TOP>ニュース > 隠れたドッグフレンドリーカー「プリウスPHV」【今月のドッグフレンドリーカー】

  • ニュース

隠れたドッグフレンドリーカー「プリウスPHV」【今月のドッグフレンドリーカー】

今月のドッグフレンドリーカー プリウスPHV

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV14

トヨタ最新最先端のエコカーでもあるプリウスPHVは、標準型プリウスとは別物のエクステリア&インテリアデザインを備えた、隠れたドッグフレンドリーカーと言っていい存在です。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV9

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV11

ただし、2019年5月にマイナーチェンジした新型が、です。現行プリウスPHVは標準型プリウスに対して、専用フルLEDランプ、ダブルバブルウインドーを持つカーボン製のテールゲート、縦型ナビなどを採用し、PHVらしさ、特別感を演出したスペシャルなプリウス。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV8

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV22

その最大のハイライトが、驚異的な燃費(電費)性能。HVモード燃費消費率は先代の31・2km/Lから37・2km/L(17インチタイヤ装着車は30・8km/L)に。EV走行換算距離は26・4キロから何と68・2キロ!(17インチタイヤ装着車は55・2キロ)に拡大。EV走行距離に関しては先代プリウスPHVの倍以上というわけで、エアコンなどを使った実質EV走行距離にしても50キロ程度はOK。しかもEV走行可能速度は先代の100km/hから135km/hまで拡大。高速道路をモーターだけで走る性能も格段に向上。つまり、日常的な用途はもちろん、“わんこと行くクルマ旅”のドライブをばっちりカバーしてくれるのです。

今では高速道路のSA/PAの多くに充電設備がありますが、先代プリウスPHVは200Vのみで高速SA/PAなどでの充電は不可。しかし新型は100V/200Vの普通充電、および急速充電インレットを完備。急速充電なら約80%充電が約20分で行え、たとえ自宅に急速充電設備がなくても、一般的な100V電源で14時間かければ満充電可能。200V/16Aでは約2時間20分と素早い充電が可能になるのです。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV49

スマホと連携したタイマー充電、エアコン連動充電も可能で、専用アプリをダウンロードしたスマホで現在のバッテリー容量、燃費、電費、ドライブルート上、ドライブ先の充電スポットが検索できるほか、11・6インチの縦型大画面のT-コネクトナビの装着で、先進のコネクティッドサービスのオペレーターサービスも利用可能。運転中にオペレーターにお店や充電スポットを探してもらったり、クルマの操作で困ったことを教えてもらったり、さらには目的地を遠隔でナビに転送、セットしてくれることも可能だから便利すぎます。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV23

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV20

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV5

また、暑さに弱い犬にとってうれしいのが、電動車ならではのインバーターエアコン。エンジンが動いていないEV走行中、アイドリングストップ中でもエアコンが作動し、冷風が途切れないから、快適そのもの。Aプレミアムグレードなら、運転席、助手席にシートヒーターとともに、夏、シートが熱くなっている状態でも、瞬時にエアコンからの冷風が体を通り抜けるような、吸い込み式のシートベンチレーションを採用。短時間で冷涼感が得られ、夏のドライブを一段と快適にしてくれるのです。また、リモートエアコンシステムという機能があり、スマートキーのA/Cボタンを押すことで、乗車前にあらかじめ車内を冷やして(暖めて)おくことができます。飼い主だけでなく、暑がりの犬にとってもうれしいですよね。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV2

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV37

そんなプリウスPHVですが、わが家の小型犬のジャックラッセルのララは、後席が低くセットされていて、乗り降りもしやすく、大いに気に入っているものの、大型犬のラブラドールレトリーバーのマリアはそうでもありませんでした。というより、標準型プリウスと違い、ほぼ唯一の犬の乗車場所である後席に、大型犬が乗るのは不可能だったのです。その理由は、後席が2人乗りで、シート座面中央に大きなコンソールが鎮座していて、大型犬が横になることができなかったから。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV48

