TOP>ニュース > ペットの幸福に必要な“5つの自由”を守りたい!

  • ニュース

ペットの幸福に必要な“5つの自由”を守りたい!

ペットの幸福に必要な“5つの自由”を守りたい!

ペットの福祉、そのルーツは1960年代英国

近年のペットブームによる飼い主の意識の変化を受け、「動物愛護管理法」での法整備は着々と進んでいます。それでもまだ日本は欧米と比較すると、動物福祉の面で後進国といわれています。では欧米では、どのような考え方が動物福祉の指標となっているのでしょうか?

その考え方のもととなっているのが、1960年代の英国で起った、家畜の劣悪な飼育管理を改善させるための運動でした。当時の英国では畜産物を合理的に生産するため、産業動物を狭い場所に閉じ込めて飼育する方法が主流。その虐待性に批判が集まり、大きな社会問題となったのです。

そこで集約的畜産業のありかたを見直し、その基本として「5つの自由」が定められました。それはすべての動物に、以下の行動ができる自由を与えるべきという基準。

  • 立つ
  • 横たわる
  • 向きを変える
  • 毛づくろいをする
  • 四肢を伸ばす

これが現在の動物福祉の考え方のルーツといわれています。

以後、様々な団体によって改訂が加えられ、現在では、家畜だけでなくペット動物・実験動物などあらゆる人間の飼育下にある動物の福祉の基本として、以下の「5つの自由」が世界的な指標となっています。 

5つの自由(5フリーダム)福祉の基本

1飢えと渇きからの自由

・その動物にとって適切かつ栄養的に十分な食物が与えられていますか?

・いつでもきれいな水が飲めるようになっていますか?

2.不快からの自由

・その動物にとって適切な環境下で飼育されていますか?

・その環境は清潔に維持されていますか?

・その環境に風雪雨や炎天を避けられる快適な休息場所がありますか?

・その環境に怪我をするような鋭利な突起物はないですか?

3.痛み・傷害・病気からの自由

・病気にならないように普段から健康管理・予防はしていますか?

・痛み、外傷あるいは疾病の兆候を示していませんか?

・そうであれば、その状態が、診療され、治療されていますか?

4.恐怖や抑圧からの自由

・動物は恐怖や精神的苦痛(不安)や多大なストレスがかかっている兆候を示していませんか?

・そうであれば、原因を確認し、的確な対応が取れていますか?

5.正常な行動を表現する自由

・動物が正常な行動を表現するための十分な空間・適切な環境が与えられていますか?

・動物がその習性に応じて群れあるいは単独で飼育されていますか?

・また、離すことが必要である場合には、そのように飼育されていますか?

“動物愛護”は日本独特の表現!?

「5つの自由」の考え方は、日本の「動物愛護管理法」にも取り入れられています。ところが海外ではもっと直接的に「虐待防止」などの言葉が使用されているため、この「動物愛護」という言葉は、外国語に訳すのは難しい、日本独特の言葉だといわれています。

神奈川県動物愛護協会によると、「動物愛護」という言葉が生まれたのは、明治時代。それ以前にも、動物愛護的な思想や制度等は報告されていますが、文明開化に伴い馬車が交通手段として発展したことから、馭者の馬に対する虐待行為が問題となり、大規模な運動が巻き起こりました。そして明治35年(1902年)、日本で初めての動物愛護団体「動物虐待防止会」が設立されたのです。

しかしこの団体は発足後、わずか6年足らずで名称を「動物愛護会」と改称。これが「動物愛護」という言葉の始まりだといわれています。改称の理由は推測ですが、「動物虐待防止」というネガティブな表現が、一般的に受け入れ難く、活動の支障となっていたのではないか、と考えられています。その結果、動物を愛し護るという比較的ポジティブな表現である「動物愛護」が採用されたというのです。

現在でも、保護動物の里親活動のハードルとなっているのは、「かわいそうな動物を見るのがつらい」「見るのがつらいから近寄りたくない」という感覚だと、多くの関係者から聞きます。そのため、保護猫カフェやグッズ販売など、心の負担を感じにくい形で保護活動を楽しくできるようなさまざまな取り組みが行われていますよね。「虐待」を「愛護」と言い換えないと受け入れられない日本人のメンタルは、明治時代から変わっていないのかもしれません。

文/桑原恵美子

参考資料:「動物福祉について」公益社団法人日本動物福祉協会(https://www.jaws.or.jp/welfare01/

神奈川県動物愛護協会(http://www.kspca.jp/aigo-info/aigo-top.html

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「盗み食い」をする食いしん坊なペット10選! (1.25)

  • ニュース

いま話題の「一読(わんどっく)」ってなんだ? (1.25)

  • ニュース

今日も2人は一緒に歩いている。 (1.24)

  • ニュース

なぜ、犬は飼い主の個性に似てくるのか…? (1.23)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る