TOP>里親 > 人の都合で捨てられた動物を見過ごせない、見捨てない

  • 猫の里親

人の都合で捨てられた動物を見過ごせない、見捨てない

人の都合で捨てられた動物を見過ごせない、見捨てない

人が自分の都合で手放した動物を見捨てられない。こどもの頃から数多くの動物たちにやさしい手を差し伸べてきた人生の先輩がいます。神奈川県横須賀市にある特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」で暮らす澤田富與子(さわだふよこ)さん(73歳)です。

見捨てられそうな命をそっと救い上げるやさしい手の持ち主

「こどもの頃から動物が大好き。犬や猫はもちろん、チャボ、ニワトリ、カナリアやボンテンなどの鳥でいつもにぎやかな環境でした」(澤田さん)

チャボの卵は茶色。ニワトリの卵よりも少し小さくて、でも栄養価が高いの。ボンテンって知らない? 頭がおかっぱみたいになっている小鳥なんですよ。

澤田さんはこれまでともに過ごしてきた動物たちのことを丁寧に教えてくれます。

いつも動物たちでにぎやかな澤田さん宅だからでしょうか。自宅の前に動物が捨てられていたり、飼えなくなった動物を連れた近所の人が相談に訪れることがしばしばあったそうです。なんと売り物にならなかった食用のうさぎを持ち込まれ、引き取ったこともあるとか……。

「ねぐらにと思って用意したみかん箱に入りきらないくらいの大きなうさぎだったんですよ」(澤田さん)

楽しそうに話してくれていた澤田さんですが、話がさくらの里 山科にやってくる少し前のことにさしかかったとき表情を暗くしました。

「知り合いのポメラニアンのブリーダーさんから繁殖引退犬2頭を引き取ったことがあります。私が最後に飼った犬たちです」(澤田さん)

うつろな目をした2頭の繁殖引退犬

澤田さんが知人のブリーダー山本和子(仮名、70代)さんから「犬を引き取ってくれないか」と持ち掛けられたのは、17年間ともに過ごした柴犬のケンタが亡くなったあとのことでした。「犬がいない生活は絶対さみしくなる」と言われて、迷いながらも山本さん宅に犬を見に行ったそうです。

澤田さんはそこで目を疑うような光景を目にしました。澤田さんと山本さんは犬仲間です。山本さんがドッグショーのために海外遠征するような大の犬好きで、賞をとった犬が素晴らしい環境で育てられているの見知っていました。

さぞかし大切に育てられてきた犬を紹介されるのだろうと思っていた澤田さんの考えは、悪い方に裏切られました。引き取りを依頼された犬たちは狭いケージのなかに押し込められていました。商品にならなかったり、繁殖ができなくなり「富を生み出さなくなった」犬たちが、生きながら入れられる墓のような場所でした。

「たくさんの犬がひしめく中に、フードの容器は1つだけ。ガリガリにやせ細ったポメラニアンが空になった容器を力なく舐めていました。他の強い犬が先に食べてしまってごはんを食べられなかったんでしょうね。それもいつもいつも……」(澤田さん)

見かねた澤田さんはそのやせ細ったポメラニアンともう1頭のあわせて2頭を引き取りました。2頭は母犬のメリーと娘犬のチェル。ともに繁殖引退犬です。澤田さんが迎えたとき8歳と6歳でした。

「引き取ってから1カ月くらいは何かにおびえるようにケージの隅にじっとしている状態。フードを与えても “ねえ、これ本当に食べていいの?” とおずおずと私の顔を伺うようにして、なかなか口をつけようとはしませんでした」(澤田さん)

決して急がず、焦らず、我慢強く2頭を見守る澤田さんとの暮らしに少しずつ慣れていったメリーとチェル。

「ある日、フードを私の手から食べた後 “うれしい! おいしい!” とでもいうように手と膝に顔をぐりぐりと摺り寄せてきたときには本当にうれしかった。ほっとしました」(澤田さん)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

匂いフェチ…?猫は使用済み靴下がお好き? (11.19)

小さな頃から、ずっと一緒に成長してきた犬との別れ (11.19)

え、猫も…?忘れてはいけない「猫の狂犬病」 (11.19)

「犬カフェ」と「ドッグカフェ」の違いって? (11.19)

大泉洋さんとベイビーグリンチがミニオンの『イエロー・クリスマス』に悪だくみ! (11.19)

[PR]

話しかけながらミルクを与える母猫にほっこり。 (11.19)

取扱注意!猫は「嫌なこと」を忘れない動物だった (11.19)

隠してなぁい?【ねこの写真で4コマ漫画】 (11.19)

もっと見る

注目のグッズ

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

柴犬好きをアピールできちゃう♪ ペットゥモロー看板犬・まう助のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る