TOP>旅行 > 新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • 犬と旅行

新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI【今月のドッグフレンドリー・カー】

今月のドッグフレンドリーカー
新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI

いよいよフォルクスワーゲンの大人気車種、8代目となる、世界のコンパクトカー、Cセグメントの基準であり続けているゴルフの新型が日本に上陸。わが家は1985年からゴルフ2ハッチバック(5MT)を、2014年からは、犬たちの愛車としてゴルフ7のヴァリアント・ハイラインを愛用しているゴルフファンでもあり、だから、新型ゴルフの登場には興味津々。ドッグフレンドリーカーとしても、大いなる期待を抱いていたのです。

ゴルフの8代目の大きな特徴は、eTSI と呼ばれる48Vマイルドハイブリッドによる1L15Lのパワーユニットと、先進感溢れるデジタルコクピット、さらに強化されたモバイルオンラインサービス、そして210km/hまで対応(機能)するACCとレーンキープアシストで構成される運転支援システムの「トラベルアシスト」の採用と言えるでしょう。

スタイリングはどこから見てもゴルフそのもので、ボディサイズはほとんど変わらず。むしろ全幅、全高、ホイールベースはダウンサイズされているほどです。つまり、日本の路上での使い勝手はゴルフ7とまったく同じ。代を重ねるごとに大きくなっていくクルマが多い中で、この事実、見識は、歓迎すべき点のひとつと言っていいと思います。

新型ゴルフのグレード構成は、3気筒1Lターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせたe TSI Activeと、15Lターボエンジンに、同じく48Vマイルドハイブリッドを組み合わせるe TSI StyleR-lineという展開です。e TSI Activee TSI Styleの外観の識別点は、左右ヘッドライトをつなぐLEDバー(夜間のみ識別可)、フロントバンパー下のスリット下端のメッキモールディングの有無、フロントフェンダー左右のグレード名入りの加飾、そして16/17インチのタイヤ&ホイールなど。


e TSI Active


e TSI Style


e TSI Style  


17インチのe TSI Style      


16インチのe TSI Active

もちろん、エンブレムは新しい細いVWマークとなり、車体後部のGOLFエンブレムが中央に付くのも新型らしさ。

室内空間はホイールベースが短くなっていても、先代とほぼ同じ。全高が低まったぶん、頭上方向のスペースはやや減少(後席のみ)していますが、このクラスとして前後席ともに十二分な広さを備えていると言えるでしょう。

具体的には、身長172cmのボクが前席に座れば、頭上に175mm(先代同等)、その背後の後席に座れば、頭上に130mm(先代150mm)、膝周りに175mm(先代同等)のスペースが確保されています。

わが家は以前、大型犬のラブラドールレトリーバーのマリアがいて、家族も3人でしたから、2014年時点ではワゴンタイプのヴァリアントを選択しました。が、今では夫婦と小型犬のジャックラッセルのララ1頭との生活となり、たまに娘とその愛犬のキャパアリアのくるみちゃんが乗ることもありますが、宿泊を伴うような、大荷物のわんこと行くクルマ旅でない限り、実はゴルフのハッチバックモデルでも、後席に大人1人と小型犬2頭、または大型犬12(サイズによる)が乗るのであれば、スペースとして十分なんですね。実際、知り合いで大型犬2頭を後席に乗せ、毎日のようにドライブしている、ゴルフ7ハッチバックモデルのユーザーも知っています。


ゴルフ7ヴァリアント

ちなみに、ラゲッジスペースも先代と変わらない容量です(380L)。そこで、新型ゴルフ8のハッチバックモデルと、わが家のゴルフ7ヴァリアント(ラゲッジ容量605L)で比較してみると、新型ゴルフ8ハッチバックは、開口部地上高660mm(フロアとの段差あり)、フロア奥行き750mm、フロア幅1030mm、最低天井高675mm。一方、ゴルフ7ヴァリアントは開口部地上高630mm(フロアとの段差なし)、フロア奥行き1050mm、フロア幅990mm、天井高700810mmと、むしろ畳んだドッグカートなどを真横に積み込む際に重要なフロア幅は拡大。容量的にはヴァリアントに敵いませんが(新型ヴァリアントでも)、幅方向のゆとりは使い勝手に直結しそうです。

