TOP>里親/保護猫 > 救えなかった小さな命…保護した猫が必ずしも助かるわけではない現実

  • 猫の里親/保護猫

救えなかった小さな命…保護した猫が必ずしも助かるわけではない現実

救えなかった小さな命…保護した猫が必ずしも助かるわけではない現実

迷子になったり、飼い主に捨てられてしまった犬や、怪我をした野良猫や息も絶え絶えの子猫。

みなさんは、目の前でこういった自分が救えるかもしれない命に遭遇したとき、どんな対処を選ぶでしょうか。いてもたってもいられず、保護してしまうという方も多いかと思います。

たとえ自宅がペット禁止であったり、既に先住のペットがいるという場合にも、ひとまず助けてみて、それからどうすべきか考えたくなるものですよね。

あるいはペットの飼育が可能な物件に引っ越してでも、その命を繋ごうとする優しい方も、きっといらっしゃることでしょう。

ただ、現実は残酷です。

たまらず保護して、献身的に看護をしても、全ての命が助かるわけではありません。

今回は、筆者が以前経験した子猫との一夜についてお話ししたいと思います。

罠にかかった子猫。親ともはぐれ、衰弱状態で…

2年以上前の夏場に、民家の脇でねずみ捕りのトリモチに引っかかった子猫を保護したことがあります。その家には大きな蔵があったため、恐らくはその民家の住人が仕掛けていたものに、たまたま子猫が引っかかったものと思われます。

外に罠にかかった子猫ごと放置していたのは、そのまま死ぬまで放置するつもりだったのかもしれません。

たまたまその日は大した用事もなかったため、見捨てるのもしのびないと思い、家の人に許可を得て、子猫を引き取って動物病院に連れて行くことにしました。

獣医さんはその子猫を一瞥し「あ〜、だいぶ弱ってるね」とは言ったものの、一応対処してくれました。

まず、毛にべっとりと粘着物がついていたため、これを綺麗に剃ってもらい、べたつきの問題は解消しました。

さらに点滴も打ってもらいました。

ところがこの子猫は、それからほどなくして目に見えて元気がなくなり、そのまま夜明け前には冷たくなってしまいました。

獣医さん曰く、夏場にかなり長時間にわたってねずみ捕りと格闘していて、すっかり体力を消耗してしまっていた、とのことです。

とはいえ、これまで何頭かの猫を屋外で保護し、育ててきた筆者にしてみると、目の前の小さな命がなくなったという事実はかなりショッキングだったんですよね……。

保護して、万全を尽くしても、それでも救えないというのは何とも虚しいものです。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

たらとゴマのしっとりふりかけ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (2.20)

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

本能の目覚め…?犬の像のお尻に興味津々な子犬たち(笑) (2.20)

尻尾がない猫“マンクス”って知ってる? (2.20)

気付けばそこにいた!食事時のおもしろ犬猫画像10選 (2.20)

「あたちに似てるわ」自分にそっくりな人形に興味津々。 (2.20)

LOVE LOVE LOVE【ねこの写真で4コマ漫画】 (2.20)

猫グッズ100点が集結する「だいまる猫さんぽ」 (2.19)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る