TOP>ニュース > 崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア

  • ニュース

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア

崩壊した繁殖場から保護された奇跡の犬 マリア
【保護犬マリアのわんダフルライフ】

この物語は、山奥の崩壊した繁殖場から奇跡的に保護された1頭の小さなラブラドールレトリーバーが、絶望の日々から希望に満ちた日々へと幸せをつかむまでの“一夜にしてわんダフルライフ”なシンデレラ・ストーリーです。

『向日葵の花飾りに込められた希望』

2007年9月28日。もうすぐ10月だというのに、東京の気温が最高32度を記録したその日の夜、2頭のラブラドールレトリーバーが、鹿児島発のJAL最終便で東京羽田空港に到着しました。

ラブラドールの1頭はブラックラブ、もう1頭はイエローラブ。鹿児島の山中にある、崩壊した繁殖場で短い鎖につながれたまま放置され、満足に食事を与えられず、世話をしてもらえなかった、劣悪な環境で育った多くの犬たちの中の姉妹です。もちろん、繁殖場では名前などありません。けれども、姉のブラックラブにはランプ、妹のイエローラブにはエクルという名前がつけられていました。


崩壊した繁殖場    


屋根も日陰もない荒れ果てた繁殖場

なぜなら、およそ8カ月間、たった2人で山中に入り、放棄されたたくさんの犬たちの世話をしていた30代の主婦の方と20代の女性のボランティアさんが1頭1頭に愛情を込めて名前を付けてくれたからです。そうして、もしかしたらそのまま餓死し、病気で死んでしまったかもしれない悲しい運命の犬たちの面倒を見続けてくれたのでした。


短い鎖につながれたゴールデンレトリーバー

2頭のラブラドールは多くの人たちの支援もあって、第二の犬生を送るべく、Oさんという、鹿児島の不幸なわんこたちを受け入れてきた、東京のボランティアの元へ旅立ったのです。鹿児島のボランティアの人たちの負担が少しでも減るようにと、東京のボランティアの人たちが有休をとり、わざわざ鹿児島へ飛行機で飛び、帰路に犬たちを搭乗客の手荷物扱いにして羽田にとんぼ帰りしたそうです。本当に頭が下がります。


いよいよ鹿児島を出発する朝がきました


鹿児島空港から運命のフライト

鹿児島のボランティアが発信しているその日のブログにはこう記されていました。

『JALさんに貸していただいたバリケンへ1頭ずつ入れながら最後に頭を撫(な)で、今までありがとうね。と言葉を添えてケージの扉を閉めました。手荷物カウンターに預けた時、私たち幸せになるからねと、わんわん言っていました』。


ボランテイアさんに連れられ空港へ


「これまでありがとう、きっと幸せになるからね」

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る