TOP>ニュース > なぜ、人は犬や猫と一緒に暮らすのか?

  • ニュース

なぜ、人は犬や猫と一緒に暮らすのか?

なぜ、人は犬や猫と一緒に暮らすのか?【兵藤哲夫の徒然日記】

人は犬や猫、ハムスターやウサギなどの小動物から小鳥、爬虫類まで、さまざまな生き物をペットとして飼育しています。かつては番犬、猟犬として人間の安全や狩りの役に立つという理由から犬を飼育していました。猫は主にネズミ駆除の目的で飼われていました。人々の生活が豊かになるにつれ、ペットは使役ではなく、家族の一員として大切に飼育されるようになりました。

犬や猫を飼っていれば、当然、食餌の世話、排せつ物の始末をしなければなりません。猫にとって快適な室温を保ったり、犬ならば、暑くても寒くても、毎日必ず散歩に連れ出さなければなりません。そうやって、一生涯、面倒をみるのが飼い主の役目です。終生飼養は法律で定められている、飼い主の義務のひとつです。

お金も必要です。ペットフード、用品、おやつ、シャンプー・カットなどのほか、私ども動物医療に関するワクチン代、治療費もかかります。旅行に行く時はペットシッターやホテルを利用することもあるでしょう。最近の保険会社の統計によると、都心部で年間の飼育費用は約2~30万円という数字が紹介されていました。

お金もかかるし、労力も必要なのに、なぜ、人はペットを飼うのでしょう。それは、お金には変えられないものを得る事ができるから、です。“犬のいない天国は天国ではない”という、ことわざがありますが、一度でも犬を飼えば、なるほど実感が湧きます。

よく、「ペットを飼うと、どうして楽しいのでしょう」と聞かれることがあります。私はこう答えています。「山でキャンプをしたり、海辺で遊んだり、自然の中で遊ぶ時に感じる喜びをペットから感じることができるから」だと。森林浴の清々しさ、さらさらと海岸に寄せる波に足を浸した時の気持ち良さ。これはすなわち自然を肌で味わえる快感です。犬はただ側にいるだけで、私たちにそうした自然の快感を味あわせてくれるのです。

自然と接する時、人は身構えたり恰好をつけたりしません。あるがままの本来の姿に帰って自然と戯れます。子供の様に無邪気になったり、寡黙になったりして、自然を享受します。人はあるがままの姿で、自然に接するはずです。自然の前では肩書きや人間社会で被っていたものは関係ありません。あるがままの心で、自然を堪能するはずです。

動物と接する時も同じです。ペットはあなたが社長さんだから媚びる訳では無いですし、美人であったりイケメンだから、寄ってくるものでもありません。あなたが好きだから、あなたと遊びたいから、あなたがくれるご飯が美味しいから寄ってくるのです。私は超能力者ではありませんが、ペットに二心は無いと断言できます。

ペットからの純粋な気持ちに応えてやろうとしない人や、それを嬉しいと感じない人はいないでしょう。人間だって動物です。本来はペットと同じ本能と感覚を持って生きています。でも、厳しい人間社会ではそんな自然なあなたを表現する場も少ないですし、動物的本能ばかり出していたら、社会から淘汰されたり搾取されてしまう。あるがままにペットと接することで、自然と触れ合う時と同様に、心がリセットできるのです。

ペットを飼うというのは自然の良いモノをたくさん貰えるのと同じことです。そして、自分自身の置かれている位置を感じさせてくれて、自然なあなたを取り戻すことなのです。ペットを飼うことは、全ての出来事を寛大にすることなのです。そして、側に居るだけで癒されていることを実感するはずです。

ペットが飼い主に与える一番の「宝物」は愛情だと、私は思います。現代社会では得難い無償の愛情というものをもたらしてくれます。私自身、家に帰って、あれほど全身で喜んで迎えてくれるのはペットだけです。まあ、家族も心では、多少なりとも嬉しく思ってくれているかもしれませんが。

ペットを飼うことはお金には換えられない素晴らしさをもたらしてくれます。人間社会では得られないモノの詰まった宝箱と言っても良いでしょう。だからこそ一人でも多くの人にペットと暮らして欲しいと主張したいのです。

兵藤動物病院 兵藤哲夫
麻布大学獣医学科卒業後、1963年横浜市にて兵藤動物病院を開設。ヒョウドウアニマルケア代表として公益社団法人日本動物福祉協会理事、横浜市獣医師会理事などを歴任。TBSラジオこども電話相談室の回答者などをつとめた。

文・編集/柿川鮎子

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

犬の虐待を防ぐ!大阪市が虐待の電話相談窓口を開設 (2.20)

  • ニュース

映画「PET2」の最新映像がついに解禁!! (2.19)

  • ニュース

山道を行く人にぴったり付き添う妖怪「送り犬」の謎 (2.19)

  • ニュース

「犬の散歩を禁止」している国ってどこ? (2.18)

  • ニュース

一番最初に人間に名前をあたえられた犬って? (2.17)

  • ニュース

ペットの虐待を見つけたらどうしたらいい? (2.16)

  • ニュース

年をとって、寝ていることが多い…シニア犬は運動したほうがいい? (2.14)

  • ニュース

アテネオリンピック前に実施された「野犬保護プロジェクト」 (2.13)

もっと見る

注目のグッズ

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

豆柴のまう助がひょっこり「こんにちは」! 日常使いにぴったりのトートが登場

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る