TOP>ニュース > シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ!

  • ニュース

シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ!

シニア犬は後ろ脚を鍛えるべしっ!【いぬのはてな】

犬は年をとると、どうしても後ろ脚から弱ってきます。歩く時だけでなく、立ち上がる時も踏ん張りが効かなくなるので、住空間にもさまざまな工夫が必要です。

弱ってくる前に後ろ脚を鍛えよう!

完全に後ろ脚が立たなくなる前に、後ろ脚を簡単なスクワットで鍛えましょう。オスワリしては立つ、オスワリしては立つを繰り返すのですが、ゆっくり座ることで筋力を鍛えます。そのため、「オスワリ」と言うのではなく、おやつを鼻の先に持っていって匂いをかがせ、そのまま頭の上に持っていって座らせましょう。犬がつられて、ヨイショッとオスワリしたら成功。そこでごほうびをあげたいところですが、犬は非常に賢いので、オスワリしたらおやつがもらえると思って、だんだんサッと座るようになります。これではコマンドは理解していても筋力を鍛えられないので、5回できたらおやつというように、何回か成功したらごほうびを与えるといいでしょう。

坂道を登ろう

シニアになると、だんだん階段を登るのを嫌がるようになり、坂道もお散歩コースからなくなっていきます。階段は難易度が高いかもしれませんが、坂道は傾斜の角度や長さを選べるので、犬の体力に合わせて、散歩コースに坂道を取り入れてみましょう。コンクリートの坂道よりも土や枯れ葉のあるところや芝生の坂道のほうが、地面をしっかりホールドできるので足への負担が少なくなります。シニアになってから慌てて坂道を登るのではなく、若いうちから散歩コースに起伏のある道を取り入れるのがおすすめです。

家の中で靴下を履こう

スクワットや坂道でのお散歩など、毎日の生活に運動を取り入れるのもいいのですが、家の中で靴下を履かせるのもおすすめです。ちょっと違和感があるので、目に見えるほどではなくても、犬は足をいつもより高く上げて歩きます。すると、無意識のうちに足の運動になるのです。靴下を履かせたいけどすぐに脱げてしまうとお困りの方は、ずり落ちてこないように、足首のところに粘着式の包帯を巻いてみましょう。犬は足先を触られるのを嫌がるので、ちょっと触ってはおやつ、触ってはおやつとごほうびをあげて、足先を触られても大丈夫と思えるようにしてあげるといいですね。

シニア犬の後ろ脚の力をキープしようと思っても、一朝一夕ではできません。毎日少しずつトレーニングして鍛えましょう。関節や筋肉の痛みに気をつけて、無理させないようにしてください。

文/渡辺陽

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ノートに書かれた小さな小さな文字【犬が死んだ朝】 (5.20)

  • ニュース

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける? (5.19)

  • ニュース

早朝から公民館に繋がれていた迷い犬 (5.17)

  • ニュース

バナナ豆乳プリン【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.17)

  • ニュース

人類も見習うべき!ゴミを拾い集めるリサイクルが大好な犬 (5.16)

  • ニュース

動物虐待、獣医師が報告できるよう法改正 (5.14)

  • ニュース

ピンの脱走癖【ピンがいた日々】 (5.13)

  • ニュース

その正体は何か…?犬の姿をした精霊「バーゲスト」 (5.13)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る