メーターにナビ画面などを表示できるデジタルコクピット、スマホと連携できるに強化されたモバイルオンラインサービスなどの進化、先進感の魅力もさることながら、新型ゴルフをドッグフレンドリーカー候補として見た場合、わが家の自称自動車評論犬!?”旅するジャックラッセルのララが注目したのは、3ゾーンフルオートエアコンが備わり、後席エアコン吹き出し口の温度調整が独立して行えることになったこと。例えば、暑がりのボクが運転席に、寒がりのカミサンが助手席に座り、後席に1年中毛皮を着ている暑がりのジャックラッセルのララを乗せた場合、運転席と後席の設定温度を低めにして、助手席の設定温度だけ高めに設定するといったことが可能になるのです(ゴルフ初!!)。これなら、エアコンの温度設定で車内ゲンカ!?をすることもなくなるでしょう。

もちろん、走行性能も進化。上質で快適無比な乗り心地に加え、新型では車内の静かさがグレードアップ。走り出してアクセルペダルをオフにすると、すぐさまエンジンを停止したコースティングモードに入り、静かにスムーズに走ってくれます。そこからエンジンが始動しても、運転手や乗員に気づかせることがない制御もさすがです。

15Lモデルなら、ドライブモードも備わり、愛犬を乗せているときにふさわしい、加減速が穏やかになるエコモードも選べます。

また、ゴルフのミッションはDSGと呼ばれる2ペダル(クラッチレス)の、基本、マニュアルミッションなのですが、わが家の初期型ゴルフだと、発進時、シフトチェンジのタイミングでけっこうギクシャクしたものです。が、DSGの改良、48Vマイルドハイブリッドのモーターアシストによって、ゴルフ8では、小さなシフターとなったDSGにかかわるギクシャク感は皆無。実にスムーズに、まるで多段ATCVTのようにシフトチェンジしてくれるのです。この部分もまた、新型ゴルフの走行面でのドッグフレンドリーポイントと言えるかもしれません。

それに加え、ACC(アダプティブクルーズコントロール)とレーンキープアシストの組み合わせによって、軽くステアリングに手を触れているだけで、ペダル操作なしに高速道路を前車に追従し、あるいは一定速度で、車線の中央をビシリと走ってくれる「トラベルアシスト」に身を任せられるのですから、長距離のわんこと行くクルマ旅の運転も楽々。ストレスフリーで目的地にたどり着くことができ、快適なまま帰路につくことができるのです。これもまた、ドッグフレンドリーカーとしての資質を大きく高めてくれる基本性能、先進運転支援機能と言えるでしょう。運転が楽であればあるほど、ドライブに余裕ができ、目的地に着いてからも愛犬と思いっきり遊ぶことができるというわけです。ちなみに、「トラベルアシスト」の機能には、自車の周囲にいる車両(乗用車はもちろん、トラックの絵まで!!)を検知し、メーター画面に表示してくれる機能まであるかに安心・安全。レーンチェンジの際など、とくに有難みを感じさせてくれます。

現在も、愛犬仕様にアレンジしたゴルフ7ヴァリアントに乗っているわが家としては、近々、発売されるはずの新型ゴルフの、ロングホイールベース化されたワゴン版のヴァリアントにも期待大ですが、そもそもラゲッジスペースに愛犬を乗せることなどないわが家にとっては(安全快適な後席限定わん/ララ談)、車中泊の対応は別として、次期愛車はハッチバックモデルの選択もアリかな・・・なんて思っている今日この頃です(とはいえ、ヴァリアントを買っちゃうでしょうが)

ところで、フォルクスワーゲンでは、純正アクセサリーとして「フラットベッド」という愛犬用アイテムが用意されています。新型ゴルフにもさっそく付けて、ララを乗車させてみました。3ゾーンフルオートエアコンの後席エアコン吹き出し口に対応する前部のメッシュ窓もあり、「実に快適に、安心してドライブを楽しめるわん!!」とララが言っています。「フラットベッド」は、ポロ以上のサイズのフォルクスワーゲン車の後席に対応。以前は大型犬のラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララをいっしょに乗せていましたが、それでも十分なスペースが、安全快適に確保されます。

なお、国産車からの乗り換えなら、パワーステアリングが軽く、軽やかに、スムーズに走ってくれる1Lモデル、従来のフォルクスワーゲン、そしてゴルフからの乗り換えなら、フォルクスワーゲン、ドイツ車らしい骨太な乗り味を受け継いでいる15Lモデルをお薦めします。

フォルクスワーゲン・ゴルフ
https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html

写真・文/青山尚暉
ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを149カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

フォルクスワーゲン・ティグアン【今月のドッグフレンドリー・カー】 (7.16)

  • 犬と旅行

救世主ゲバラくんの誕生日に思うこと。 (7.9)

  • 犬と旅行

新型フォルクスワーゲン・ゴルフe TSI【今月のドッグフレンドリー・カー】 (6.30)

  • 犬と旅行

新型「ホンダ・ヴェゼル」で行く初夏の那須高原DOG LOVER’S VILLA Leaf ... (6.25)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る