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV40
マイナーチェンジ前のプリウスPHVの後席 後席中央に出っ張りがありました

 

ところが、2019年5月のマイナーチェンジで5人乗りになり、後席は極めてフラットな3人掛けシートになったのです(祝)。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV10

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV12
マイナーチェンジ後のフラットな後席 大型犬でも後席に座れるようになったよ

自動ブレーキ、レーダークルーズコントロールなどを含む先進安全装備も、第二世代トヨタセーフティセンスを全グレードに標準装備し、さらに充実。また、「H2V」という、プリウスに備えた電力を家庭用の電力として使用できるシステムも採用されているのですから、AC100V/1500Wコンセントの用意とともに、日常から非常時まで頼りになるPHVへと進化したというわけです。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV27
レーダークルーズコントロールの作動画面
ドッグフレンドリーカー プリウスPHV28
レーダークルーズコントロールのスイッチ
ドッグフレンドリーカー プリウスPHV26
注文装備のAC100V/1500Wコンセント(荷室)
ドッグフレンドリーカー プリウスPHV41
注文装備のAC100V/1500Wコンセント(後席)

ちなみに、後席はシートサイドにすき間がなく、犬の乗降時に落ちる抜け毛がすき間に入り込む心配なし。清掃性もばっちり。これは助かりますね。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV33
シートは低く、サイドにすき間なし

今回、夏の軽井沢へとドライブしましたが、関越道から上信越道を走る新型プリウスPHVは、途中のSA/PAで充電したこともあって、碓井軽井沢ICまで、ほぼモーターだけで走るEV走行。エンジンが眠っているため、当然、車内はごく静か。そして加速もモータートルクによって実に滑らか。ドライブモードをECOモードにセットすれば、さらに犬にやさしい、穏やかな走りになるのです。乗り心地はマイルドでしっとりとした上級感があり、道路の継ぎ目、段差でのショックも最小限。床下にバッテリーを積んでいるため、重心は極めて低く、専用の足回りによって一段と快適な乗り心地が得られたのです。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV7
EV/HVとドライブモードの切り替えスイッチ
ドッグフレンドリーカー プリウスPHV21
エコモードだとより犬にやさしい走りに
ドッグフレンドリーカー プリウスPHV38
写真はMC前の車両

上信越道・碓井軽井沢ICから目的地の旧軽井沢へ向かう道は、いきなり山道を駆け上るクネクネしたバイパスですが、プリウスPHVは安定しきり。路面に張り付いたように走ってくれるから、車内でどこかにつかまれない犬たちもストレスフリー。2頭ともに、軽井沢で遊ぶパワーを蓄えるべく、ぐっすり寝ていたぐらいでした。

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV3

そして何より喜んでいるのが大型犬のマリア。以前、プリウスPHVの後席には小型犬のララしか乗れず、ガッカリしていたのですが、マイナーチェンジによって後席で快適すぎるPHVドライブを楽しめたことがうれしかったようです。愛犬家が、ドッグフレンドリーカーとして積極的に選べるクルマ、PHVが1台、増えたと言ってもいいでしょう。プリウスPHVが欲しいけれど、後席に大型犬が乗せられず、あきらめていた愛犬家さん、今がチャンスですよ!

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV18

ドッグフレンドリーカー プリウスPHV1

プリウスPHV
https://toyota.jp/priusphv/

文/青山尚暉(あおやま・なおき)

ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアと、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい」は真実だった! (10.20)

  • ニュース

一秒でも長く生きていて欲しい【虹の橋を渡る日まで】 (10.19)

  • ニュース

大型台風を経験して考える。人とペットの災害対策ガイドライン (10.17)

  • ニュース

「やられた〜」今日も食べられています。 (10.16)

  • ニュース

その昔、犬は「ひよ」と鳴いていた。 (10.15)

  • ニュース

犬はなぜ、人が落ち込んでいるのが分かるのか… (10.12)

  • ニュース

「じりっ…」キャリーちゃん、後ろ後ろっ! (10.11)

  • ニュース

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」 (10.10)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る