TOP>ニュース > 江戸時代は犬が人に代わって「お伊勢参り」していた?

  • ニュース

江戸時代は犬が人に代わって「お伊勢参り」していた?

江戸時代は犬が人に代わって「お伊勢参り」していた?

犬と一緒に初詣に行こうとしたら、高齢の祖母に「神社のキツネは犬が嫌いだから、あなたは鳥居の中に入らないで、犬を連れて外で待っていて」と言われたことがあります。そんなものかと待っていたら、たくさんの犬がどんどん中に入っていくので、不思議に思い、神職の友人に聞いたことがあります。「神社に犬を連れて行ってはダメなの?」。

神職の友人は大笑いして、「あなたのおばあちゃんは、神様にとても気を使ってくれて、親切ないい人だね。きっとそういう人には、神様も幸運をもたらしてくれるわよ」と言ってくれました。「キツネは位の高い神様の眷属だから、飼い犬ぐらいではへっちゃらで、ペットの犬に驚いて祟るようなことはしないよ。でも、気になるなら外で待てばいいし、神様はそんなことぐらいじゃ、祟ったりしないよ」と言われたことがあります。「ただし、犬のフン害に困っている神社も多いから、侵入禁止と書かれていたらそれに従えばいい。何も書いてなかったら入ってもいいんだよ」と教えてくれてホッとしたことがあります。

「もし、神社に犬連れでダメだなんて言ってたら、江戸時代なんか、大変だよ。犬が人に代わってお伊勢様にお参りするのが流行ったんだから」と面白いエピソードを教えてくれました。

弥二さん喜多さんでおなじみの東海道中膝栗毛。彼らの行く先は伊勢神宮でした。お伊勢参りは江戸時代、娯楽の少ない庶民には大人気でした。なかなか外出が許されにくい商家のおかみさんも、「お伊勢に行きたい」と言えば、親戚一同で用意を整えるような、特別なイベントでした。


東海道中膝栗毛(十返舎一九)は江戸時代の大人気作品でした。

とはいえ、毎日仕事をしていたら、そう簡単にお伊勢さんに行くのは難しいのが現状です。そこで、愛犬を自分の代理にしてお伊勢参りをさせました。犬を代理にした最初の人は寛政2(1790)年、安房(今の千葉県)の庄屋の犬だったという記録が残されています。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ノートに書かれた小さな小さな文字【犬が死んだ朝】 (5.20)

  • ニュース

犬は雑音の中でも自分の名前を聞き分ける? (5.19)

  • ニュース

早朝から公民館に繋がれていた迷い犬 (5.17)

  • ニュース

バナナ豆乳プリン【わんこも食べれる簡単ごはん】 (5.17)

  • ニュース

人類も見習うべき!ゴミを拾い集めるリサイクルが大好な犬 (5.16)

  • ニュース

動物虐待、獣医師が報告できるよう法改正 (5.14)

  • ニュース

ピンの脱走癖【ピンがいた日々】 (5.13)

  • ニュース

その正体は何か…?犬の姿をした精霊「バーゲスト」 (5.13)

もっと見る

注目のグッズ

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

「い草」の香りと畳の心地よさが愛猫を虜にするキャットバスケット

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る