TOP>ニュース > 犬は雑音の中でも「自分の名前」を聞き分ける?

  • ニュース

犬は雑音の中でも「自分の名前」を聞き分ける?

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける?

犬笛を使っている飼い主さんって、どのくらいいらっしゃるのだろう?

筆者は愛犬に犬笛を使っていた。

あるものすごく風の強い日のこと、愛犬を呼んでも風の音が強すぎて筆者の声が届かない。

もともと声が大きいほうでもないし。

「これは何かあった時には困る」と思い、早速に始めたのが犬笛でのトレーニングであった。

「ピーーピィ」は「そこで止まれ」、「ピピーー」は「おいで」なんてやっているうちに、愛犬は犬笛をよく覚えてくれて、声のコマンドに比べて犬笛のほうにより反応するようにもなり、筆者にとっても楽しかったものだ。

そもそも、犬は周囲が雑音でうるさい環境にあっても自分の名前がわかるものなのだろうか?というようなことを研究する人たちもいるわけで。

人間の幼児の場合、言語学習がまだ十分ではないので、周囲にかなり雑音があると自分の名前を聞き取るのも少々難しくなるという。

何人かの話し声をミックスさせて雑音状態した中で犬の名前呼ぶという実験によると、犬はかなりの雑音環境にあっても自分の名前を聞き分けたそうだ(*1)。

その能力としては、少なくとも1歳児よりは上。こと爆発物探知犬や救助犬など、いわゆるサービスドッグは一般の家庭犬よりもよく反応するらしい。それは日頃トレーニングを積み重ねているせいでもあるのだろうが。

ということは、それほど雑音のない環境で犬の名前を呼んでも反応しなかった時は、まだ自分の名前を覚えていないのか、聞こえていないのか、他にもっと興味そそられるものがあるのか。それとも聞こえていないふりをしているのか?笑

ところで、近年、アメリカでは犬笛「dog whistle」という言葉が度々政治関連の話題で使われるようになっているとか。

それは、主張や演説などにおいて、「一部の人には聞こえているが、他の人には聞こえていない(届かない)」という皮肉を込めた意味で使われているようである。

犬の場合は、人には聞こえないようなことにも耳を傾けてくれるし、聞こうとしてくれるのだけどね。翻って、人間は、犬たちの声を聞こうとしているだろうか?

参考資料:

(*1)The cocktail party effect in the domestic dog (Canis familiaris) / Mallikarjun、A、Shroads、E&Newman、RS Anim Cogn(2019)22:423。https://doi.org/10.1007/s10071-019-01255-4

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

「犬用ケーキ」通販&手作りレシピまとめ♪誕生日やうちの子記念に (9.28)

  • ニュース

犬は雑音の中でも「自分の名前」を聞き分ける? (9.28)

  • ニュース

2021年の「動物愛護週間」はインスタライブやオンラインでの施設見学会、健康・しつけ相談を... (9.27)

  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る