TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー】VWゴルフヴァリアント

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー】VWゴルフヴァリアント

今月のドッグフレンドリー・カー

001
VWゴルフヴァリアント ハイライン

ドッグフレンドリーカーの基準、要件は、車内でどこかにつかまれない犬も快適かつリラックスして乗っていられる静かで滑らかで、姿勢変化の少ない走行性能に加え、犬の乗りやすさ、居場所の快適度&自由度がポイント。

002
左)コンフォートライン 289万9000円、右)ハイライン 348万7000円

 

犬をクルマに乗せる場合、やはり人間が4~5人乗ってしまうと犬の独立した乗り場所が なくなるセダンタイプではなく、犬の乗降が可能な独立したラゲッジを持つワゴンタイプがひとつの理想形と言えるでしょう。リゾート地に似合う優雅な佇まいも、ステーションワゴンならではです。

003
リゾート地に似合うステーションワゴン

 

わが家の自称”自動車評論犬”!? 国内外のさまざまな新車に試乗してはや8年の”旅するラブラドール”のマリアによれば、ワゴンタイプはバックドア側からだけではなく、リヤドアからも、分割可倒式の後席の片方を畳み、そこを廊下にしてラゲッジに乗り込むことができ、乗車方法の自由度もまた、大きな魅力だそうです。

 

004
リヤドアからラゲッジに乗車可能

 

さらに後席が6:4など分割できるワゴンの場合、犬の乗車場所は後席、ラゲッジ 、後席を片側格納したフロアなど多彩。乗員数や荷物、犬の頭数によって自在にアレンジできる点にも注目です。

005
収納は充実。運転席、助手席の下には引出し式収納を完備。愛犬用の小物を入れておくのにも便利

 

さて、今月のドッグフレンドリーカーとして選んだのは、そうした要件を満たした、フォルクスワーゲンのゴルフヴァリアント。輸入ワゴンとしてほぼ唯一の希少なコンパクトワゴンであり、栄誉ある2013-2014年日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた最新のゴルフハッチバックのワゴン版です。

006

ラゲッジのフロア地上高は約62cmと低めで開口部に段差なく(乗降時に足がひっかからない)、フロアは後席使用時で奥行き105cm、幅99~127cm、高さ81cmと広々。

007
ラゲッジ開口部の高さは約62cm
\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

あなたの愛犬はどんな体勢で寝てる?寝相でわかる犬の性格診断 (3.8)

  • トピックス

犬との暮らしの困りごと!その解決方法とは? (1.21)

  • トピックス

逃走犯を600人も確保!犬界の名探偵「ニック・カーター」 (1.20)

  • トピックス

「吾輩は猫である」の著者 夏目漱石は犬が好きだった…?【いぬのはてな】 (1.17)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る