TOP>旅行 > これから発売される大注目のドッグフレンドリーカー【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • 犬と旅行

これから発売される大注目のドッグフレンドリーカー【今月のドッグフレンドリー・カー】

今月のドッグフレンドリーカー

今年の初夏から秋にかけて発売が予定されている国産車の中で、自称自動車評論犬!?のラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララが大注目しているクルマと言えば、まずはダイハツが6月に発売を予定しているタフト。マリアとララが軽自動車界のスーパードッグフレンドリーカーとしてすでに試乗し、わんこと行くクルマ旅でお出かけし、認定しているスズキ・ハスラーの対抗車種として登場するクロスオーバーモデルです。これまであった、キャストのクロスオーバーモデルとなるキャスト・アクティバの後継車的存在でもあったりします(現在、キャストはスタイルグレードのみ)。


マリアとララは自身で走ることもクルマも旅も大好き!! 

タフトは、そのネーミングが示すように、アウトドアにもぴったりの、タフに使える軽クロスオーバーモデルで、基本骨格は定評あるタントやロッキー&トヨタ・ライズにも使われているDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)。ボディサイズはハスラーと全長3395×全幅1475mm×全高1680mmは規格上、まったく同じながら、ショルダーラインを高め、ルーフを低めたチョップドルーフスタイルによって全高は1630mmと、ハスラーより50mm低いのが特徴だ(当然、タントやウェイクよりも低い)。

 


ドッグフレンドリーカーとして期待のタフト      


こちらは新型ハスラー 

タフトのエクステリアデザインは、シャープでワイルドな、あえてワイパーアーム全体が見えるようにし、メッキ類(ディーラーオプションのメッキパック)も多用した武骨なデザインが超個性的。つまり、ハスラーと比較すれば、より男性寄りのキャラクターと言えるかもしれないですね。

インテリアに関しては、オーバルでポップなデザインモチーフのハスラーに対して、タフトはスクエアなデザイン。ハスラー同様、流行りのブラック×オレンジのカラーリングも採用しています。シートアレンジ性は、後席を倒すことでフラットになり、大型犬、多頭の乗車も余裕の余裕のはず。当然、ハスラーがそうであるように、車中泊対応にもぬかりはないでしょう。ラゲッジルーム回りが汚れに強く、清掃性のいいワイパブルフロアなのもハスラーとの共通点。

ハスラーにないタフトの魅力と言えば、前席頭上のガラスルーフの用意が挙げられます。ガラスルーフは、晴れの日には車内の明るさ、解放感が増し、雨の日にはガラス越しに見える水滴がロマンチックな気分に浸らせてせくれることでしょう。現状、ハスラーにサンルーフ、ガラスルーフの装備はありません。

先進安全運転支援機能については、東京オートサロンのダイハツブースに展示されていたタフトのコンセプトモデルの内装から察する限り、ステアリングにはACC(アダプティブクルーズコントロール)のスイッチがあり、タントと同じ設定なら、ターボモデル限定で全車速域対応のACCが備わり、高速走行、長距離走行で威力を発揮。わんこと行くクルマ旅の遠出も楽々でしょう。

さらに、コンセプトモデルでは、最低地上高の余裕に加え、タントなどとは異なるオールシーズンタイヤを履いていることから、悪路や雪道にも強そうですね。愛犬とのクルマ旅を、季節、天候、路面を問わず、楽しめるに違いありません。


タフトなら雪道ドライブも安心快適 

マリアとララが注目している、今年後半に登場するもう1台が、ホンダから年内に国内発売予定の電気自動車、Honda eです。ホンダがはじめて一般販売する小さなEVで、ホンダらしい技術やアイデアが満載されていること間違いなし。ホンダ自身、「未来を先取りするスペシャルティカー」と呼んでいるぐらいです。

それは、インテリアを見れば、一目瞭然。モニター類が端から端まで整然と並んだインパネのメーターデザインは、まさに未来のクルマそのもの。大型モニターにはクルマの情報や、ナビゲーション、エンターテインメントなどを分担して表示することが可能で、自分好みにディスプレーをカスタマイズすることもできるのですから、カーライフの楽しみは無限大。BBC(英国放送協会)の歴史ある自動車番組『Top Gear』では、「Honda e」を「Consider the e Prototype like an iPhone back in 2007.(2007年に登場した時のiPhone®のようなものだと考えよう)」と評したぐらいなのです。

モダンで先進的なインテリアには、シフトレバーやサイドブレーキレバーはありません。すべてがボタン操作で、すっきり。まるで上質な家具に囲まれているような感覚です。

もちろん、未来を先取りしたクルマですから、各種操作を音声認識で行うことが可能。先進の知能化システム「Honda Personal Assistant」を搭載し、「OK.Honda!」と呼びかけると、音声対話システムが起動して、音声でさまざまな指示が行えるのです。

 


乗り物はなんでも大好きなマリア 

キュートでシンプルなエクステリアにアウトサイドミラーはありません。従来のドアミラーを小型のカメラで置き換え、車内の左右にあるモニターにライブ映像を表示する「サイドカメラミラーシステム」を採用。映像を自動で補正するので、夜間や雨天時でもよく見えて安心というわけです。

もちろん、駐車を自動で行うことも可能。車庫入れが長手な愛犬家ドライバーもスムーズに駐車できるでしょう。ちなみに、駆動方式はコンパクトカーでは常識のFF(前輪駆動)ではなく、モータによる後輪駆動。ホンダらしい軽快な走りっぷりが期待できそうですね!!

EVで気になる航続距離は、大容量リチウムイオンバッテリーによって、1回の充電での航続距離は200km以上。急速充電を利用すれば、わずか30分で80%まで充電できるそう。これなら、自宅での充電はもちろん、お出かけ先の充電スポットでの待ち時間も苦になりませんよね。


1回の充電での航続距離は200km以上

ダイハツ・タフトとHonda e、わが家のラブラドールレトリーバーのマリアとジャックラッセルのララも、首を長くして、そのドッグフレンドリーカーの登場に期待して、心待ちにしているところです。

 

文/青山尚暉

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • 犬と旅行

ホンダアクセス フィットCROSSTARで行く 初夏の九十九里 ASOVILLA AKA ... (7.2)

  • 犬と旅行

ホンダアクセス フィットCROSSTARで行く 初夏の九十九里 ASOVILLA AKA ... (6.30)

  • 犬と旅行

ホンダアクセス フィットCROSSTARで行く 初夏の九十九里 ASOVILLA AKA ... (6.25)

  • 犬と旅行

ボルボXC60 B5【今月のドッグフレンドリー・カー】 (6.20)

  • 犬と旅行

夏の蚊除け対策【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (6.15)

  • 犬と旅行

車内のコロナウィルス対策【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (6.7)

  • 犬と旅行

愛犬とのドライブに最適な車とは?10のドッグフレンドリーカーポイント! (5.15)

  • 犬と旅行

外出自粛中だからこそ車内のクリーニングを【わんこと行くクルマ旅 特別編】 (5.9)

もっと見る
注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る