TOP>里親 > 二度と迷子にさせない、それが愛犬たちへの誓い【保護犬と暮らす】

  • 犬の里親

二度と迷子にさせない、それが愛犬たちへの誓い【保護犬と暮らす】

「私にとっては、犬と言えばミックス犬というイメージで、彼らの人懐こくて憎めないところがなんとも言えません」とおっしゃる“きなぴい”ママさんは、子どもの頃から犬に囲まれて育ち、成人してからもボルゾイやアメリカン・コッカー・スパニエル、柴犬のミックスにミニチュア・ダックスフンド…と犬がいる生活を続けてこられた。

柴犬ミックスは自宅近くに捨てられていたコで、そのコが13歳になった時には、散歩中に迷子犬らしきミニチュア・ダックスフンドと遭遇。体中油まみれで汚れており、肋骨も浮いて見えるほど痩せていて、放浪生活をしていたことがうかがえた。そのまま保護をし、動物病院で診てもらったところ、おそらく10歳くらいであろうと。

きなぴいママさんはポスターも作って飼い主を探してみたものの、見つからずじまいで、結局、そのM・ダックスフンドは“ラッキー”と名づけられ、きなぴいママさん宅に引き取られることになった。

先住犬の柴犬ミックス“ポイ”とは、同じシニア犬ということでか、何の問題もなく仲良く暮らすようになったそうだ。


上:ポイ(柴犬ミックス)、下:ラッキー(ミニチュア・ダックスフンド)。ラッキーはこの写真を撮った1週間後に亡くなってしまった…/©K.P.M

それから3年。ポイは天寿をまっとうし、ラッキー1頭の生活となった。が、ある日のこと、仕事に出かけるきなぴいママさんを元気に見送ったラッキーは、きなぴいママさんが帰宅した時、玄関ですでに息絶えていたのである…。

ラッキーには心臓の持病があった。引き取って以来、ずっと心臓病の薬を飲ませていたそうだが、発作を起こし、体がそれ以上は耐えられなかったのか…。玄関にいたということは、きっと、きなぴいママさんの帰りを待ち続けていたのだろう…。一緒に暮らした年月は短くとも、ラッキーにとってきなぴいママさんは誰よりも頼れる人だったに違いない…。

「とてもショックで、もう二度と犬は飼わないと思いました…」

1つの命を亡くしたことで、次の命を受け入れられなくなるケースもあれば、新たな命を迎え入れることができるケースもある。その後5年ほど、きなぴいママさんは犬と暮らすことはなかったそうだ。

しかし、時が経つにつれ、元来の犬好きの芽が頭をもたげ出す。

「自分の年齢のことも含め、いろいろ心の葛藤はあったんですが、主人の『そんなに飼いたいのなら、飼えば?』という言葉に後押しされて、前に進むことができました」

そうおっしゃるきなぴいママさんは、早速、犬探しを始めた。

「元々は中型~大型のミックス犬が好きなので、ブリーダーやペットショップからという考えはまったくありませんでした。自分の年齢や体力的なことも考えて、10kg前後の犬が最適かと、保護団体のブログを見て回るようになったんです」

そして、保護した犬の預かりボランティアをしている人のあるブログを見た時、きなぴいママさんは1頭の犬の写真に目が留まった。

「一目見ただけで、『このコは私のところに必ず来る!』と確信めいたものを感じました」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

第一回 明日のペットのために【兵藤哲夫の徒然日記】 (9.22)

浮気…? 他の猫の匂いに気がつき、怒りモードになる猫(笑) (9.22)

飼い猫が行方不明になったときに訪れたい「猫返し神社」 (9.22)

連れ去り事件、大喧嘩…ドッグランで起こり得るトラブルと原因 (9.22)

ここは天国…?キャットフードが大好きな子猫ちゃん(笑) (9.22)

山形県は猫の国…?日本一の看板猫に会いに行ってみた。 (9.22)

揚げピザ【にゃんこの手作りごはん】 (9.22)

あずだいにパパンの健康診断をしてもらったのよッ【ねこの写真で4コマ漫画】 (9.22)

もっと見る

注目のグッズ

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

こんなに毛が取れるの?わんこのお手入れにおすすめの『ファーミネーター』!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る