TOP>ニュース > 犬用の生食フードの安全性は? 有害バクテリアの危険性を訴える研究報告も

  • ニュース

犬用の生食フードの安全性は? 有害バクテリアの危険性を訴える研究報告も

犬用の生食フードの安全性は? 有害バクテリアの危険性を訴える研究報告も

みなさんは愛犬にどんなごはんを食べさせているだろう? ドッグフード?手作り?それとも生食?

筆者の場合は、犬にとって危険でない限り、いろいろな物を愛犬に食べさせてきた。基本は手作りで、ドッグフードを使うとしてもトッピング程度だが、時間がない時や気分、その時の状況によってドッグフードオンリーの時もあれば、まったく使わないこともある。

そうなったきっかけは、愛犬がある病気で手術・入院をしたことと、あるメーカーのドッグフードを食べさせるとなぜか下痢になることだった。

入院中、動物病院で出されたフードは一切口をつけず、食欲もほとんどなくなってかなり危ない状態になった愛犬を目の前に、「こうなったら何でもいいから少しでも口にしそうな物を食べさせてください」と獣医師。点滴もしていたが、やはり食べ物から摂る栄養のほうがいい。それからは、それこそ手を替え品を替えの状態である。

その後、おかげ様で愛犬は健康を取り戻したが、以来、「この範囲の物しか食べられないというのじゃ何かあった時に困る。何でも食べられるようにしておかないと」と思うようになったのである。

そして、下痢をするフードにいたっては自分で試食をしてみたところ、その味ときたら…とにかく甘い! こんなに甘かったら下痢をするわけだ。以来、ドッグフードも自分で試食したものしか与えないし、メーカーや種類を固定することもしない。

そういう中で、生の食材を使うこともそれなりにあった。と言っても、筆者の場合は生のまま使うのはマグロのような魚類で、あとは軽くミディアム状態にするのだが。それに、使う食材はすべて人間用のものである。

昨今では生食をメインとしたごはんを与えている飼い主さんもおり、これまでの取材の中でも生食に替えてからひどかったアレルギー症状が改善されたなど、その効果について話を聞くことは珍しくない。

英語では「raw food」とか「raw meat diet」などと言われ、

・生肉である分、消化しやすい

・火を通さないので、ビタミンや酵素が破壊されにくい

といったメリットがある。

犬が野生で生きていたら…と考えると、生食は確かに理に適う。しかし、一方でデメリットもあるのは事実だ。

・冷凍やフリーズドライのタイプもあるが、そうでない場合、常に新鮮な食材を用意しなければならない

・細菌類や寄生虫の感染

などである。

犬用の生食フードとして市販されている物には、牛・鶏・羊・馬・鹿・鴨・七面鳥・トナカイ・サーモンなどの肉があるが、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、イギリス、ドイツで製造された生食フードを調査したところ、サルモネラやカンピロバクターなどの有害な細菌類が高レベルで見つかったという研究報告が3月の始めにあった。

その研究者らは、「特に子どもや高齢者、病気で抵抗力が低下している人がいる家庭では、犬に生食を与えることは推奨しない。もし、扱うのであれば、十分に注意するように」と言っている(*1, 2, 3)。

もっとも、それらの製品が日本にも入ってきているかどうかはわからない。日本国内で市販されているものは安全性が高いと信じたいが、いずれにしても、人間用の食材を使用するならともかく、犬に生食製品を与えるのであれば、

・人間と犬と、調理器具は別にする

・生ものを扱った後は調理器具を十分洗浄する

・人間用と犬用と、食材の保管場所を分ける

など注意したほうがよさそうだ。

その他、トキソプラズマや有鉤条虫などの感染が懸念されるので、生の豚肉は与えないようにもご注意を。(ただし、マイナス5℃で4日間、マイナス15℃で3日間、マイナス24℃で1日冷凍すると幼虫を死滅させることができるそう/*4)

参考資料:

(*1)Occurrence of Salmonella, Campylobacter, Clostridium and Enterobacteriaceae in raw meat-based diet for dogs (2019) / J. Hellgren, I. Hansson.et al. / BMJ Journals, Doi: http://dx.doi.org/10.1136/vr.105199

(*2)Dogs’ raw meat diet could be dangerous to them and owners, study says / CNN, March 4, 2019

(*3)BMJ. “High levels of potentially harmful bacteria found in raw meat dog food products: study: Particular issue for infants, the elderly, and animals and people with poor immunity, warn researchers.” ScienceDaily. ScienceDaily, 4 March 2019. www.sciencedaily.com/releases/2019/03/190304195236.htm

(*4)食品の寄生虫_肉を介するもの_有鉤条虫/食品衛生の窓、東京都福祉保健局

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬よりも「人間のヒゲ」のほうが汚い…? (9.26)

  • ニュース

一匹の猫に何個の「リターボックス」が必要になる? (9.25)

  • ニュース

「自分を犬だと思ってない犬」が、鏡に映る自分を見た時の表情がこちら! (9.22)

  • ニュース

HUNTERからこだわりのペットアイテムがリリース! (9.20)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る