TOP>ニュース > ファンは赤ちゃん。ピアノと歌で魅了する犬のマーキュリー

  • ニュース

ファンは赤ちゃん。ピアノと歌で魅了する犬のマーキュリー

ファンは赤ちゃん。ピアノと歌で魅了する犬のマーキュリー

キーボードを弾く猫や犬はいますが、バディー・マーキュリーも負けず劣らず、すごいピアノテクニックを披露してくれます。

昨年話題になった映画「ボヘミアン・ラプソディ」の主人公クイーンのボーカリスト「フレディー・マーキュリー」から名前をとった、ビーグルとバセットハウンドのミックス、バディ・マーキュリー。

アメリカのニューヨーク州ロングアイランドに住む彼の得意技はピアノを弾きながら歌うこと。

https://www.instagram.com/p/Bwt95SIHAGY/?utm_source=ig_web_copy_link

オーナーは彼にピアノを教えたわけでなく、独学で学んだと言います。二本足で立ち、両手で引く姿は彼のオリジナルスタイル。「垂れた耳を使って音を聞き分けているみたいだ」とオーナーは言います。

彼のファンの一人は「バディーのピアノと歌は私を癒し、歌詞はフランクシナトラを凌ぐほどだ」とべたぼれ。

現在バディーは専用のウェブサイト、YouTubeチャンネル、インスタグラム、フェイスブック、ツイッターを持ち、動画がアップされているYouTubeチャンネルの登録数は1.2万人以上。

ときどき、オーナーの娘がバディーを応援したり、バックダンサーとして参加したり、2人のコンビも見ものです。

彼のアルバムもリリースされ、iTunesやAmazonで購入可能。もともと、シェルターから引き取られたバディー。オーナーは「少しでも飼い主がいない動物たちの手助けができれば」という思いがあり、売り上げの50%はシェルターに寄付しているとのこと。

iTunesでの音楽ジャンルはブルース。バディーの魂の歌や独特の間合は心地よく、私たちを癒してくれます。

ぜひ、一度彼のチャンネルを覗いてみてください。

DEBUT ALBUM plus NEW SINGLE!

https://buddymercury.com/pages/itunes-album

文/舟津カナ

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る