TOP>ニュース > 間取りの工夫が犬との共生をより快適に。ペット共生住宅「inumo」

  • ニュース

間取りの工夫が犬との共生をより快適に。ペット共生住宅「inumo」

人と犬が共に暮らす際の日頃の悩みとして、散歩後に犬がそのまま自宅に上がることで床が汚れる問題や、キッチンやダイニングで犬が誤食してしまうこと、家の中の段差で怪我をするなど、様々な対策すべき課題がある。

そこでクレバリーホームは、犬と人が共に快適に生活できる住宅をコンセプトにしたペット共生住宅「inumo(イヌモ)」を本格販売開始した。

「inumo(イヌモ)」では、住居の間取りを、犬専用ゾーン、人と犬の共生ゾーン、人専用ゾーンの3つのゾーンのある間取りの設計した。犬が侵入できないようにキッチンやダイニング、2階を人専用の空間にすることで、犬の誤食や怪我を未然に防ぐことに繋がる。

また、人専用のゾーンがあることによって、ペットオーナーのプライベート空間もしっかりと確保する。犬専用ゾーンには、犬の定位置として、洗い場や収納のあるドッグスペースを完備。汚れにくく、アレル物質を抑制するタイル床材など、衛生的に過ごせる環境を用意した。

そして、リビングを中心に人と犬が一緒に生活できる空間にすることで、快適な環境で犬とのコミュニケーションを取ることができる。このように3つの居住ゾーンで生活シーンを変えることによって「inumo(イヌモ)」は人と犬の共生住宅を実現した。

尚、中型犬や大型犬など犬のサイズによって犬との共生スタイルも異なるため、設計の段階においては、犬のサイズに合わせた間取りで設計することもできる。

「inumo(イヌモ)」は、環境面だけではなく住宅の外観にもこだわった。クレバリーホームの代名詞でもある外壁タイルが、犬をモチーフにした住宅デザインを作ることを可能に。人気の3犬種をモチーフにした外観デザインは、それぞれ欧州風デザインのトイプードルモデル、日本家屋風の柴犬モデル、アメリカンカジュアルなデザインのフレンチブルドッグモデルがある。

それぞれ雰囲気が全く異なり、自分の好みのデザインを選ぶことができる。その他、散歩後に犬の足を洗うことができる外水栓、玄関やドッグランから逃げ出さないように目が細かい外構フェンス、愛犬好きの住宅アピールの象徴となる風見鶏ならぬ「風見犬」など、細部に至るまで、家全体でペット愛溢れる共生住宅になっている。

こちらもチェック!首都圏初開催「わんにゃんド~ム」
ナゴヤドームで毎年開催される東海地方最大級のペットイベントが首都圏で初開催。会場内では犬や猫のイベントが開かれ、クレバリーホームも出店する。そこでは、「inumo(イヌモ)」を実際に体験可能だ。

会場:さいたまスーパーアリーナ(コミュニティアリーナ・展示ホール)
日時:8/24(土)・25(日)
時間:10:00~17:00(最終入場は16:30まで)
URL:https://wannyandome.com/saitama/

構成/編集部

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る