TOP>ニュース > 虐待やネグレクトからペットを守るアニマル・コントロール・オフィサー

  • ニュース

虐待やネグレクトからペットを守るアニマル・コントロール・オフィサー

“アニマル・コントロール・オフィサー”ってどんな仕事?

ペットにしろ、産業動物にしろ、大切に飼育されているコたちもいれば、悲しいかな虐待やネグレクトなどに遭っているコたちもいる。また、飼い主が意識せずとも、好ましくない飼い方をされているケースもあるのは事実だ。

それを判断し、指導や調査などを行う仕事があり、アメリカでは「Animal Control Officer」「Animal Cruelty Investigator」、イギリスでは「Animal Inspector」などと呼ばれている。

日本語に訳すと、それぞれ「動物管理官」「動物虐待捜査官」「動物検査官」といったところだろうか。

落ち葉の上の犬
Photo by Jamie Street on Unsplash

日本では、「アニマル・ポリス」という言葉を耳にするが、Animal Control Officerにしろ、Animal Cruelty Investigatorにしろ、警察とは違うスタンスであり、違反者に対して逮捕が必要な時には、警察など法執行機関と連携して事にのぞむようである。

その職務内容は、

 動物虐待にあたるケースの調査、必要であれば動物の没収
 動物の飼い方についての指導や啓蒙
 放浪している動物や保護を必要とする動物の捕獲や救助
 訴訟となった場合は、その証言

など。

アメリカには、この仕事に就くための専門教育機関があり(*1)、同様の資格をもつ人たちが所属する団体もある(*2)。

見つめる犬
Photo by Rodion Kutsaev on Unsplash

彼らは自治体や動物保護団体、およびその関連機関と契約をして仕事をすることになるが、動物に関する知識や経験のみならず、法律や犯罪についてなど幅広い知識を必要とされる。

加えて、動物を扱い、活動できるだけの体力や、場合によっては好ましくない人間と対峙したり、辛い状況を目にしたりすることもあるので、それに対応できるだけの精神力も求められる。

さらには、この仕事に就くことを希望した場青、基本的な条件はあるが、やはり警察官や獣医師、ドッグ(またはアニマル)トレーナー、もしくは野生生物に関する仕事をしていた人などは有利なようだ。

ちなみに、アメリカにおける同種の仕事の年間平均収入は38,490ドルで、平均時給は18,51ドル。雇用が多いのは、カリフォルニア州、ワイオミング州、テキサス州、オクラホマ州、フロリダ州、ジョージア州、ノース・カロライナ州、バージニア州、イリノイ州、オハイオ州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、マサチューセッツ州など(*3)。

アメリカの職業雇用統計を見る限り、ほとんどの州にAnimal Control OfficerやAnimal Cruelty Investigatorなどがいるようである。

海を渡ったイギリスでは、王立動物虐待防止協会(RSPCA)専属のInspectorがいる他(*4)、アイルランドのメイヨー州では、「動物虐待があってもボランティアでは介入できない、メイヨー州にも動物検査官が必要である」と署名活動を行っている人たちがおり、現在、4万を超える署名が集まっている。

Inspectorは台湾にもおり、欧米の多くの国が取り入れていると聞くが、日本はどうかというと行政がその役割を担っているものの、不適切な飼育や業者あったとしても指導がうまく行きわたらないケースもあり、また、行政側からすると法的に判断基準が曖昧なところがあって、指導するにもしづらいという声も聞かれる。

そうした現状の中、日本にもAnimal Control OfficerやInspectorが必要であるという意見は根強くある。

参考資料:
(*1)National Animal Cruelty Investigations School / Extension, University Of Missouri
(*2)National Animal Care & Control Association,NACA
(*3)Occupational Employment and Wages, May 2018, 33-9011 Animal Control Workers / Occupational Employment Statistics / Bureau Of Labor Statistics / UNITED STATES DEPARTMENT OF LABOR
(*4)Become an RSPCA inspector / RSPCA

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

シュバッ!バシッ!ガウガウ~!!どうなってんの?笑 (11.27)

  • ニュース

犬はチンパンジーよりも人に似ているって本当? (11.25)

  • ニュース

【速報!】PS5は柴犬と同じ大きさ。SNSでも話題に… (11.24)

  • ニュース

ラブラドールレトリーバー マリアのメラノーマ闘病記 その7 (11.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る