TOP>旅行 > 【今月のドッグフレンドリー・カー】フォルクスワーゲン パサートヴァリアントTDI

  • 犬と旅行

【今月のドッグフレンドリー・カー】フォルクスワーゲン パサートヴァリアントTDI

今月のドッグフレンドリーカー フォルクスワーゲン パサートヴァリアントTDI

マリアお薦めのドッグフレンドリーカーの1台、フォルクスワーゲンのパサートヴァリアントに待望のクリーンディーゼルモデルが加わりました。


パサートヴァリアントTDI ハイライン509.9万円

パサートヴァリアントはマリアの愛車、ゴルフヴァリアントよりひと回り大きく、後席もラゲッジルームもさらにゆったり。ボディーサイズは堂々としていますが、横基調のクリーンで品格あるフロントマスクは上品でスタイリッシュ。

インテリアはプレミアム感に溢(あふ)れたもので、ゴルフヴァリアントとは世界が違います。


高級感あるインテリア                                


先進のデジタルメータークラスター完備

で、かんじんの走行性能ですが、ディーゼルターボの2L TDIエンジンは、ディーゼルはトルクが太い・・・という常識とはちょっと違う繊細な加速フィールが特徴。ズバリ言えば、1000回転台のトルクが想像より細く、出足、再加速性能はかなり穏やか。トルキーで速いディーゼルエンジンを期待すると、あれれ・・・という感じになります。エンジンが活気づき、十二分な性能を発揮し始めるのは中高回転、高速走行ですが、燃費はさすがで、今回、東京~軽井沢を往復した高速、山道、市街地走行で18km/Lはいく低燃費。軽油はガソリンより価格が安いため、ランニングコストはかなり押さえられるはず。満タンで1000キロは走れる足の長さも“わんこと行くクルマ旅”には大いなる魅力となるでしょう。


東京~軽井沢往復の実燃費は大渋滞でも18.8km/L

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

グアポのバースデーにてコロナ渦初外食の思い出。 (2.17)

  • 犬と旅行

スズキ・クロスビー【今月のドッグフレンドリー・カー】 (2.1)

  • 犬と旅行

新型「スズキ・ソリオ」で行く南房総館山わん楽 海鮮三昧の旅 “わんこと行くクルマ旅”後編 (1.29)

[PR]
  • 犬と旅行

新型「スズキ・ソリオ」で行く南房総館山わん楽 海鮮三昧の旅 “わんこと行くクルマ旅”中編 (1.28)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る