TOP>ニュース > 今年も「インターペット」開催!ペットと一緒に楽しみ学ぶ3日間

  • ニュース

今年も「インターペット」開催!ペットと一緒に楽しみ学ぶ3日間

今年も「インターペット」開催!ペットと一緒に楽しみ学ぶ3日間

インターペット~人とペットの豊かな暮らしフェア~が3月28日~3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。2019年で9回目の開催を迎える、ペットと一緒に楽しめるライフスタイル型のペットイベントで、ビジネス、一般それぞれの来場者にアプローチできる、人気の展示会です。

2011年からスタートして9回目となる今年は出店社も増え、イベント会場を拡大しました。昨年の来場者は前年比10%アップの41066人と、日本最大のペット業界向け国際見本市です。今回の特徴として、猫とアクアと小動物ゾーンが充実していました。


猫のおもちゃひとつとっても、バラエティー豊かで目移りしました

会場にはステージが設置され、ペットの高齢化に関する講演会や、ミニミニドッグショー、盲導犬のデモンストレーション、ペットの食事に関する講演会のほか、ペットウモロー連載でも人気の獣医師・兵頭哲夫先生が登場するペット何でも相談室などが開催されます。また、業界を担う未来の人材育成を目指して、子どもたちがトリミング体験できるコーナーや、キッズ獣医師体験なども人気のコーナーもありました。


個別企業のブースでも興味深いセミナーがたくさん

企業が独自に行う展示と並行して、インターペット独自の企画展も見どころのひとつ。今回は災害をテーマにした企画展示を行っています。全体の出展ゾーンは4つに分かれ、国内メーカーだけでなく海外からも珍しい商品が紹介されていました。会場では珍しい高級輸入フードを試したり、企業の担当者の説明を熱心に聞く、ペット連れの飼い主さんの姿が目立ちました。


JALではパイロットのコスチュームで撮影できるコーナーも

参加型イベントとして、会場内に設置されたスタンプラリーに参加するとマナーグッズなどがもらえる嬉しい企画も。また、毎回行っている犬の笑顔コンテストや、犬種(プードル&ドゥードル・ ポメラニアン・シーズー・ミニチュアピンシャー)ごとの撮影会を待ち望んでいた飼い主さんもいました。


ペットと来場する参加者のために、トイレコーナーも充実

今年は一つ会場が増えて、全体を見るために歩くとかなり長い距離となります。そこで、歩いた分だけご褒美がもらえる「万歩チャレンジ」も開催。当時、万歩計やスマホアプリで歩数を提示すると、オリジナル迷子札やエコバックなどプレゼントがもらえるユニークな新企画が登場しました。一日楽しんで、学べるペットイベント。次回は東京オリンピックの影響で、場所を変えて開催予定です。

文/柿川鮎子、撮影/木村圭司

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る