TOP>ニュース > 犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける?

  • ニュース

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける?

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける?

犬笛を使っている飼い主さんって、どのくらいいらっしゃるのだろう?

筆者は愛犬に犬笛を使っていた。

あるものすごく風の強い日のこと、愛犬を呼んでも風の音が強すぎて筆者の声が届かない。

もともと声が大きいほうでもないし。

「これは何かあった時には困る」と思い、早速に始めたのが犬笛でのトレーニングであった。

「ピーーピィ」は「そこで止まれ」、「ピピーー」は「おいで」なんてやっているうちに、愛犬は犬笛をよく覚えてくれて、声のコマンドに比べて犬笛のほうにより反応するようにもなり、筆者にとっても楽しかったものだ。

そもそも、犬は周囲が雑音でうるさい環境にあっても自分の名前がわかるものなのだろうか?というようなことを研究する人たちもいるわけで。

人間の幼児の場合、言語学習がまだ十分ではないので、周囲にかなり雑音があると自分の名前を聞き取るのも少々難しくなるという。

何人かの話し声をミックスさせて雑音状態した中で犬の名前呼ぶという実験によると、犬はかなりの雑音環境にあっても自分の名前を聞き分けたそうだ(*1)。

その能力としては、少なくとも1歳児よりは上。こと爆発物探知犬や救助犬など、いわゆるサービスドッグは一般の家庭犬よりもよく反応するらしい。それは日頃トレーニングを積み重ねているせいでもあるのだろうが。

ということは、それほど雑音のない環境で犬の名前を呼んでも反応しなかった時は、まだ自分の名前を覚えていないのか、聞こえていないのか、他にもっと興味そそられるものがあるのか。それとも聞こえていないふりをしているのか?笑

ところで、近年、アメリカでは犬笛「dog whistle」という言葉が度々政治関連の話題で使われるようになっているとか。

それは、主張や演説などにおいて、「一部の人には聞こえているが、他の人には聞こえていない(届かない)」という皮肉を込めた意味で使われているようである。

犬の場合は、人には聞こえないようなことにも耳を傾けてくれるし、聞こうとしてくれるのだけどね。翻って、人間は、犬たちの声を聞こうとしているだろうか?

参考資料:

(*1)The cocktail party effect in the domestic dog (Canis familiaris) / Mallikarjun、A、Shroads、E&Newman、RS Anim Cogn(2019)22:423。https://doi.org/10.1007/s10071-019-01255-4

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

DIME11月号の特別付録「デジタル計量スプーン」でペットフードを測ってみた。 (9.17)

  • ニュース

死んだらと想像しただけで、本気で涙が出る【虹の橋を渡る日まで】 (9.17)

  • ニュース

必ず訪れるペットとの別れ。【犬が死んだ朝 傑作選】 (9.17)

  • ニュース

超画期的!ピザの宅配ボックスにチラシを貼って迷子犬猫探し (9.16)

  • ニュース

犬「あのー青いインコを探してまして」 (9.15)

  • ニュース

シニアペットの健康を考える。わかってあげようペットの心の健康 (9.14)

  • ニュース

意外と知らない忠犬ハチ公の最期 (9.13)

  • ニュース

犬は魔を見抜く?人に化けた妖怪を見破ってきた犬の功績 (9.11)

もっと見る

注目のグッズ

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る