から地元の人にも愛され続けてきた、昼は気軽なブラッスリー、夜はビストロチックなお店です。御夫婦で経営していて、シェフのご主人は以前、6年間フランスで修行した経験の持ち主。


本場フランスから直送された食材も

軽井沢は愛犬同伴型リゾートホテルも多いドッグフレンドリーなリゾートですが、意外にペットと店内に入れる食事処は限られ(テラス席のみOKのお店は多いのですが・・・)、特に冬は軽井沢に通い慣れたわが家もお店選びにひと苦労。

ここブラッスリー・シュエットはテラスのみペットOKのお店ですが、実はそのスペース、手作りのサンルームになっていて、実質店内。冬でも暖房で暖か、寒さ知らず(のはず)。訪れた4月中旬の気温は15度前後でしたが、お天気がよく、暖房なしでも快適でした(4テーブル/12名まで。夏は窓を開放)。お店に入ると、奥様がマリアたちにお水を出してくれました。


1年中気持ちいい明るい屋内テラス席               


マリアたちも居心地がいいそう

さて、ランチメニューですが、お昼のコース料理のほか、パスタ、ハンバークステーキ、特製オムライス、メーンの魚料理と肉料理が選べる季節のおすすめセット、ビーフシチューセット ブルゴーニュ風、牛ヒィレ肉のステーキセットなど、コース、単品が盛りだくさん。

気になったのは“ビストロのまかないメニュー”で、これはシェフのご主人がフランスのレストランで働いていた頃、スタッフ食べたまかない料理が基本になっているとか。今日は若鶏のグラタンでした。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ボルボ『V60』で行くレジーナリゾート箱根仙石原 前編【わんこと行くクルマ旅】 (10.14)

  • 犬と旅行

三菱『アウトランダーPHEV』で行くエンゼルフォレスト那須白河「ドッグフリーグランピング」... (10.9)

  • 犬と旅行

照英さんも登場!『第1回カートラジャパン2018』盛況のうちに終了 (10.3)

  • 犬と旅行

三菱『エクリプス クロス』で行くエンゼルフォレスト那須白河「ログプレミアム」中編【わんこと... (10.2)

  • 犬と旅行

パパの息子達への思い【わんちゃんからの贈り物(おでかけ編24)】 (9.26)

  • 犬と旅行

三菱『エクリプス クロス』で行くエンゼルフォレスト那須白河「ログプレミアム」前編【わんこと... (9.25)

  • 犬と旅行

秋の行楽シーズンにおすすめしたいペットと泊まれるホテル「ヒルトン成田」 (9.24)

  • 犬と旅行

愛犬との避難にも役立つ!災害に強いドッグフレンドリーカー選び【わんこと行くクルマ旅 特別編... (9.17)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る