TOP>ニュース > 【獣医師マンガ編集者の話】ちょっとだけ脱線再び。

  • ニュース

【獣医師マンガ編集者の話】ちょっとだけ脱線再び。

獣医師少女漫画編集者のゆるい話9

nc01

しばらくペットの話が出ていないので、ここで脱線して今まで実家で飼っていたペットに関して少しだけ触れてみようと思います。我が家のペット遍歴は完全にイヌ派。最初のペットとの出会いは母方の祖父母の家でした。

番犬として飼っていた洋犬系雑種の2頭の大型犬がイヌとのファーストコンタクト。2頭とも比較的穏やかな性格だったので、吠えられたりすることも無く、多分そのせいもあってイヌに対する恐怖心なく育つことが出来たのかな思います。

自分の家でペットを飼い始めたのは小学校3年生の時。転校先の茨城で柴犬を飼ったのが最初になります。両親が日本犬好きでしたのでその後も2代続けて柴犬(3代目は柴系の雑種)で名前も「コロ」でした。我が家では区別するため1コロ、2コロ、3コロと呼んでおります(笑)。

3頭ともなかなか賢い子でしたが、1コロ、2コロは春先に脱走したまま戻ってくること無く、3コロは散歩中に事故に遭ってしまいました。思い出すと切ないですね・・・。その後大学で子犬をもらえることになり、ラブラドール系の雑種を飼うことになりました。

4代目のこの子(初の女の子でした)はコロではなく巴(ともえ)と名付け初の室内飼いに挑戦しました。ラブラドール系のおかげか、においもほとんど無く、とても素直で飼いやすい子でした。10年近く元気に過ごしたのですが、ガンで天に召されてしまいました。

つい最近まで飼っていたのが柴犬の女の子・凜(りん)です。この子はとても臆病で、巴と違い、家族以外の人にはかなり警戒モードな子でした。病院に連れて行くのも大変だった記憶が・・・。長生きして欲しいなぁと思っていたのですが昨年の秋に白血病で急死してしまいました。まだ6歳でしたのでかなりへこみましたねぇ。

その後今のところはペットのいない生活です。いずれ折を見てと思っていますが、その時は久々に「コロ」と名付けようかなと思っています。

イヌ派…イヌ派、といいつつデパートに行くとペット売場でネコを愛で、朝のBSで世界ネコ歩きminiを放映しているときは必ずチェックしています。

洋犬系雑種…タイガーとベアという大型犬でした。祖父母の家が養鶏農家で開放的だったので必ず番犬が必要だったみたいです。

tomo
飼い犬4代目の巴の写真。毛がほわほわでぴんと立った耳がキュートでした。

pet01-1

文/中田健一

専門的なことはお答えできませんが何かゆるーくご質問・ご意見ありましたらPETomorrow編集部中田まで!このコラムでお答えできるかもしれません。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が… (9.16)

  • ニュース

とにかく、口についたヨーグルトが気になる (9.16)

  • ニュース

こぐまみたいにコロコロ丸い、ポメラニアン3姉妹から目が離せない! (9.14)

こぐまカットのポメラニアン3姉妹8
  • ニュース

もうおもちゃに飽きたの?わがままペットに試したい二大対処法 (9.13)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る