TOP>旅行 > PETomorrowドッグフレンドリーカー・アワード2021-2022が決定!!

  • 犬と旅行

PETomorrowドッグフレンドリーカー・アワード2021-2022が決定!!

2021年に登場した新型車で最高のドッグフレンドリーカーなのはどのクルマ?

2021年は国産、輸入車ともに魅力的すぎる新型車が続々登場。そして2022年はさらにクルマの電動化も進み、これまた大注目の新型車が目白押し。そんな今、PETomorrow恒例のドッグフレンドリーカー・アワード2021-2022を開催したいと思います。

ノミネート車は、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた国産、輸入車全29台。ちなみに本物の2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、日産ノートシリーズ(プレミアムコンパクトとしてPETomorrowわんこと行くクルマ旅でも紹介したオーラを含む)が受賞。インポートカー・オブ・ザ・イヤーには8代目となるフォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアントが選ばれています。で、ここでの選考はモータージャーナリストにしてドッグライフプロデューサーでもある青山尚暉と、愛犬であり、わが家の3代目自称自動車評論犬!?として活躍中のジャックラッセルのララが担当します。また、受賞車として、ドッグフレンドリーカーとして相応しいSUV、コンパクトカー、そして輸入車の3部門を設定しました(今回はミニバンのノミネートはありませんでした。新型国産ミニバンが続々登場する2022-2023に期待!!)

さて、PETomorrowドッグフレンドリーカー・アワード2021-2022SUV部門は、満場一致!?(ドッグフレンドリーカーにうるさい運転好きのドッグスタイリストnanaeさんも選考に飛び入り参加!!)で、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーのテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーも受賞している、「三菱アウトランダー」です。おめでとうございます!受賞理由は、先代から大きく進化した内外装デザイン、PHEVでも3列シートが選べるパッケージング、先進装備、先進運転支援機能の充実度、そして上質さとダイナミクスを極めた四輪駆動のS-AWCがもたらす抜群の走行性能、三菱ならではの悪路走破性の素晴らしさ。そしてララが大いに注目したのが、後席格納時にほぼフラットな拡大ラゲッジスペースが出現するシートアレンジ性の良さ、聴覚に優れた犬の耳にやさしい走行中の静かさ、さらには車内でどこかにつかまれない犬も安心してドライブを楽しめる前後左右の姿勢変化(グラつき)の少なさです(試乗済みのボクが未試乗のララに伝えました)


三菱アウトランダー

また、新型アウトランダーの国内仕様はプラグインハイブリッド=PHEVモデルのみとなって、電動感溢れる走行性とともに、後席に乗車した愛犬が1年中、快適でドライブを楽しめる3ゾーンフルオートエアコンの装備や、AC100V/1500Wコンセントを車内に2カ所も用意しているところも、ドッグフレンドリーカーとして大いに評価できるところです。何しろ車内外でコーヒーメーカーや電子レンジなどの家電品が使えることで、ドライブ先でドッグカフェやペットと入れる食事処が見つからなくても、アウトランダーPHEVの車内が「どこでもドッグカフェ」になるのですから愛犬家にはたまりません。そして災害時にもPHEVは威力を発揮。停電時には大容量バッテリーを備えた電源車として機能し、家庭内に電気を供給できるのですから頼りになります!! 災害時、避難所の屋内にペットと同伴できることは稀ですから、アウトランダーPHEVをマイ避難所として活用できるメリットは愛犬家にとって絶大なる安心と言えるでしょう。

新型アウトランダーは間もなく発売されます。現時点ではモータージャーナリストとしてボクがテストコースとサーキットでのみ、走行しているのですが(公道試乗はこれから。モーターファン別冊「新型アウトランダーのすべて」の試乗記も担当しています)、先代のアウトランダーPHEVではPETomorrowわんこと行くクルマ旅で那須白河のドッグリゾートを訪れたりして、アウトランダーの実力、ドッグフレンドリーカーとしての魅力は、先代自称自動車評論犬!?のラブラドールレトリーバーのマリア、そしてララともに百も承知。だから大きく進化した新型アウトランダーのドッグフレンドリー度(アウトドアやキャンプ対応も)が極めて高いことは保証されていると言って間違いないのです。エンジンを発電のためだけに使い、駆動はモーターで充電(給電)もできるこのアウトランダーPHEVは、いきなり100%モーターで走るピュアEV=BEVに乗るのはちょっと不安・・・という愛犬家にもピッタリなのです。


