TOP>ニュース > 人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説

  • ニュース

人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説

人面犬ブームとは何だったのか…もう一度振り返りたいあの頃の都市伝説

口裂け女。ミミズバーガー。モスマン。

巷には昔から、数多くの都市伝説がひしめいていますよね。

その真偽はさておき、話として面白いものが多いのが都市伝説の特徴なのですが、それら多数の都市伝説の中には、かつて日本中で話題になったものもありました。

人面犬騒動。みなさんはおぼえていますでしょうか?

日本における都市伝説の黎明期にトレンドになり、テレビではワイドショーなどでしばしば特集を組んでまで報道されていた、人面犬。

今現在、過去のその喧騒が嘘だったかのように、人面犬が省みられることはなくなりました。

今回は、かつての噂を振り返りつつ、人面犬にまつわるちょっとしたお話をしたいと思います。

人面犬、その目撃例を振り返る

本題に入る前にまず、人面犬のおおまかな特徴を復習してみましょうか。

その名の通り人面犬は、犬の体に人の顔をした生き物だったとされています。人の言葉を理解し、実際に発話をすることもできたという話も……。

日本では80年代の終わりから、90年代初頭にかけて噂が蔓延し、前述のようにテレビでも特集されることがしばしばあったものです。

時代は好景気でバブルが弾ける少し前でしたから、こういう娯楽にも需要があったんでしょうね。

しまいにはその亜種として、人面鯉騒動なんてのも大真面目に報道されていました。たまたま額の模様が人の顔っぽいだけのただの錦鯉がその正体でしたが。

今となってはあの喧騒も、遠い昔のことみたいですが(笑)。

さて、そんな人面犬には多数の目撃情報があります。

ある人は、深夜の高速道路で、車より早く走る人面犬に遭遇したといいます。恐ろしいことに、こうして人面犬に追い抜かされた車両は、遠からず事故を起こしたのだとか。

また別のある人は、都内の繁華街でごみをあさっている人面犬に遭遇し話しかけたところ「ほっといてくれ」と返事をされたということです。

こちらの人面犬は高速道路に出没する個体よりも、いささか哀愁が漂っていて同情の余地がありますね。

顔立ちについては、おおむね中年の男性のものだとされていました。

となると非常に不気味な生き物だということになりますが、当然その実在を示す証拠となる写真も映像も存在していません。まあ、都市伝説ってそうものですからね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬よりも人間のヒゲのほうが汚い…? (4.25)

  • ニュース

全盲になったゴールデンレトリバー。後輩が盲導犬代わりに (4.25)

  • ニュース

良い飼い主さんが良い獣医師をつくるという教え (4.24)

  • ニュース

ペットの安楽死。決断する前に最善を尽くしたかよく考えるべき (4.21)

  • ニュース

愛犬の体重も測れる!DIME6月号の特別付録は「デジタルラゲージスケール」 (4.20)

  • ニュース

一頭が高齢で亡くなり、残されたもう一頭の心のケアをしてあげたい。どうすればよいか? (4.19)

  • ニュース

営利目的の無理な繁殖「パピーミル」の実態 (4.19)

  • ニュース

思わず、涙。最高の癒しの絵本「ずっと いっしょ」が登場 (4.18)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る