TOP>初めてのペット > 犬のトイレのしつけ方

  • 犬のしつけ

犬のトイレのしつけ方

003-02

環境に慣れはじめた後は、トイレのしつけを覚えさせるのが望ましい。なかには1〜2ヶ月かけてようやく覚えるケースもあるので、すぐに成果が出なくても根気よく教え続けることが重要。

排泄物をシートにつける

最初のステップは、トイレの場所を覚えやすくするために、その犬の排泄物をトイレシートにつけることから始める。排泄物を用意するには、ペットショップやブリーダーなど、以前いた場所にお願いして手にいれるほかに、犬専用スペースであるサークルやケージの中全体にトイレシートを敷き詰めて、排泄を待つという方法もある。

《トイレサインを覚える》

排便、排尿の前兆となる仕草を覚え、そのサインが出た場合、最初のうちは飼い主がトイレシートの上に誘導。トイレの上でしっかり排泄できた場合は褒めるようにする。

サイン1 床のにおいを嗅ぐ
食後などに床のにおいを嗅ぎながらウロウロし始めたら注意。

サイン2 同じ場所を回遊
においを嗅がずとも同じ場所をウロウロと回るようであればトイレの可能性が。

《褒め方》

普段の声と変化をつける
褒める時の声のトーンは、普段のトーンよりも高めにするのが望ましい。褒めている時の声として覚えやすくなる。

ボディタッチ
褒める言葉をかけながらやさしくなでる。

ご褒美
褒める際、おやつなどのご褒美を活用するのも効果的。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

関連記事はありません

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る