TOP>旅行 > 『セレナ e-power』&『リーフ』で行く箱根ハイランドホテル 後編【わんこと行くクルマ旅】

  • 犬と旅行

『セレナ e-power』&『リーフ』で行く箱根ハイランドホテル 後編【わんこと行くクルマ旅】

と、お部屋でまったりしながら(パパは朝風呂!)日産『セレナe-POWER』『リーフ』のお話をしているうちに、12時のチェックアウト時間になりました。箱根ハイランドホテル 森のレジデンス ドッグフレンドリールームは、伝統ある一流リゾートホテルならではのサービスと、飼い主と愛犬のどちらもが快適に過ごせ、滞在できる最高の環境、サービス、ホスピタリティあるところでした。帰りもドッグフレンドリールームの真ん前の車寄せにクルマをつけることができるから、荷物や犬を乗せるのも楽々快適。


日産『セレナe-POWERハイウェイスターV』


100%電気自動車の日産『リーフ』

ゆったりゆっくりの12時のチェックアウトだから、そのあと、箱根ハイランドホテルの本館にあるラウンジのテラス席で、絶景の庭園を眺めながらランチをいただいてから帰路につくのもあり。「愛犬同伴型リゾートホテルでランチ営業しているところはそうはないので、実にありがたい・・・」とは、愛犬同伴型リゾートホテルに超くわしいパパの弁。


箱根ハイランドホテルでのテラスランチ

それにしても、日産『セレナe-POWER』は、自称自動車評論犬!?歴9年のマリアが心底気に入った、愛犬家、多頭飼いの愛犬家にとって理想的な電動ドッグフレンドリーカーでした。乗降性の良さ、多彩なシートアレンジ性による犬の乗車場所の自由度、電気自動車ならではの快適度、静かさ、高速道路はもちろん、山道でも犬にやさしいモーター走行とワンペダルによるなめらかで安定感に満ちた加速、減速、巡行性能、最新の先進安全運転支援機能、同一車線自動運転支援機能のプロパイロットなどによって、運転手も同乗者も安心安全でストレスフリーなドライブを楽しめる魅力、実力は計り知れません。


『セレナe-POWER』は山道でも安定感ばっちり


ハンズフリーオートスライドドアで乗り降り楽々


プロパイロットはステアリングスイッチでON


プロパイロット作動中


電気自動車の新しいカタチe-POWER

東京、箱根を往復したときの燃費は18.9km/L。つまり、足が長い。充電いらずで、発電のためのエンジンの燃費性能も抜群となれば、愛犬と“わんこと行くクルマ旅“に出掛ける機会も増えるというもの。それは、犬にとって一番うれしいポイント。電気自動車の新しいカタチは、愛犬とドライブするのに相性抜群で『セレナe-POWER』は飼い主にはもちろん、犬にもとってもすばらしくやさしい・・・それがマリアとララの結論わん。


今回の総合燃費は18.9km/Lと抜群でした


安定感ある走行で長距離走行も快適至極


セレナe-POWERは真のドッグフレンドリーカーわん

最後に箱根ハイランドホテル 森のレジデンス ドッグフレンドリールームのとっておき情報を。実は、お部屋によってテラスから望める木々の種類が異なり、春は桜が、秋は紅葉が正面にあるお部屋が、リピーターさんに人気。予約する際、今の時期、もっとも木々の眺めのよい、そんなリクエストをするのもいいわんね。

日産『リーフ』PETomorrowオリジナル動画

◆今回のスタイリングのポイント◆ by DOG Stylist:nanae

春の日差しを感じる今日このごろ。わんこたちのウエアも冬の装いから春らしい明るい色に着替えさせたくなる季節の到来です。とはいえ、初春の箱根の朝晩はまだまだ肌寒く、夏素材でなく気温の変化に対応できるウィンドパーカ的なものが最適でした。

そこでDOG DEPT 2018年春夏新作から、今シーズンのテーマでもある“マリンカジュアル”をより鮮明に表現した「撥水パーカー」をセレクト。夏服でよく見かけるきれいなブルーとホワイトのボーダー柄にして、ポリエステル100%の素材で裏地がメッシュのため、温度調節にとても有効なのです。

しかもツルツルした素材は抜け毛がまったくと言っていいほどからまず、シワにならず、さらに多少の雨にも対応できる、しかしレインコートとは違う、今まであるようでなかったこの季節にぴったりの傑作ウエアです。春から梅雨時にかけて、“わんこと行くクルマ旅”にはもちろん、日常のお散歩にも重宝する最強アウターと言えますね。

「撥水パーカー」は柄が3種類、サイズは小型犬から大型犬用までの10種類を展開していますが、今回はセレナのブリリアントホワイトパールのボディーカラーにぴったりなスカイブルーストライプ柄をセレクト。

さわやかなブルー×ホワイトのストライプが、わんこの犬種、大きさを選ばず、スタイリッシュかつ上品でかわいく演出してくれることでしょう。もちろんマリアとララにペアで着用してもらいました。まだ所々に冬枯れた景色が残る箱根の風景に、爽(さわ)やかな風を運んでくれたようなウエアでした。


nanae

愛犬のトレーニング、しつけからドッグウェアのスタイリングまで手がける“戌年”のDOG STYLIST。過去にアニマルセラピー、犬のしつけ教室、アパレル勤務経験もある。トイプードル、ゴールデンレトリーバー、キャバリア、ラブラドールレトリーバー、ジャックラッセルの飼育経験も。

日産セレナ
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

箱根ハイランドホテル ドッグフレンドリールーム
http://www.hakone-highlandhotel.jp/dog/

DOG DEPT
http://www.dogdept.com/

撮影/福永仲秋 ドッグスタイリスト/NANAE

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー/モータージャーナリスト。東京生まれ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(推薦媒体:小学館DIME)。愛犬家であり、ペットとのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、TV、ラジオ、インターペットなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、里親として迎えたラブラドールレトリーバーのマリア、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらもレスキュー犬)。

小学館PETomorrowのほか、愛犬と行く旅、愛犬とお出掛けスポット、@DIME、いぬのきもち、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事、コラム、インタビュー記事を掲載中。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。また、2017年から愛犬との安全快適なドライブを実現する、青山流アイデアの詰まった自動車用ペットアクセサリーの開発にも携わっている。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ホンダ・ヴェゼルG ガソリン車【今月のドッグフレンドリー・カー】 (8.14)

  • 犬と旅行

フォルクスワーゲン・ティグアン【今月のドッグフレンドリー・カー】 (7.16)

  • 犬と旅行

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 犬と旅行

新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI【今月のドッグフレンドリー・カー】 (6.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る