TOP>旅行 > ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・中編【わんこと行くクルマ旅】

  • 犬と旅行

ボルボ『V90 Cross Country』でレジーナリゾート旧軽井沢に訪れる・中編【わんこと行くクルマ旅】

ウエルカムドリンクをいただきながらチェックインを済ませ、ドッグランとイタリア製のカッシーナのいすが置かれたラウンジでリフレッシュしたあと、いよいよお部屋へ。マリアたちが泊まるのは1階に3室しかないガーデンデラックスルームだから、バリアフリーのまま、電子キーを使って客室フロアへと進みます。1部屋にふたつ用意される電子キーを持っていないとそこから先のガラス扉は開かず、セキュリティーは万全です。


カッシーナのいすで寛ぐパパとマリアたち


コンクリートと木のコンビネーションが美しい廊下を進んでお部屋へ

もし、お部屋が2階の場合や、1階のお部屋から2階にあるレストランへ行くときは、カゴの中が外からモニターできる(エレベーターに乗り込む際の犬のハチ合わせ防止)エレベーターを使うこともできるんだよ。階段が苦手なマリアにとって、上下フロアの移動にエレベーターは欠かせません。


2階建てですが、最新のエレベーター完備


エレベーターホールからカゴの中をモニターできるんだよ

マリアたちのお部屋は、長い長い廊下の突き当たりにある106号室。ドアの手前横には「レジーナリゾート旧軽井沢」の究極のこだわりのひとつと言える、木の壁と一体化した、においに配慮された専用ダクト付きのPoop Boxが備わっています。お部屋の中に捨てずに済むメリット、スマートさは絶大わん。


お部屋のドアの横にある専用ダクト付きのPoop Box

電子キーでドアを開けると、パパもママもマリアもララも、もう目が点です!スウェーデン製のボロンというペットに優しい床材を全面に敷きつめたお部屋の広さは奥行きたっぷり、ゆとりの55㎡。ウッドデッキ付きのプライベートドッグランは15㎡。入り口近くに犬種をモチーフにしたリードフックがあり、反対側にはキーや靴などを高い場所に置ける台が(いたずら防止に効果的)。そのまま進むと、世界の一流スターホテルで使われるアメリカ サータ社製の1230×1970mmサイズの間接照明付きベッドがふたつ並べられたベッドルームです。


ガーデンデラックスルーム106号室のリビング


入り口には犬種モチーフのリードフックが


106号室のレイアウト

レジーナリゾートのフラッグシップホテルだけあり、ベッドだけでなく、まくらにもこだわりが。そう、銀座にある上質睡眠専門店、 oluhaのひとつ2万円もするダウンフィットピロー(グレートレークスホワイトダウン50%、スモールフェザー50%、スフレウレタンフォームの組み合わせ)を用意。軽井沢での最高の睡眠を約束してくれるんだ。


ベッド、枕にも特別なこだわりが

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッド(PHV)【今月のドッグフレンドリー・カー】 (11.16)

  • 犬と旅行

ボルボの車載防災用バッグ&ペット防災バッグ【わんこと行くクルマ旅】 (11.5)

  • 犬と旅行

ボルボV60 PHV【今月のドッグフレンドリー・カー】 (9.18)

  • 犬と旅行

『マツダ CX-30』軽井沢愛犬同伴試乗会レポート【後編】 (9.10)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る