TOP>里親/保護猫 > 河原猫を見守ってきた3人のおじさんたちの物語

  • 猫の里親/保護猫

河原猫を見守ってきた3人のおじさんたちの物語

多摩川の河川敷に捨てられた猫たちと、3人のおじさんの物語

東京都と神奈川県の境を流れる多摩川の下流には、今も猫を捨てに来る人が後を絶たず、たくさんの野良猫が暮らしている。

『おじさんと河原猫』は、河原の厳しい環境で生きてきた猫たちと、彼らを守ろうとした3人のおじさん、そしてそのおじさんたちをたくさん愛した猫、河原猫シロの話。

b99d6de2f7e2d5dd2f4f6c092aa9c891-640x449.jpg

多摩川の河川敷に捨てられたそ猫たちの世話をしている、近所のおじさんとホームレスのおじさんがいた。著者のカメラマン、太田さんはそのおじさんたちと知り合い、猫との関係を撮り始めた。

近所のおじさんは「加藤さん」といい、糖尿病を患い独り暮らしで、自分のことは多くを語ろうとしない(現在、病気で入院中)。ホームレスのおじさん「高野さん」は、河川敷の小屋に猫を引き取って暮らしていた(2019年10月の多摩川氾濫で犬猫を保護していた小屋を離れられず、濁流に流されて行方不明に)。

太田さんは河原猫たちの里親探しに協力するうちに、1匹の小さくて愛らしい猫「シロ」を引き取ることに。すると、シロが猫エイズにかかっていることが判明。治療を受けながら太田家の一員としての生活を始めた。

本書は、この河原猫「シロ」と、河原猫を見守ってきた3人のおじさん(加藤さん・高野さん・太田さん)たちの物語を描いた写真エッセイだ。
特別寄稿として『夜廻り猫』(講談社)の作者・深谷かほるさんによる漫画「おじさんと河原猫」2本も収載されている。

03b5e069a4eca83229db04e18b04508f-455x640.jpg

著者プロフィール
太田康介(おおた やすすけ)
ボスニア・ヘルツェゴビナやアフガニスタン、カンボジアなどを撮る戦場カメラマンとして活躍。東日本大震災後は、原発周辺に取り残された家畜やペットの写真を撮るとともに、野良と化した猫へのTNR(地域猫化)と給餌活動を続けている。著書に『やさしいねこ』(扶桑社)『のこされた動物たち』『待ちつづける動物たち』(飛鳥新社)『うちのとらまる』(辰巳出版)など。

人気ブログ「うちのとらまる」

acd9f5afa2742684ae0f7843bef5d002.jpg

書誌情報

『おじさんと河原猫』
著者:太田康介
発売:2020年9月13日
定価:本体1200円+税
判型:A5判・並製
発売元:扶桑社

関連情報/https://www.amazon.co.jp/dp/4594083455/

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事

うちに来て幸せだった?亡き猫に伝えたい「ありがとう」 (10.30)

【獣医師監修】コロナで忘れていませんか?大切な狂犬病接種のこと (10.30)

近っ!猫に愛されている気分を味わえる動画。 (10.30)

素朴な疑問。子猫って自分の歯を飲み込んでも平気なの? (10.29)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る