TOP>里親 > 独居飼い主入院で取り残された犬「ルイ」レスキュー先での幸せな生活

  • 犬の里親

独居飼い主入院で取り残された犬「ルイ」レスキュー先での幸せな生活

独居飼い主入院で取り残された犬「ルイ」レスキュー先での幸せな生活

飼い主さんの緊急入院で誰もいない家に取り残されていた犬のルイ(推定11歳)。ルイは現在、神奈川県横須賀市の特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」に迎えられ、あたらしいおかあさんからたっぷりの愛情を注がれて幸せに暮らしています。

飼い主が入院。ぽつん、誰もいない家に取り残されていた「ルイ」

「さくらの里 山科」には現在10頭の犬がいます。6頭は飼い主さんと一緒に同伴入居してきた犬。のこりの4頭は一緒に入居した飼い主さんが先に亡くなってしまったり、事情があってさくらの里 山科に引き取られてきた犬です。「ルイ」も事情があってさくらの里 山科にやってきた犬のうちの1頭です。

ルイはもともと横須賀市内の独居男性(80代)の家で暮らしていました。ところがある日、男性は体調が悪くなって緊急入院。誰もいなくなった家にルイはぽつんと取り残されてしまいました。

男性の入院からおよそ2週間、訪問介護に入っていたさくらの里 山科の系列施設のホームヘルパー、ケアマネジャーと近所の人たちが力をあわせてルイの面倒をみていました。ところが、飼い主の男性が退院しても自宅に戻れる見込みがないということに……。

行き場がなくなってしまったルイの様子に心を痛めたケアマネジャーは藁にもすがるような想いで理事長の若山三千彦さんに相談しました。

「飼い主様がルイの心配をすることなく安心して治療に専念し、療養するためのお手伝いが出来たらと思い、4年前にルイをお預かりしました」(若山さん)

あたたかな支援の輪がつながって、現在ルイは入居者さんやスタッフさんからたくさんの愛情を注がれて暮らしています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

朝6時20分に起こしにくる犬。それが休日でも(笑) (1.24)

サーカスを観るような展覧会!「ヒグチユウコ展 CIRCUS」 (1.24)

絶体絶命のピンチ…そんな時に発揮されるあなたの馬鹿力レベル【猫と心理テスト】 (1.24)

抱き上げた体は軽かった。10年間野良として暮らしたサビ猫の思い出 (1.24)

大型犬を上手に乗りこなすチワワさん(笑) (1.24)

AIの発展はスゴイわね【ねこの写真で4コマ漫画】 (1.24)

カブとトマトの焼きリゾット【わんこも食べれる簡単ごはん】 (1.23)

荷物番をする猫がいる島を訪ねて (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る