TOP>ニュース > 犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設

  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設

大阪市の健康局健康推進部生活衛生課が、動物虐待ホットラインを設置します。今年八月から、祝日を除く毎週月曜日から金曜日まで、動物虐待に関する電話相談を受け付けます。

大阪市では「犬猫の理由なき殺処分ゼロに向けた行動計画」を策定しており、犬猫の殺処分頭数の削減を目指して、学校教育など、さまざまな動物愛護活動を実施してきました。今回の相談窓口の解説も、そうした活動の一環として、新たに開設するものです。


経営破綻したペットショップの倉庫から発見された犬たち

特に「動物虐待ホットライン」として、動物に関する相談窓口を一元化することで、動物虐待の疑い事案を掘り起こすことが狙いです。また、相談から、動物虐待の早期発見や、飼い主に対する飼育改善の指導も行ないます。

報道関係向けの資料では「この取組みを進めることで、動物虐待は犯罪であるとの再認識を市民に対して促し、動物虐待の未然防止を図ります」としており、全国からその活動が注目されています。

ホットラインでは、動物虐待に関する電話相談対応を主体に、関係機関との連絡調整も行う予定です。開始は今年八月一日。動物愛護管理行政を経験し、動物虐待に関する専門知識のある人材を相談員として配置する予定です。

大阪市の吉村洋文市長は17日、Twitterで「動物虐待ホットライン、平成31年度の新規事業として実施します。イメージは「アニマルポリス」です。警察ではないので、「ポリス」の名称は使えませんが、警察等他の機関とも連携としてやっていきます。全国であまり例はなく、どこまでいけるか未知数もありますが、まずは第一歩を踏み出します」とつぶやきました。行政のこうした電話相談窓口の設置で、不幸なペットが一頭でも減って欲しいもの。大阪の事例を基に、全国に広まってほしい案件です。

文/柿川鮎子

 

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もし死んであいつに会えるのならば、今すぐ死んでしまいたい【犬が死んだ朝】 (6.23)

  • ニュース

~天国の愛犬からの手紙~ ずっとあなたを守るから。 (6.22)

  • ニュース

知ってる?裁判所で活躍するコートハウス・ファシリティ・ドッグ (6.21)

  • ニュース

「もしも犬がズボンを履くとしたら…」あなたの意見はどっち? (6.20)

  • ニュース

柴犬まるが日本のペット代表としてハリウッドデビュー! (6.19)

  • ニュース

腹持ち抜群!ポテトの春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.19)

  • ニュース

実話。柴犬・春馬のおかげで、塞ぎ込んでいたばぁちゃんが笑顔になった (6.19)

  • ニュース

犬猫と飼い主の昔と今。それぞれの成長と絆がわかる画像18選 (6.18)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る