TOP>旅行 > 『セレナ e-power』&『リーフ』で行く箱根ハイランドホテル 後編【わんこと行くクルマ旅】

  • 犬と旅行

『セレナ e-power』&『リーフ』で行く箱根ハイランドホテル 後編【わんこと行くクルマ旅】

とはいえ、新型『リーフ』のEV航続距離はカタログ値で400キロ、実走行距離も250キロは可能。東京都心から箱根ハイランドホテルまでの距離は約110キロだから、データ上、充電なしでも往復可能だけど、充電スポットにもまったく困らないというわけわん。


ピュアEVの日産『リーフ』


EV走行可能距離の表示が大きく安心          

そんな日産『リーフ』にもマリアたちは試乗したけれど、とにかく乗り心地は素晴らしく滑らかで快適無比。フロアにバッテリーなどの重量物が積まれているから低重心で、今回走った、箱根の山道のカーブも水平感覚でスイスイまがってくれるから安心。

e-POWERとは違う、穏やかかつより強力な減速が可能なe-Pedal走行も可能で(坂道で停止しても下がりません)、車内でどこかにつかまれない犬も終始、安定して乗っていられるんだ。


e-Pedalのスイッチ


回生ブレーキでスムーズな減速が可能

後席も広々していて、ママと小型犬のララはもちろん、大型犬のマリアとララがいっしょにくつろいでも十分なスペースがあるんだよ。


リーフは後席も広々。ララも快適で大満足


ラゲッジスペースもたっぷりあります

もちろんピュアEVだからモーター走行に徹(てっ)し、自動車とは思えない静かさ。聴覚に優れた犬にとっても、EVはドッグフレンドリーカーの理想のひとつ。心配事があるとしたら、それは航続距離、充電環境だけど、東京から訪れると片道約110キロ、わんこと立ち寄るべき高速道路のSA(足柄SA)に充電スポットとドッグランがあり、ホテルにも充電設備がある箱根ハイランドホテルは、まさにリーフ、ピュアEVのためにあるような愛犬同伴型リゾートホテル。


リーフの心臓部。エンジンはありません(当然)


ララもお気に入りの日産『リーフ』は100%電気自動車

撮影のために足柄SAなどで充電しているけれど、実際にはホテルで充電するだけで余裕で往復できるから、今回、“充電のためだけ”に費やした時間は皆無。とはいえ、ドッグランと充電スポットが併設されているわんこと行くクルマ旅のルート、目的地を探すのも、ピュアEVオーナーの愛犬家ならではの楽しみ方と言えそう。もちろん、ナビで近くの充電スポットを探すことなんて朝飯前わん。


航続距離が一目瞭然だから安心                      


近くの充電スポットもナビで簡単検索           


箱根ハイランドホテルも検索できたよ           


検索したら行き先に設定するだけ                


プロパイロットも用意されています

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ホンダ・ヴェゼルG ガソリン車【今月のドッグフレンドリー・カー】 (8.14)

  • 犬と旅行

フォルクスワーゲン・ティグアン【今月のドッグフレンドリー・カー】 (7.16)

  • 犬と旅行

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 犬と旅行

新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI【今月のドッグフレンドリー・カー】 (6.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る