TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー特別編】ディーゼル車って愛犬の耳にうるさくないの?

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー特別編】ディーゼル車って愛犬の耳にうるさくないの?

PETomorrow(ペットゥモロー)】

今月のドッグフレンドリー・カー特別編

ディーゼル車って愛犬の耳にうるさくないの?

image001

自動車にはガソリン車、HV、EV、PHVと様々なパワーソースが用意されています。その中でも今注目されているのがクリーンディーゼル。ディーゼル車というとカラカラ、ガラガラうるさく、黒煙をまき散らすイメージがありますが、最近のクリーンなディーゼル車に接すれば、そんなイメージは吹き飛ぶと思います。

とにかく静かでトルキーで走りやすく、燃料は軽油ですからランニングコストも割安。もちろん黒煙なんか出しません。だからクリーンディーゼルと呼ばれるわけです。

そんなクリーンディーゼル車でお薦めなのが、マツダ車。国内でのクリーンディーゼル販売比率の高さは圧倒的で、コンパクトカーのデミオからアクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5と、ミニバンとロードスター=スポーツカーを除くすべての車種にクリーンディーゼルを用意しているのです。もっと言えば、コンパクトSUVのCX-3はクリーンディーゼル車のみで勝負しているほど。

で、改良されたばかりの最新のアテンザワゴンXD Lパッケージにマリアと試乗してきました。

image003
マツダ・アテンザXD Lパッケージ(2WD 6AT)  377万4,600円

image005
スタイリッシュなリヤビュー

そもそもアテンザワゴンはなかなかドッグフレンドリーなステーションワゴンです。その決め手は後席を倒したときのフロアのフラット度、リヤドアからの犬の乗りやすさ、後席エアコン吹き出し口完備による後席~ラゲッジの快適度など。国産ステーションワゴンとしては大柄なボディーを持つためラゲッジは広々(奥行き1100mm、幅1000~1570mm、天井高800mm、最大フロア奥行き1800mm)。大型犬のラブラドールレトリーバーのマリアと小型犬のジャックラッセルのララが乗っても余裕のスペースでした。

image007
後席エアコン吹き出し口を完備

image009
マリアとララがラゲッジに乗車したところ

ただし、開口部地上高は665mmと、世界のステーションワゴンの平均値620mmより高めではあります。

image011
広大なラゲッジ。写真は後席格納状態

image013
ラゲッジの開口部地上高はやや高め

なので、シニア犬のマリアはリヤドアから乗車。ステップに黒い樹脂の滑り止めプレートがついているので前足をかけたときに安定し、なおかつ地上高550mmと低い後席座面に乗り込むことも容易なのです。乗車側と反対側のシートを倒しておけば、後席座面からそこへ移り、ラゲッジへ移動することもできます。

image015
リヤドアのステップ部にプレートが

image017
後席はごく低くセットされています

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

人は、犬に対する「かわいそう」という感情が強く反応する? (12.17)

  • トピックス

愛犬がスマートにエサを食べるようになるコツって? (6.5)

  • トピックス

シニア犬が直面する問題と解決方法 (5.28)

  • トピックス

言葉を覚えたインコ、犬を叱る【くずくまダイアリ】 (5.15)

  • トピックス

愛犬家のためのイベント『DOG FRIENDLY FESTA』大盛況のうちに終了! (5.14)

  • トピックス

犬がトイレやお風呂についてくるのってなぜ? (5.10)

  • トピックス

春だからと油断は禁物。春の道路の表面温度も想像以上に高温! (5.9)

  • トピックス

アーバンドック ららぽーと豊洲でPETomorrow主催イベントを開催! (5.9)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る