TOP>里親/保護犬 > 全国の動物愛護推進員って、一体何をしているの?

  • 犬の里親/保護犬

全国の動物愛護推進員って、一体何をしているの?

全国の動物愛護推進員って、一体何をしているの?

動物愛護推進員は全国の自治体で活動している地域の身近なペットの相談員です。獣医さんや看護師さんに聞きにくい内容や、しつけ、くらしの上でのさまざまなペットに関するトラブルの相談などを受け付けています。推進員の適切な活動を通じて、地域の動物愛護を推進し、人と動物との調和のとれた共生社会の実現を目指しています。


譲渡活動も重要な役割のひとつ

東京都では平成15年度から推進員制度を実施していて、現在、都内で307人が活動しています。主に適切なペット飼育に関する助言や、譲渡活動などを行っていますが、特に動物愛護活動に関するイベントには積極的に参加しています。10月20,21日に板橋区で行われた区民祭りではペットとの同行避難に関する写真展示と、どうぶつクイズ、飼育相談などを実施しました。


同行避難に関する写真展が好評でした

推進員に相談したいときは、都や区市町村の窓口を介して、相談事例の都度、推進員本人の承諾を得たうえで、直接、推進員を紹介するケースがあります。私も公園での野良猫の餌やりに関して悩んでいるという相談を受けたことがあります。相談者は「獣医さんに聞いても、野良猫の話だから、ダメだと言われ、警察も聞いてくれなかったし、どうしたらよいか一人で困っていた」と言っていました。そういう人は全国にたくさんいると思います。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

今日も肩に乗って登校しました【ランドセル猫】 (1.25)

【猫クイズ】意外と知らない猫の舌にまつわる秘密 (1.25)

犬の爪切りってしたほうがいい?『必要ない』というケースも結構ある件 (1.24)

冬のペットの防寒対策、留守中の安心こたつ活用術 (1.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る