TOP>旅行 > 愛犬とのドライブに最適な「VOLVO XC60」がGoogleを搭載して一段と快適安心便利に進化【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • 犬と旅行

愛犬とのドライブに最適な「VOLVO XC60」がGoogleを搭載して一段と快適安心便利に進化【今月のドッグフレンドリー・カー】

今月のドッグフレンドリーカー
VOLVO XC60

ボルボXC60と言えば、201710月に日本に導入された新世代ボルボの一翼を担うミドルクラスのSUV。その完成度は素晴らしく、栄えある2017-2018年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを始めとする数々の賞を世界中で受賞。そして何と言っても、愛犬と安全・快適にドライブするのに最適な、オールラウンダーなドッグフレンドリーカーでもあるのです。そんなXC60が今秋、マイナーチェンジを受け、THE SMARTER XC60としてモデルライフを折り返すことになりました。

ボルボはいち早くすべての車種を電動化した自動車メーカーとしても知られていますが、現在のXC60のラインナップはいずれも電動車の48Vハイブリッドとリチャージと呼ばれるPHEVモデルのラインナップ。今後、ピュアEVC40が上陸する予定で、ボルボの電動化が急加速しているところです。

今回のマイナーチェンジではパワートレーンの変更はないものの、内外装をリフレッシュ。エクステリアではフロントバンパー下のデザインがシャープになり、テールパイプを見えにくい配置にしています(今後EVメーカーになるため)

そして世界最高峰の先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を強化するとともに、マイナーチェンジ最大のハイライトとなるのがGoogle を搭載した Android™️ベースの新しいインフォテイメントシステムの採用です。ここで、GoogleAndroid™️Autoを採用しているクルマはほかにもたくさんあるでしょ・・・と思うかも知れませんが、新型XC60に採用されているのはまったく別物。スマホやタブレットでおなじみのGoogleアプリ&サービスのハンズフリー機能を、新世代インフォテイメントシステム、ハイブリッドナビ、車載SIMとともにフル搭載しているのです。

例えば、スマホで利用できるような検索機能、常に最新のマップが提供されルート案内が可能なGoogleマップ(オフラインマップで電技の届かないトンネル内や山沖にも対応)Googleプレイ、Googleアシスタントなどを「OK Google」と呼びかけることで、スマホ同様に車内で使うことができるのです(ステアリングの会話用スイッチを操作)。ただし、現在は英語のみの提供で、近々、日本語対応になるとのこと。もちろん、いち早く英語版Google搭載のXC60を購入しても、後に日本語対応にアップデートできることは言うまでもありません。

また、専用通信機器=SIMの装備によって、手持ちのスマホからドアロック、アンロック、PHVモデルのエアコンの遠隔操作、GPSによるクルマの位置確認なども実現。IOT家電のリモートコントロール(あらかじめ家の照明やエアコンをつけておくなど)も可能となり、クルマと生活がシームレスにつながるというわけ。さらに、ドライブ中はもちろん、出掛ける前から大いなる安心を提供してくれるSOSコール=緊急通報サービス、車両のトラブルサポートボタンも前席頭上に新装備され、Googleアプリ&サービスが新車から4年間無料であるのに対して、命にかかわるSOSコール=緊急通報サービス、車両のトラブルサポートはなんと新車から15年間無料!!というのですから、さすが安全に最善を尽くすボルボならではですね。

メーターはフルデジタルとなり、基本的な2眼メーター表示、大画面マップ表示を切り替えることができるのですが、表示、情報は安全も考慮し、極めてシンプルになっています。ちなみに、これまでセンターコンソールのあったドライブモードの切り替えが(シルバーアクセサリーのような上質なアイテムでした)、インフォテインメント画面で操作することになったのも新型の特徴です。

そんな新型XC60の、日本での販売台数の多くを占めるB5 AWD インスクリプショングレードに試乗してみました。パワーユニットをおさらいすると、ボルボ最新の第三世代となるDrive-E、直4  2LターボエンジンにISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)を追加。ISGMとは、運動エネルギーを回収することで発生する電力を48V05kWhのリチウムイオンバッテリーに蓄え、マイルドハイブリッド機構としてエンジンの始動や加速時のアシストを行う機構です。ガソリンターボエンジンの250ps357kg-mに加え、モーター出力10kW40Nmのアドオンがあります。

