TOP>旅行 > 【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリア12歳の誕生日&わが家にやって来て10年記念日旅行 後編

  • 犬と旅行

【わんこと行くクルマ旅 特別編】マリア12歳の誕生日&わが家にやって来て10年記念日旅行 後編

ブイヤベースの中身をいただいたら、好みで生パスタを入れてもう一度、煮込んでもらえるのです!! そして&WAN特製デザート。その日は巨峰のジュレ、桃のアイスクリームでした。ちなみにブイヤベースは連泊しないと食べられません。ぜひ、連泊でフレンチ&地中海料理の美食の虜になってね。


デザートも凝りに凝ってます

さて、2時間以上かけていただくフレンチのコース料理も終わり、パパたちはお茶をいただき、まったり。ほかのお客さんも引けて、マリアたちはおとなしくフロアでディナーの余韻にひたっていたのですが・・・。

すると突然、&WANの若社長が、“エルトン・ジョンもびっくり”のHAPPY BIRTHDAYハット、メガネのいでたちでジャーンと登場。レストランの隅になぜかあったピアノに向かいます。


&WANの社長がピアノマンで登場!!
そしていきなり、即興で歌をうたい始めました。それも歌詞はマリアの生い立ちや今の幸せな暮らし、マリアの一夜にしてワンダフルライフを彩ったもの(社長は小学館ブックピープル、PETomorrowの読者でもあり、マリアの生い立ち、今の生活ぶりを知っていたのです)。

その歌詞の内容、プロそのものの美声、ピアノの演奏にパパもママも大感動!あとで聞けば、若社長は現役のプロミュージシャンでもあるらしい・・・。まじかっ。

マリアのための特別で感動の1曲が終わると、レストランは暗転。今度はバースディソング。パパもママもマリアたちも再び目が点!マリアはこれまで10回、いろいろなところで誕生日を盛大に祝ってもらいましたが、歌ありのサプライズは始めてです。

バースディソングが終わると、それが合図なのか、暗闇の中、シェフがマリアのためにデコレーションしてくれた&WAN特製のわんこバースディケーキを持ってきてくれました。マリア12歳の「12」の文字のろうそくの火があたりを照らします。そしてマリアの初体験、ろうそくの火を吹き消すイベントです。

そもそもろうそくの火を消すなんて、犬社会の辞書にはない話ですが、思わず興奮してはぁはぁ息をしたものだから、みんなの期待に応え、ふーっと消すことができました(一堂大拍手!)。ちょっと鼻先が熱かったけどね・・・。


シェフ特製のわんこケーキ

ろうそくの火を鼻息で消したよ

そして、わんこディナーだけでなく、わんこ専用バースディケーキまではぐはぐいただいたのでした。おなかパンパンだ。

こうして、マリア12歳の誕生日、わが家にやって来て10年目の記念日を、&WANのスタッフさんにも祝福してもらい、盛大に過ごすことができました。「犬に生まれてきて、わが家の犬で、&WANで祝ってもらって本当に良かった、幸せわん!」(愛犬のバースデープランはホテルに要相談)。

あとで社長にわんわん今日のお礼を言ったら、「ボクは飼い主さんから愛犬にまつわるお話を聞くだけで、メモをいただくだけで即興で歌詞をつくり、メロディーを乗せて、歌をうたうことができるんだよ」と教えてくれました。超才能わん!


&WANの社長さんとツーショット

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ホンダ・ヴェゼルG ガソリン車【今月のドッグフレンドリー・カー】 (8.14)

  • 犬と旅行

フォルクスワーゲン・ティグアン【今月のドッグフレンドリー・カー】 (7.16)

  • 犬と旅行

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 犬と旅行

新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI【今月のドッグフレンドリー・カー】 (6.30)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る