TOP>トピックス > 【ドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ヴォクシー

  • トピックス

【ドッグフレンドリー・カー】トヨタ・ヴォクシー

PETomorrow(ペットゥモロー)】

今月のドッグフレンドリー・カー

ヴォクシーメインスタイル1

愛犬とドライブするのに相応しいクルマとしてスライドドア・ミニバンが挙げられます。ミニバンと言えば空間の広さが持ち味ですが、犬の乗降性、乗車場所についても実にドッグフレンドリーなのです。

例えば、トヨタ・ヴォクシー。5ナンバーサイズの扱いやすいサイズを基本に、ボックス型の大空間インテリア、多彩なシートアレンジを備えています。

ヴォクシーメインスタイル真横
トヨタ・ヴォクシーHV ZS

犬の乗降はスライドドアとバッグドア側の2か所から。これが容易にできるのは、ほかにワゴンぐらいなもの。ワゴンの背を高くしたようなSUVでも乗車は可能ですが、車高、ラゲッジフロアが高めなので、ジャンプ力のある犬なら乗車可能ですが、そうでない場合は介助が必要です(わが家の10歳のラブラドールレトリーバーのマリアもそうです)。

スライドドアステップ2
スライドドア部分のステップは低く段差なし

ラゲッジ高さ
ラゲッジ側もフロアが低くシニアなマリアでも乗降楽々

ヴォクシーのスライドドア側のワンステップフロアの高さはもっとも低いところで36cm。小型犬でも楽々飛び乗れる高さです。一方、バックドア側のフロア高は50cm。世界のワゴンの平均値約62cmよりずっと低いのですから、シニア犬のマリアでも無理なく乗り降りすることができます。もちろん、ただフロアが低いだけでなく、開口部に段差がないこともドッグフレンドリーポイント。大きな段差があると足を引っかけたりして危なかったりします。

ヴォクシーリヤ
ラゲッジフロア地上高は50cmと低い

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

意外と知らない忠犬ハチ公の最期 (9.13)

  • トピックス

一瞬で虜になるセシリア・ズッカラートの犬写真14選 (8.18)

  • トピックス

たすけてあげられなくて…ごめんよ。ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~ (8.16)

  • トピックス

犬は飼い主に似るというのは本当だった?犬×飼い主のそっくりセルフィ―19選!  (8.2)

  • トピックス

泥んこだけど、楽しかったんだね。嬉しすぎるワンコたちの写真18選! (7.30)

  • トピックス

奇跡の大変身!トリミングで劇的変化したワンコ11選!! (7.29)

  • トピックス

「え、病院?またまた笑…」気づいちゃったワンコたちの表情23選 (7.7)

  • トピックス

大きくても気持ちは子犬!甘えん坊な犬20選 (5.1)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る