TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー】ボルボXC90 T8

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー】ボルボXC90 T8

そうそう、オプションのエアーサスペンションを装備していると、乗降時(停車時)に自動、または手動で車高がスーッと数センチ下がってくれるのもドッグフレンドリーポイント。リヤドア、バックドア側の両方からの乗車、降車性がより高まるというわけです。

image037
エアサスの手動車高調整スイッチ

もちろんボルボXC90は四輪駆動のAWD。山道、高速道路、そして滑りやすい路面でも圧倒的な安定感を示し、その極めて高いオールロード性能、安全性能から雨の日、雪道も安心して走れるのです。お天気が悪いから、雪がふっているからドライブは中止・・・なんていうことにはならず、1年中、ドライブ旅行を楽しみにしている犬たちを“がっかり”させることもないのです。

さらにボルボXC90には後席、ラゲッジ用の高級、堅牢なドッグアクセサリーが数多く用意されています。豪華で美しすぎるインテリアを無闇に汚すことなく、また安全に愛犬を乗車させることができるのです。さすが、犬は家族の一員、どこへ行くにもいっしょが当たり前の動物福祉先進国スウェーデンのクルマならではの配慮と言えるでしょう。マリアに言わせれば、「車両本体がどんなに良くても、純正の専用ドッグアクセサリーが用意されていないクルマは、真のドッグフレンドリーカーとは言えないわん・・・」だそうです。その点でもボルボXC90は完璧、文句なしというわけです。

image039
後席用アクセサリー

image041
ラゲッジ用アクセサリー

image043
ボルボXC90のドライブ旅行は最高わん

ボルボXC90に用意された北欧スウェーデンのクルマならではのドッグアクセサリーの詳細は、マリアが改めて紹介、報告しますね。

◆ボルボXC90
http://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc90

P1070606-SLNYH@1

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ジャーナリスト。1956年東京生まれ。雑誌編集者を経験した後、フリーのモーター&トラベルジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、ドッグライフプロデューサーとしても活動中。コンパニオンアニマルとしてのペットとのドライブ、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌などで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている。PETomorrowのほか、小学館ブックピープル、ONE BRAND、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。

配信サイト:「ペットゥモロー」
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HP
https://petomorrow.jp/

公式TwitterFacebookでも記事を配信中。フォロー&いいね!、よろしくお願いします!
Twitter
https://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

犬はじゃがいもを食べられる?おすすめレシピ&犬もOKな野菜【冬編】 (12.10)

  • トピックス

まるで映画のワンシーン!小さな街を癒す仲良しすぎる犬とアヒル (11.19)

  • トピックス

大きくても気持ちは子犬!甘えん坊な犬20選 (8.18)

  • トピックス

犬との新生活で「絶対欠かせない」意外なアイテムとは? (7.22)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る