TOP>ニュース > なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える

  • ニュース

なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える

なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える

筆者は個人的に、いくつかの地域猫団体の活動を見守っている。と言っても、あくまでちょっとだけ寄付する程度なんだけども。

地域猫団体の多くは、管理する猫たちを里親募集のイベントに連れて行っている。

こうすれば幸せな家庭に迎えられる猫も増え、相対的に屋外で過酷な生活を強いられる地域猫は減る。良いことしかない。

さて、その里親募集のイベント。つまり譲渡会にもしばしば顔を出すが、たまに多頭飼育崩壊で里親を探すことになった、悲しい境遇の猫たちを見かけることがある。

親兄弟同士で殺し合うことも…人が招いた最悪の状況、多頭飼育崩壊

もう2年も前になるだろうか、都内の動物病院で、とても可愛い茶トラ猫たちの譲渡会に足を運んだことがある。

この猫たち、元々は1対のつがいから増えていった親戚、兄弟猫たちだが、飼い主の杜撰な管理のせいで次々に増え続け、ついにはさじを投げられてしまった。

それを善意の第三者が介入し、猫を保護して養育し、里親探しのための譲渡会を開催していたというわけだ。主催の方に聞いた話は衝撃だった。

満足な食事も得られない、増えすぎた猫たちは喧嘩の果てに殺し合うこともしばしばあり、そうして力尽きた兄弟あるいは親族を食べて必死に生き長らえてきたというのだ。

当日連れてこられた茶トラのうちの1頭は、震えていた。

これまで、よほどストレスのかかる環境にいたのだろう。必死で生き延びてきたのだということが伝わった。

そしてそんな震える個体を、兄弟がケージ越しに毛づくろいをしているのも目にした。極限の状況にあっても失われない猫同士の心のつながりというものに、思わず泣きそうになってしまった。

何故こうまで不幸な猫が増えてしまったのか。

その原因は他でもない、飼い主の無知と慢心である。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

今年は自治体の「狂犬病予防集合注射」中止相次ぐ…飼い主各位で無理ない接種を (7.14)

  • ニュース

夏のお留守番、「停電」になったら犬はどうなるの? (7.14)

  • ニュース

歯磨きを嫌がる犬猫にはこれ!360度歯ブラシ『デントレーナー360』 (7.14)

  • ニュース

「亡くなった我が子に再び会える」それは本当なのかもしれない。という話。 (7.13)

もっと見る

注目のグッズ

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

あなたはどっち派?村松誠の2020年版「犬猫カレンダー」

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る