さて、SUVにして快適な乗降性で運転席に腰を下ろせば、北欧モダンな雰囲気に包まれる、ドアを閉めた瞬間に外界と遮断されたかのような、静かで心地よい空間が出迎えてくれます。インスクリプショングレードのシフトセレクターは、ひんやりとしたさわり心地が特徴の、スウェーデンの高級クリスタル製品メーカー、オルフィス社のクリスタル製。インスクリプショングレードに標準装備される本革シート、センスのいいウッドパネルのあしらいとともに、シックな北欧の家具に囲まれたような、落ち着き感と高級感溢れる空間が演出されているではありませんか。

そんな高級感溢れる室内空間、いや、本革シートに愛犬を乗せるのに抵抗があって当然ですが、心配無用。ボルボ純正のドッグベッド、それもフルサイズとハーフサイズがアクセサリーとして用意されているからです。どちにも後席用で、後席シートベルトに対応。フルサイズは大型犬、多頭にぴったりな、後席全体をバスタブのように覆うタイプで、ボルボ純正のドッグハーネス(犬用シートベルト/各サイズあり)を併用可能。

ハーフサイズはわが家のジャックラッセルのララのような小型犬、中型犬にぴったりの縦長のサイズで、隣に飼い主が座ることができます。こちらもシートベルト対応で、ドッグハーネスの併用が推奨されています。

フルサイズ、ハーフサイズともに高級感溢れる合成皮革をふんだんに使い(裏面まで)、汚れに強く、犬の抜け毛がからみにくい清掃性にもこだわった逸品。乗降時にはジッパーを展開し、フラップを外側にたらすことで、シートサイドやサイドシルの汚れ、キズつきを防いでくれる機能まであるのです。フルサイズは前面に大きなメッシュ窓があり、エアコンの風通し性、前席の飼い主と愛犬のアイコンタクト性にもこだわりが。ハーフサイズにも、左右にメッシュ窓が設けられています。

ここで試乗した、新型XC60 B5 AWDインスクリプションの走行性能は、出足からマイルドハイブリッドの、微力とはいえもモーターのアシストがあり、出足からスムーズでトルキーそのもの。そこからの加速感も滑らかで、エンジンを高回転まで回すようなシーンではそれなりのエンジンノイズが耳に届くものの、それは乾いた心地よいエンジンサウンドと言うべきで、騒々しさとは無縁。クルージング状態では徹底した遮音、吸音効果もあって、まるで北欧モダンな家具に囲まれたリビングルームが、安定感抜群に、そのまま空間移動しているかのように感じられたりするのです。聴覚に優れ、車内でどこかにつかまれない犬も、極上の快適感のまま、ドライブを楽しむことができるでしょう。

XC60のドッグフレンドリーポイントのひとつが、3ゾーンの後席エアコン吹き出し口(温度、風量調整可能)が、センターコンソール後端だけでなく、左右Bピラーに装備されるところ。後席に乗車した愛犬も、暑さ、寒さ知らずの快適すぎるわんこと行くクルマ旅を楽しみ尽くせるのです(暑がりの犬にとっては夏のドライブでとくに有効)

ドッグフレンドリーカーとしても大いに評価できる、クルマにこだわる世界中の愛犬家に愛されている北欧のボルボXC60は今、わんこと行くクルマ旅が一段と安全で快適に楽しめる、飼い主と愛犬が24時間、365日、絶大なる安心感に包まれるつながるボルボに進化したのです。

ボルボ
https://www.volvocars.com/jp/

写真/青山尚暉・雪岡直樹

文/青山尚暉
ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを149カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

乗り心地抜群で積載力も文句なし!「新型日産ノートe-POWER」【今月のドッグフレンドリー... (11.25)

  • 犬と旅行

愛犬家大注目のドッグフレンドリー「新型VWゴルフヴァリアントe TSI Style」【今月... (11.20)

  • 犬と旅行

愛犬とのドライブに最適な「VOLVO XC60」がGoogleを搭載して一段と快適安心便利... (11.6)

  • 犬と旅行

【紫しえのわんちゃんからの贈り物】芸術の秋、お家時間で得た宝物 (11.2)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る