TOP>旅行 > ボルボV60 PHV【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • 犬と旅行

ボルボV60 PHV【今月のドッグフレンドリー・カー】

今月のドッグフレンドリーカー
ボルボV60 PHV

これまでPETomorrowの”わんこと行くクルマ旅”でも紹介してきたボルボのドッグフレンドリーカー、エステート=ステーションワゴンのV60に、いよいよPHVモデルが加わりました。PHVとはプラグインハイブリッドの略で、エンジンを搭載するものの、ハイブリッドと違い、外部からバッテリーへの充電が可能で、なおかつ電気自動車と違って電欠の心配なし。

  

そんなボルボV60のPHV最上級モデル、T8 Twin Engine AWD Inscriptionに、わが家のジャックラッセルのララとともに軽井沢への”わんこと行くクルマ旅”で試乗してきました。

 

そもそもV60はボルボ・カーズ・ジャパンのリクエストで、全幅を1850mmに押さえてくれた逸話もある、ボルボ久しぶりの新型エステート=ステーションワゴン。伸びやかで堂々としたスタイリングにして、ラゲッジスペースは529L~1441L(後席格納時)と、先代V60を約23%も上回っているところも、実用面での大きな進化と言えるでしょう。

 

自称自動車評論犬!?でもあるジャックラッセルのララが大いに気に入っているのは、まず、インテリア全体の北欧モダンなセンスの良さ、高級感もさることながら、犬の特等席である後席の乗降性が抜群であること。V60は全高の低さとともに、シート位置も低めで、大型犬はもちろん、小型犬でも後席に楽々乗り降りできるのです。

  

全高、シート位置が低いということは、クルマの重心も低く、高速走行はもちろん、カーブ、山道での安定感はハイレベル。車内でどこかにつかまれない犬も、終始、安心・快適に乗車していられるのです。

もちろん、ボルボには世界最高峰の15種類以上に及ぶ先進運転支援機能が備わり、絶大なる安心感、安全性に支えられたドライブが楽しめるのも、大きな魅力と断言していいと思います。

さて、このPHVとなったV60 T6 Twin Engine AWD Inscriptionですが、ガソリン車との大きな違いは、左フロントフェンダーに充電口があることと、ドライブモードに、デフォルトのハイブリッドモードが加わる程度・・・と思ったら、ドッグフレンドリーポイントとしては、ちょっと残念な部分もありました。

  

それは、犬の特等席となる後席にある、センターコンソール後端のエアコン吹き出し口が、バッテリーの積載によって消滅していることです(センターコンソールボックスも浅くなっている)。とはいえ、ボルボの上級モデルには、センターコンソール後端に加え、左右Bピラーにもエアコン吹き出し口があり、このV60 T8 Twin Engine AWD Inscriptionの場合、左右Bピラーにエアコン吹き出し口があるので、後席の空調環境にはそれほど心配はいらないと思います。

       

走行性能は、システム出力405psと強力。なんとなれば、スポーティカーに匹敵する加速力を発揮してくれますが、愛犬とドライブしている場合は、やはりジェントルで穏やかな走行に徹したいもの。ならば、「ハイブリッド」「ピュア」「コンスタントAWD」「パワー」「インディビジュアル」の5パターンの設定が可能なドライブモードを、基本の「ハイブリッド」または電気自動車状態になる「ピュア」に選択すればOK。電動車ならではの静かでスムーズさ極まる走行状態になるのです。

 

驚かされたのは、モーターだけのEV走行中、EVモードからエンジンモードに移行しても(エンジンが始動しても)、それをほぼ感じさせないシームレスなパワーフィールだったこと。メーターの表示を見なければ、今、エンジンが始動しているのか、ほとんど分からないぐらい、車内はノイズレスで静かなのです。聴覚に優れた犬にとって、これは大きなドッグフレンドリーポイントになるに違いありません。

ちなみに、このPHVにはチャージモードやバッテリーのホールド(温存)モードもあり、例えば、高速道路でバッテリーを十分に充電しておき、軽井沢では、エンジンをかけない(排気ガスを出さない)EV走行を行い、きれいな空気を汚さない配慮ある走行をするようにしたのです。軽井沢にはプリンスショッピングプラザなど、充電スポットも各所にあるため、軽井沢はPHVの魅力を最大限に引き出せる電動車にやさしい目的地、ドッグフレンドリーリゾートとも言えるのです。

しかも、V60 T6 Twin Engine AWD Inscriptionはガソリンモデル(FF=前輪駆動)と違い、駆動方式はAWD=四輪駆動。アウトドアフィールドや悪天候下のドライブ、犬が大好きな白銀の世界へのドライブも、「コンスタントAWD」モードを使えばより安心・安全です。これまでV60でAWDの駆動方式を求めれば、V60クロスカントリーを選ぶしかなかったのですが、その意味でも、ドッグフレンドリーなボルボの選択肢が大きく拡大したと言えるでしょう。

今回、そんなV60 T8 Twin Engine AWD Inscriptionで東京~軽井沢間を往復しましたが、高速道路では抜群の直進性の良さ、静かさに加え、ACCによるペダル操作不要のクルージングで、ドライバーの肉体的、精神的疲労度は最小限。いやいや、V60 T8 Twin Engine AWD Inscriptionには前両席リラクゼーション機能が付いているため、シートマッサージを受けながらの運転、ドライブだから快適そのもの(暑い日にはシートベンチレーション機能が威力を発揮)。運転していることがリフレッシュになるなんて、めったに味わえることではありません。いや、リラクゼーション機能が気持ち良くて、クルマから下りたくなくなるほどだったのです。

 

V60 T6 Twin Engine AWD Inscriptionの価格は849万円ですが、より乗り心地に優れているサイズのタイヤを履くV60 T6 Twin Engine AWD Momentum、674万円であれば、各種補助金によって、ガソリンモデルのV60 T5 Inscription、614万円と、実はほとんど変わらない価格になるのですから、FFからAWDになることも含め、大いにお買い得と言えるのではないでしょうか。個人的には、前席の快適度が大きく向上するシートベンチレーション機能、リラクゼーション機能が付くT6 Twin Engine AWD Inscription、779万円を、V60 PHVのベストドッグフレンドリーグレードとしたいと思います。

年内には、新しい後席用ドッグベッドの純正アクセサリー(大型犬&多頭対応のフルタイプと、小中型犬用で隣に飼い主が座れるハーフタイプの2種)も加わる予定で、こちらも楽しみですね。写真のドッグベッドは市販バージョンとは異なる部分もある、最終プロトタイプとなります。

 

ボルボV60

https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60

文/青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家であり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル&クルマ旅」を提言中。愛犬はラブラドールレトリーバーのマリア、ジャックラッセルのララ(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス「青山尚暉のワンダフルカーライフ」などでも愛犬とのカーライフをテーマにした記事を連載中。20164月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ボルボV60 PHV【今月のドッグフレンドリー・カー】 (9.18)

  • 犬と旅行

『マツダ CX-30』軽井沢愛犬同伴試乗会レポート【後編】 (9.10)

  • 犬と旅行

『マツダ CX-30』軽井沢愛犬同伴試乗会レポート【前編】 (9.3)

  • 犬と旅行

愛犬家のわがままを満たすダイハツ・タフト【今月のドッグフレンドリー・カー】 (8.27)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る