先代アウトランダーPHEV 20189月撮影

次なる受賞車は、コンパクトカー部門です。日産ノートシリーズも素晴らしくドッグフレンドリーなコンパクトカーなのですが、ここは、ララの強い推しで、犬の乗降により優しい両側スライドドアを備えた「スズキ・ソリオ」が、ドッグフレンドリーカー・アワード2021-2022のコンパクトカー部門に輝きました!! 20211月にPETomorrowわんこと行くクルマ旅でも紹介していますが、コンパクトで扱いやすいボディサイズにして、両側スライドドアを備え、人、犬の後席乗降性に優れるだけでなく、室内、荷室はボディサイズから想像もできないほど広大。実に使いやすく、素晴らしくドッグフレンドリーでもあるのです。


スズキ・ソリオ

5:5分割の後席を両側、または片側だけ倒せば大型犬、多頭の乗車も余裕の余裕。ラゲッジルームは5人分の機内持ち込みサイズのキャリーケースが入るほど(床下収納も大容量)

そして、走ってもソリオはドッグフレンドリー。マイルドハイブリッドの走行性能は驚くほど上質かつスムーズで静か。実際、ソリオで南房総館山に向けてわんこと行くクルマ旅に出発した際も、後席に乗車したララはあまりの快適さにすぐにスヤスヤと寝息を立ててしまったほどなのです。先進運転支援機能も充実し、価格もお手頃。まさに理想的な、誰にでも薦められるコンパクトなドッグフレンドリーカーの極めつけの1台と言えるでしょう。

そして最後に紹介する輸入車部門は、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」、それもワゴン版のヴァリアントが受賞しました!! じつは、わが家のララの愛車も先代ゴルフ7ヴァリアント(愛犬仕様にカスタマイズ)で、コンパクトなステーションワゴンながら、さすがドイツ車、フォルクスワーゲンだけあって、走行性能の素晴らしさ、装備の充実度、長時間のドライブでも疲れにくい極上の快適性、そしてステーションワゴンならではの荷室の使い勝手に今でもおおいに満足しているところなのです。さすが、世界のコンパクトカーの基準であり続けるゴルフですね。

そんなゴルフヴァリアントの新型ですから、ドッグフレンドリー度の高さは保証されたようなもの。デジタルコクピットの先進性はもちろん、運転のしやすさ、マイルドハイブリッド採用の走行性能、一段と高まった快適感と静かさ、犬の乗せやすさなど、さらなる進化を遂げているのです。国内外でこのクラスのステーションワゴンはもはや希少で、コンパクトでドッグフレンドリーなステーションワゴンを探しているなら、もうこれで決まり!!(ララ談)と言えるぐらいの仕上がりです。

さらに、フォルクスワーゲンには、後席全体をバスタブのように覆い、犬の乗降や清掃性にも配慮した、理想的な愛犬用ベッドと断言できる「フラットベッド」が純正アクセサリーとして用意されているところも見逃せません!! 新型ゴルフのアクセサリーカタログにも載っているので、ぜひチェックしてみてください。


VW純正「フラットベッド」。実はララも企画・開発に加わりました。

というわけで、PETomorrow恒例のドッグフレンドリーカー・アワードの2021-2022が決定。おめでとうございます!この3台は、小型犬から大型犬までに対応する、素晴らしくドッグフレンドリーなクルマたちなので、愛犬のために愛車を新調する際は、ぜひとも参考にしていただければ幸いです。ジャックラッセルのララは、時代の先端を行く電動ドッグフレンドリーカーのアウトランダーPHEVわんこと行くクルマ旅1日も早くお出かけしたい・・・なんて、わんわんとボクにおねだりしているところです。

PETomorrow 2021-2022ドッグフレンドリーカー・アワード受賞車一覧

三菱アウトランダー
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/outlander_phev/

スズキ・ソリオ
https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

スズキ・ソリオ バンディット
https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント
https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golfvariant.html

写真/雪岡直樹 青山尚暉

文/青山尚暉
ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを149カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】年末のニクの日と初詣。 (1.23)

  • 犬と旅行

PETomorrowドッグフレンドリーカー・アワード2021-2022が決定!! (1.14)

  • 犬と旅行

乗り心地抜群で積載力も文句なし!「新型日産ノートe-POWER」【今月のドッグフレンドリー... (11.25)

  • 犬と旅行

愛犬家大注目のドッグフレンドリー「新型VWゴルフヴァリアントe TSI Style」【今月... (11.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る