TOP>旅行 > 「わん密」を避けた愛犬との生活提案

  • 犬と旅行

「わん密」を避けた愛犬との生活提案

わんこと行くクルマ旅 特別編

わんこと行くクルマ旅特別編 わん密を避けた愛犬との生活提案

コロナウイルス感染拡大で、この春のわんこと行くクルマ旅をあきらめた愛犬家も多いと思います。ラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララと暮らすわが家でも、愛犬とドライブするのに最高の季節だけに、海へ、高原へ、湖へとわんこと行くクルマ旅の計画を立てていましたが、いったん保留。

緊急事態宣言を受けて、STAY HOMEを実践することや、3密を避けることが重要ですが、それは、愛犬とのお散歩でも同じだと、わが家では考えます。

わが家のお散歩コースには、一面芝生の大きな公園があるのですが、お散歩時間になると、知り合いを含めたわんこと飼い主が大集合。いつもなら、そこで愛犬話に花が咲くのですが・・・。

屋外とはいえ、人(飼い主)が集まってお話するのは、さすがに今は怖い気がします。見知らぬ人に犬を触られるのにも抵抗があったりします。


カートの撮影中、飼い主とわんこが大集合。わん密ですね 。3わん密状態・・・?

そこで、”旅するラブラドールレトリーバー”、”自称自動車評論犬!?”のマリアの提案が、「わん密を避けたお散歩」です。仲良しのわんこたちと出会っても、飼い主さんたちとは、スーパーマーケットのレジの列のように、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)をとるように心がけるようになりました。相手が、マスクをしていても、です。それが、お互いのためと思っています。我々が、絶対にコロナウイルスに感染していない保証はないのですから・・・。


ドッグランでもわんこソーシャルディスタンス中

そして、クルマで不要不急にあてはまらない、例えば動物病院などへお出かけをした際には、わが家ではそれなりの対策を行うようになりました。


マリアとララも距離をとっています

携帯品の中に、消毒用アルコールとアルコール除菌のウェットティッシュを常備し、クルマに戻ってきたときに、クルマのドアノブを引く前に、手指をアルコール消毒。濡れた手が乾いてから、ドアノブを引き、ドアを開けます。これは、車内にウイルスを持ち込まないための、念には念を入れての手順です。必要であれば、車内のハンドル、シフトレバー、ウインカー&ワイパーレバー、パドルシフト、ドアインナーオープナーなど、手の触れる部分を、アルコール除菌のウェットティッシュを用いて消毒することもあります。

が、ちょっと待てよ、です。それだけでは、毛髪や衣服に付着したウイルスが車内に持ち込まれ、シートやフロアカーペットに付着してしまいそうです。

 

そこでわが家が活用しているのが、自動車アフター用品メーカー大手のカーメイトから発売されている、「ドクターデオ」シリーズです。ドクターデオは今年で10周年を迎えた、定評ある除菌・消臭剤のシリーズで、『安定化二酸化塩素』による除菌・消臭効果が口コミで高く評価され、クルマ用だけでも累計750万個の販売実績があるそうです。安定化二酸化塩素は、除菌・消臭ガス(二酸化塩素ガス)を発生させることによって空間に広がり、悪臭成分を酸化分解するとともに、ウイルス・菌に積極的に付着して除去してくれる効果があるとのこと。

また、クルマ用、部屋用のほか、ペットの周りでも安心して使えるペット用もあり、マリアとララがそこに目を付けたのでした。

わが家では、車内空間そのものには、ドクターデオシリーズのシートを含む布製品の除菌・消臭に使える最強スプレータイプのD226を。犬たちが直接触れるペットシートマットや敷物などには、同じくスプレータイプでペットが舐めても安心な成分で構成される、同じく無香消臭・除菌スプレーのDSP1を使っています。スプレータイプなので、一度に広範囲にスプレーできるのが、手軽で便利なポイントです。

さらに車内には、ドリンクホルダーにぴたりと置ける、安定化二酸化塩素成分の置きタイプD301と、シート下にすっきり置けるD307をセット。これで車内空間の除菌・消臭効果もさらに高まり、より安心というわけです。

ただし、あくまでも基本は不要不急のお出かけと3密、わん密を避けることですよね。来る、わんこと行くクルマ旅に安心してお出かけできる日まで、みんなでがんばってこの危機を乗り越えましょう!!


マリアからのお願い。不要不急の外出は避けてわん

カーメイト ドクターデオシリーズ

https://ps.carmate.co.jp/c/car/airfreshener

文:青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ホンダ・フィットe:HEVクロスター【今月のドッグフレンドリー・カー】 (5.20)

  • 犬と旅行

ホンダ N BOX【今月のドッグフレンドリー・カー】 (4.10)

  • 犬と旅行

新型「スバル・レヴォーグ」で行く早春のコレドール湯河原 後編 (3.31)

[PR]
  • 犬と旅行

新型「スバル・レヴォーグ」で行く早春のコレドール湯河原 中編 (3.25)

[PR]
もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る