TOP>トピックス > 改正動物愛護法、いよいよ施行!動物を取り巻く環境がどう改善する?

  • トピックス

改正動物愛護法、いよいよ施行!動物を取り巻く環境がどう改善する?

改正動物愛護法、いよいよ施行!動物を取り巻く環境がどう改善する?

令和元年6月19日に、動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律の施行が公布となった。
この法律の一部改正については“改正動物愛護法”と呼ばれて認知が進んできたところであるが、その改正法の一部が今年の6月1日から適用開始となった。

施行がスタートしたばかりの改正動物愛護法について、今回はその一部。
私たち一般のペットの飼い主にも関連性の高いものが具体的にどう変化したのかについて、簡単に説明をしていきたい。

実績のある人物のみ、今後は動物取扱責任者になれる!

白い仔犬と仔猫

6月1日に施行となった今回の改正動物愛護法の中にあって、まず触れておくべきなのが動物取扱責任者の定義の変更である。
これまで動物取扱責任者とはペットの販売、動物の保管や貸し出し、訓練などを取り扱う職業の実務経験がある、あるいは専門の教育機関を卒業している、もしくは該当の資格を有しているかが要件となっていた。
このため、実務経験ががなくても学歴や資格によっては動物取扱責任者としての立場を全うすることができた。

これが今回の改正以降は少し変化する。
公益社団法人の日本愛玩動物協会の公式ウェブサイト上でのこの点についての説明を一部引用の元、紹介させていただく。

「これまでは実務経験がなくても動物取扱責任者になれましたが、今後は、動物関係の資格があったり、学校を卒業していても、半年以上の実務経験か、1年以上の特別な飼養従事経験がないと、動物取扱責任者にはなれません(獣医師や愛玩動物看護師を除く)」

上記の説明のとおり、今後はたとえ学歴や資格に問題がなくとも、より具体的に動物を扱った実績がなければ動物取扱責任者にはなれなくなった、ということになる。
動物を取り扱う以上、動物の飼養にもより明るい知識と実績が求められるわけで、そういった経験がある人が動物取扱責任者としての仕事に従事できるように変更になった、と簡単に言えばこういうわけだ。

自分が取り扱っている動物のことをよく分からないまま販売しているようなペットショップのオーナーって昔は結構いたけど、あれはしばしばお客さん側も閉口したもの。
今後はそういった、“問題の多い動物取扱責任者”の数が、俯瞰で見れば徐々に減ると思われる。

不適切飼養に自治体がより立ち入りやすくなる!

ブルドッグを抱く人間

近年、ペットの不適切飼養(例えば多頭飼育崩壊など)がたびたび問題視されている。
今現在も残念なことに、しっかりとした環境もない状態でペットを飼育している飼い主がいる。

これまで各都道府県知事以下自治体は、不適切飼養に対しての指導は多頭飼育崩壊のみに限られていた。
しかし、飼育ネグレクトや虐待と見なされる飼育について、今後は広く指導や立ち入り検査などが行われることとなる。

自治体が、より柔軟に不適切飼養に対して立ち入った措置が可能になることは、飼育モラルの向上にも一役買ってくれることだろう。
もっとも、最初から適切な飼養のできる飼い主ばかりだったら、こんな改正は必要なかったんだけど……。

動物虐待への罰則は強化された!

抱き合って眠る仔猫兄妹

それから、これが一番のポイントと個人的に考えているんだけど、6月1日をもって動物をみだりに殺傷した場合の罰則上限は一気に引き上げられた。
従来は懲役2年、もしくは最大200万円の罰金刑となっていたが、今回の改正施行によって懲役は最大5年。罰金は最大500万円に変更となっている。

また、ペットの遺棄については従来は罰金が最大100万円のみであったが、今回から懲役最大1年が課せられることとなった。

これについては本当に、そもそも刑罰以前に「そんなことするなよ」と強い憤りを感じるところではある。
しかし罰則が強化されれば物理的に動物への虐待件数も減る可能性は高まる。
ここは喜んでおきたいところだ。

おわりに

ということで、昨年公布された改正動物愛護法のうち、今年の6月1日に実際に適用されることとなったものの一部を簡単に紹介していった次第。
この改正を以てしばらくは私たちとペットの暮らしがどう改善されるか様子見という形にはなる。

が、法律というものは徐々に改善されるものなので、今後も目についた至らない部分については市井からも声をあげることが重要になる。
社会問題化してから法律改正では間に合わないということが、ことペットをとりまく環境には多すぎるので……。

(参考)
公益社団法人 日本愛玩動物協会
「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」の公布について
https://www.jpc.or.jp/archives/3346/

文/松本ミゾレ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • トピックス

改正動物愛護法、いよいよ施行!動物を取り巻く環境がどう改善する? (6.22)

  • トピックス

新しい飼い主が見つからなければ「殺処分」という現実。 (2.15)

  • トピックス

犬のたれ耳はくつろぎの場所。仲良しすぎる犬猫21選 (12.15)

  • トピックス

やってない?ちょっと避けたいワンコへのこんな挨拶 (12.5)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る