TOP>ニュース > 肥満犬は寿命が2年半も短いって本当?

  • ニュース

肥満犬は寿命が2年半も短いって本当?

肥満犬は寿命が2年半も短いって本当?

肥満は関節疾患や呼吸器疾患をはじめ、体のあちこちに影響を与え、健康にはよくないということは人も犬も同じである。

これまでも肥満もしくは過体重の犬ではQOLが下がるとか、ラブラドール・レトリーバーを対象にした給餌研究では、理想体重の犬と比べて寿命に1.8歳の差が出る(*1)などということは報告されていたが、今回新たに発表された調査報告は、それをさらに肯定する結果となっている。

リバプール大学(イギリス)とWALTHAM Centre for Pet Nutritionによる研究チームは、1994年から2015年までの約20年間にわたる5万787頭分の犬のデータを、「太り過ぎ」「適正体重」の2グループに分けて分析。

データは北アメリカのもので、避妊去勢手術された中年期(6歳半~8歳半)にあたる家庭犬であり、一般的な12犬種が対象となっている。その犬種は以下のとおり。

アメリカン・コッカー・スパニエル
ビーグル
ボクサー
チワワ
ダックスフンド
ジャーマン・シェパード・ドッグ
ゴールデン・レトリーバー
ラブラドール・レトリーバー
ピット・ブル・テリア タイプの犬
ポメラニアン
シー・ズー
ヨークシャー・テリア

結果としては、すべての犬種を通して「太り過ぎ」の犬は「適正体重」の犬に比べて生存率が低く、最大ではヨークシャー・テリアのオスで2歳半、最少ではジャーマン・シェパードのオスで0.4歳(約5ヶ月)の寿命差があったという(*2)。

また、「太り過ぎ」の影響による死亡の危険率は、ヨークシャー・テリアが2.86でもっとも高く、次いでダックスフンドの2.77、チワワが2.42、ビーグルで2.40となっている。もっとも低いのはやはりジャーマン・シェパード・ドッグで1.35、次がゴールデン・レトリーバーの1.56。

なぜ犬種で開きがでるのか、今回の調査でははっきりとはわからないが、大型犬では運動器疾患が目立つように、犬種の特性によって肥満の影響を受けやすい機能障害や疾患に差があるということが関係しているのかもしれないと研究者は述べている。

それに関連して、イギリスで行われたペットの体重管理に関する国際的な調査によると(対象国:イギリス、アメリカ、ロシア、中国、ブラジル)、犬の59%、猫の52%が太り過ぎで、61%の飼い主は肥満が糖尿病や関節疾患など他の病気に関係することに気づいておらず、同じく53%の飼い主は肥満がQOLの低下につながることにも気づいていないという(*3)。

また、犬や猫の飼い主の54%が、せがまれる度に頻繁に食べ物を与えており、毎回与える量を量っている飼い主は20%だったそうだ。皆さんの場合はどうだろう?

単純に人の寿命を100年、犬は20年として計算した場合、犬の1年は人の5年にあたる。そう考えると犬の時間はなんと濃密なことか。愛しき愛犬にずっと元気で長生きしてもらいたいと思うならば、やはり体重管理は真面目に考えたいものだ。

参考資料:

(*1)Effects of diet restriction on life span and age-related changes in dogs / Richard D. Kealy et al. / JAVMA, Vol 220, No. 9, May 1, 2002, p1315-1320

(*2)Association between life span and body condition in neutered client‐owned dogs / Alexander J. German et al. / Journal of Veterinary Internal Medicine, 11 December 2018, Doi: https://doi.org/10.1111/jvim.15367

(*3)Owners hold key to healthy pet weight by ignoring “begging” and monitoring food quantity / Better CITIES For Pet, February 22, 2018

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

もし死んであいつに会えるのならば、今すぐ死んでしまいたい【犬が死んだ朝】 (6.23)

  • ニュース

~天国の愛犬からの手紙~ ずっとあなたを守るから。 (6.22)

  • ニュース

知ってる?裁判所で活躍するコートハウス・ファシリティ・ドッグ (6.21)

  • ニュース

「もしも犬がズボンを履くとしたら…」あなたの意見はどっち? (6.20)

  • ニュース

柴犬まるが日本のペット代表としてハリウッドデビュー! (6.19)

  • ニュース

腹持ち抜群!ポテトの春巻き【わんこも食べれる簡単ごはん】 (6.19)

  • ニュース

実話。柴犬・春馬のおかげで、塞ぎ込んでいたばぁちゃんが笑顔になった (6.19)

  • ニュース

犬猫と飼い主の昔と今。それぞれの成長と絆がわかる画像18選 (6.18)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る