TOP>ニュース > 雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」

  • ニュース

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」

雪道で炎症する犬の肉球。冬に実践すべき「しもやけ対策」

今年はあまり雪が多くないという話ですが、冬である以上、北国ではどうしても雪が積もってしまうことはありますよね。

屋外が一面雪景色というのは風流なものですけど、その雪景色に毎日打って出るとなると、あらかじめ防寒着を着込んだり、手袋を装着したり、長靴を履いたりしなければならず、結構億劫です。

これをしないで外出すると寒さで風邪を引いてしまうことになるでしょうし、手足がしもやけになって痛い思いをするかもれません。

人間は体毛が少ない動物なので、とにかく暖かくして外出することは、欠かせない工夫です。

ただし、真冬にあっては体毛がしっかりと生え揃っている動物であっても、しもやけリスクに直面しなければいけない場合もあります。

たとえば犬。

雪の降り積もる地域での毎日の散歩の際には、しばしば脚の先がしもやけになってしまう犬を見かけることもあります。

こうなってしまうと犬にとっても辛い状況になってしまいますが、しもやけ自体は飼い主の少しの努力で防ぐことが可能です。

今回は愛犬を、冬場の散歩で生じるしもやけリスクから遠ざけるための手段について紹介していきましょう。

犬は人間に比べて脚先も丈夫!だけどしもやけになる場合もあるので靴を用意しよう!

人間と違って、犬の脚先はとても頑丈です。

しっかりとした太い爪もあり、程よい弾力のある肉球を有していますので、どんな荒れた地面でも踏破することはできます。

ただし、雪道はどうかといえば、これは犬種によって向き、不向きが大きく分かれます。

元々降雪地帯で生まれ育ったような犬種であれば、日本の雪道を散歩するぐらいではほとんどしもやけになったりすることもないでしょう。

しかし、暖かい気候の地方を原産とする犬の場合はそうもいきません。

冷たい雪の上を歩いているうちに、徐々に寒さに蝕まれてしまうことは、十分に考えられますし、実際しもやけになってしまう犬もいます。

こういう事態を防ぐために、一番メジャーでポピュラーな対策が、散歩の際に靴を履かせるという方法でしょう。

特に滑り止めのついたゴム製の靴であれば、犬も散歩中に歩行に違和感をおぼえることは、そうそうありません。

もちろん、最初は嫌がって歩こうとしない場合もあるかもしれませんが、徐々に慣れてもらうように、気長に構えましょう。

筆者の知人の話なのですが、冬に備えて、秋口ぐらいから愛犬に靴を履かせて慣れさせているようです。
どうしても、いざ雪が降ってから慌てて靴を履かせようとしても、上手くいかない場合も多いのだとか……。

早め早めの対策が大事、ということですね。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

どのタイプの首輪が愛犬にいいの?犬の首輪の選び方 (10.25)

  • ニュース

え!?一瞬目を疑う仰天犬猫写真10選 (10.24)

  • ニュース

意外な盲点!?愛犬のためのタイヤ選び (10.24)

  • ニュース

燃え尽きたぜ…階段の途中で力尽きたコーギー (10.24)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

お待たせ。「俺、つしま」グッズ大特集!

ヘビロテ確定。「俺、つしま」のTシャツが登場!

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る