TOP>ニュース > なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える

  • ニュース

なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える

なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える

筆者は個人的に、いくつかの地域猫団体の活動を見守っている。と言っても、あくまでちょっとだけ寄付する程度なんだけども。

地域猫団体の多くは、管理する猫たちを里親募集のイベントに連れて行っている。

こうすれば幸せな家庭に迎えられる猫も増え、相対的に屋外で過酷な生活を強いられる地域猫は減る。良いことしかない。

さて、その里親募集のイベント。つまり譲渡会にもしばしば顔を出すが、たまに多頭飼育崩壊で里親を探すことになった、悲しい境遇の猫たちを見かけることがある。

親兄弟同士で殺し合うことも…人が招いた最悪の状況、多頭飼育崩壊

もう2年も前になるだろうか、都内の動物病院で、とても可愛い茶トラ猫たちの譲渡会に足を運んだことがある。

この猫たち、元々は1対のつがいから増えていった親戚、兄弟猫たちだが、飼い主の杜撰な管理のせいで次々に増え続け、ついにはさじを投げられてしまった。

それを善意の第三者が介入し、猫を保護して養育し、里親探しのための譲渡会を開催していたというわけだ。主催の方に聞いた話は衝撃だった。

満足な食事も得られない、増えすぎた猫たちは喧嘩の果てに殺し合うこともしばしばあり、そうして力尽きた兄弟あるいは親族を食べて必死に生き長らえてきたというのだ。

当日連れてこられた茶トラのうちの1頭は、震えていた。

これまで、よほどストレスのかかる環境にいたのだろう。必死で生き延びてきたのだということが伝わった。

そしてそんな震える個体を、兄弟がケージ越しに毛づくろいをしているのも目にした。極限の状況にあっても失われない猫同士の心のつながりというものに、思わず泣きそうになってしまった。

何故こうまで不幸な猫が増えてしまったのか。

その原因は他でもない、飼い主の無知と慢心である。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

その昔、犬は「ひよ」と鳴いていた。 (10.15)

  • ニュース

犬はなぜ、人が落ち込んでいるのが分かるのか… (10.12)

  • ニュース

「じりっ…」キャリーちゃん、後ろ後ろっ! (10.11)

  • ニュース

東京・千駄ヶ谷の週末の愛犬家の隠れ家和食店「MUTO」 (10.10)

  • ニュース

DOG DEPT2019年~2020年秋冬物チェック【ドッグウェア通信】 (10.7)

  • ニュース

犬猫殺処分施設で働くということ。実際に働く女性を描いた「犬房女子」 (10.7)

  • ニュース

2匹で遊んだり眠ったり、どんな時も一緒のキャリーとムギ (10.3)

  • ニュース

ジャコとピーマンの混ぜごはん【わんこも食べれる簡単ごはん】 (10.3)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る