TOP>里親/保護犬 > イベントを楽しみながら東京都の譲渡活動を知ろう!

  • 犬の里親/保護犬

イベントを楽しみながら東京都の譲渡活動を知ろう!

イベントを楽しみながら東京都の譲渡活動を知ろう!

全国の愛護団体やボランティア団体が主催する譲渡会が目立っていますが、各自治体もPRこそ地味ですが、定期的に譲渡会を開催しています。最近は察処分ゼロを目標にしていて、譲渡活動に力を入れている自治体も増えてきているので、ぜひ自治体主催の譲渡会にも参加してみてはいかがでしょうか。

自治体の主催する譲渡会の良さは、保護した犬や猫の健康管理を厳しく行っている点があげられます。担当者は自治体の職員なので、譲渡後も窓口が開かれている点は安心材料のひとつでもあります。里親になった家族の皆さんはそろって「何かあった時に安心できる」と言っていました。

東京都では10月14日、東京都品川区の林試の森公園で、「ワンニャンとうきょう展」を開催して、犬・猫の譲渡事業をPRします。動物愛護相談センターが実施している犬や猫の譲渡事業の内容を広く知ってもらいたいという目的から開催するもので、展示ブースを設置して、わかりやすく解説しています。

会場は林試の森公園の森の広場(東京都品川区小山台2丁目)。入場は無料です(犬や猫の入場はできません)。荒天の場合は、中止することがあるので、当日、ホームページなどで確認することをおすすめします。中止の場合は、林試の森フェスタホームページ及び林試の森公園Twitterにお知らせが入ります。

展示は林試の森公園で開催される「林試の森フェスタ」の中で行われます。林試の森フェスタは、林試の森公園で毎年春と秋にボランティアによって開催されている地域イベントで、コンサート・お抹茶席・森のマルシェ・森のバザー・森の探検隊・シャガ植え隊などのイベントが行われています。

「ワンニャンとうきょう展」ではパネル展示や、犬や猫の飼育に関する相談コーナーの設置を行います。これから犬や猫を飼育したいと考えている人にとっては、譲渡活動がどのように行われるのかを実際に知ることができるまたとないチャンスです。

パネル展示では東京都動物愛護相談センターや登録譲渡団体が行っている犬や猫の譲渡事業を紹介します。登録譲渡団体とは動物愛護相談センターに登録し、譲渡事業に協力している動物愛護団体のことで、これまでの経緯や、現状について、写真やグラフをつかってわかりやすく解説しています。

また、会場では犬や猫の飼育に関する相談コーナーがあり、犬や猫を飼育する中で解決したい疑問点や気になることなどを、JAHA認定家庭犬しつけインストラクターや、東京都動物愛護推進員等がていねいに回答してくれます。日ごろ獣医さんに聞きたくてもなかなか聞けなかった内容を、無料で相談できるまたとない機会。ぜひ、参加してみてはいかがでしょうか。

文/東京都動物愛護推進委員(編集柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

一緒に暮らして分かった!ロシアンブルーとベンガルの性格とは…? (9.24)

我が家の招き猫です【ランドセル猫】 (9.24)

声域の限界を超えた!4オクターブのワンコの遠吠え (9.24)

人も食べられるドックフード「金の旨味」 (9.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る