TOP>ニュース > 飼い主が亡くなった翌朝に一緒に旅立った愛犬の話

  • ニュース

飼い主が亡くなった翌朝に一緒に旅立った愛犬の話

飼い主が亡くなった翌朝に一緒に旅立った愛犬の話

ペットと一緒に暮らしていると、しばしば不思議な出来事に遭遇することがあります。

筆者が子供の頃、祖母にねだって屋台で100円のひよこを買ってもらったのですが、ひよこと言ってもその可愛らしい姿でいる時間はほんの一瞬。

すぐに立派な雄鶏に成長したので、庭先に鶏小屋を作ってもらい、そこで飼育していました。

ひよこの頃から育てていたため、小屋から出してもずっと後ろを付いてくるほど懐いていたのですが、あるときその小屋を施錠し忘れてしまい、鶏が庭に出てしまいました。

すると、近所の野良猫が目ざとくそれを発見してしまい、鶏と野良猫の追いかけっことなりました。

筆者は慌てて外に飛び出して救助に向かったのですが間に合わず、鶏は山の中に逃げてしまい、猫もそれを追う形で姿を消してしまいました。

そしてそれきり、行方知れずのまま……かと思えばさにあらず。

意気消沈して家にもどると、何故か庭の鶏小屋に戻っている鶏。しかも小屋はしっかりと施錠されています。

家族に尋ねても「最初から小屋にいた」の一点張り。まさか自力で戻ってきて、自分で施錠するわけもなく。野良猫が連れ戻して施錠してくれるはずもなく。

あれほど意味の分からない出来事は、以来経験していません。

とまあ、筆者が経験した話はただ不思議というだけなのですが、世の中には不思議かつ感動する話もあります。

そのうちの一つを紹介いたしましょう。

最愛の飼い主に旅立たれた老犬が…

これは先日たまたま聞いた話なのですが、知り合いのお母さまが昨年の夏頃に老衰で亡くなったそうです。

いわゆる大往生で、これ以上ない良い最期。

お通夜でも故人の生前の思い出話で盛り上がり、あまり悲しい雰囲気は感じられなかったのだとか。

さて、このお通夜の晩に、駆けつけた親族たちの胸を打つ光景があったのです。
亡くなったお母さまは大変な愛犬家で、若い頃から色んな犬種を育てていたという話ですが、最後のパートナーとなったのは、ラブラドールレトリバーでした。
この犬はその当時既に老犬で、飼い主とともにゆっくりゆっくり散歩をするのが日課だったそうです。

その老犬が、ご遺体を寝かせている布団から離れず、故人にずっと寄り添っていたのでした。
親族の間でも「一緒にいたいんだね、そのままにしておいてあげようか」という話になったのは当然の配慮でしょう。

結局そのまま消灯の時間となり、ろうそくの火の見張りをする役目を担った親族の一人を残して、みんなは翌日早くからの葬儀に備えて寝入ってしまいました。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もし死んであいつに会えるのならば、今すぐ死んでしまいたい【犬が死んだ朝】 (6.23)

  • ニュース

~天国の愛犬からの手紙~ ずっとあなたを守るから。 (6.22)

  • ニュース

知ってる?裁判所で活躍するコートハウス・ファシリティ・ドッグ (6.21)

  • ニュース

「もしも犬がズボンを履くとしたら…」あなたの意見はどっち? (6.20)

  • ニュース

柴犬まるが日本のペット代表としてハリウッドデビュー! (6.19)

  • ニュース

腹持ち抜群!ポテトの春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.19)

  • ニュース

実話。柴犬・春馬のおかげで、塞ぎ込んでいたばぁちゃんが笑顔になった (6.19)

  • ニュース

犬猫と飼い主の昔と今。それぞれの成長と絆がわかる画像18選 (6.18)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る