TOP>ニュース > ペットショップでの「子犬子猫販売禁止」という選択

  • ニュース

ペットショップでの「子犬子猫販売禁止」という選択

ペットショップでの「子犬子猫販売禁止」という選択

子犬や子猫は確かに可愛い。しかし、その可愛さが“購買欲”を刺激することもこれまた確かだ。欲しがるから売るのか、はたまた売っているから買うのか。それこそ鶏が先か、卵が先かというような問題がペットの世界にも存在する。

そして、その繁殖に対する姿勢や管理の仕方、流通経路、販売方法などに関して度々取り沙汰されていることはご存知のとおり。

それは海外でも同じで、動物愛護先進国と言う人も多いイギリスにおいてさえ苦慮している面がある。

そのイギリスでは、生後6ヶ月未満の子犬や子猫をペットショップおよび類似の商業施設で販売することを禁止とする法律が導入され(2018年10月)、同国政府は2018年12月23日の日付で、これが承認されたことを発表している(*1, 2, 3)。

今後は、子犬が欲しいのであれば、ブリーダーか保護シェルターから手に入れるしかないことになったわけだ。ちなみに、犬猫の販売ライセンスを保持するブリーダーであっても、生後8週齢に満たない子犬子猫の販売は禁止されているという話である。

この法律は別名「ルーシー法」と呼ばれ、2013年にパピーファームからレスキューされたキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの名が冠せられている。ルーシーは身動きもとれないような劣悪な環境で飼育されていたため、背中が丸く歪んでしまっており、引き取り先の温かい家庭で3年暮らした後、2016年にその生涯を閉じたそうだ(*4)。

ルーシー法の大きな目的の一つは、不適切な飼育環境に起因する犬猫の健康問題を減少させること。これにより、動物福祉を考えない問題のある繁殖業者を厳しく抑制することを期待しているようである。

しかし、その一方では、この法律が注目される真っただ中にあっても(2018年12月)、イギリス国内では東ヨーロッパから持ち込んだ犬や猫をろくな健康管理もしないまま、インターネットを通じて販売していたカップルが告発されたものの逃亡をはかり、国を超えて逮捕状が出ているというニュースも流れたばかりだ(*5)。

そして、一部には、このような法律ができても、結局は法の網をくぐってアンダーグラウンドで犬猫を販売するケースが出てきたり、インターネット販売が加速したりするのではないかと懸念する声も聞かれる。

実は、今回のような法律はアメリカにも存在する。

カリフォルニア州では保護シェルターから入手した犬、猫、ウサギを除き、2019年1月1日以降、ペットショップで犬や猫、ウサギを販売してはならないとする法案に対して知事が承認をしており(*6)、それに続く形でメリーランド州でもペットショップにおける子犬子猫の販売を禁止する法案に知事が署名をし、施行は2020年になるということだ(*7, 8)。

日本では、本来、2018年が動愛法の5年に一度の改正年にあたるが、年内での改正は難しく、2019年にもち越されている。

そんな中、8週齢規制を含む各種数値的な規制についても検討が重ねられており、環境省では参考値として、イギリス、ドイツ、フランスにおける動物関連の法律や条令、基準などについて現地調査を行っているが、前出のようにイギリスでは2018年10月に改正が行われたばかりということもあって、まだ資料を完全には精査しきれておらず、一般には公開されていない。

今後、日本の動物愛護・福祉はどこに進路を向けるのだろう。イギリスのルーシー法では一般の人の声が大きく作用し、法改正の嘆願書には約15万人の署名が集まったという。日本での“声”はどこまで届くのか。

参考資料:

(*1)Ban of third party sales of puppies and kittens, known as ‘Lucy’s Law’, confirmed (Press release) , 23 December 2018 / GOV. UK,

(*2)The Animal Welfare (Licensing of Activities Involving Animals) (England) Regulations 2018 / LEGISLATION GOV. UK

(*3)Government backs ban on third party sales of puppies and kittens, 22 August 2018 / GOV. UK

(*4)Puppy and kitten sales at pet shops set to be banned / BBC, 22 August 2018

(*5)UK puppy smugglers on the run in Eastern Europe for selling designer dogs / METRO, 14 Dec. 2018

(*6)Assembly Bill No. 485, CHAPTER 740, Pet store operators: dogs, cats, and rabbits.(2017-2018) / California Legislative Information

(*7)HOUSE BILL 1662 / General Assembly of Maryland

(*8)Gov. Hogan signs new law cracking down on Maryland pet stores from selling pets from puppy mills / FOX 5, Apr 24 .2018

文/犬塚 凛

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

一瞬で虜になるセシリア・ズッカラートの犬写真14選 (8.18)

  • ニュース

猛暑大国日本では、ペットの室内熱中症対策は必須! (8.17)

  • ニュース

どうして…?犬が食糞をしてしまう根本的な理由 (8.16)

  • ニュース

たすけてあげられなくて…ごめんよ。ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~ (8.16)

  • ニュース

ダイエットにおすすめ!鶏肉のチーズピカタ【わんこも食べれる簡単ごはん】 (8.14)

  • ニュース

お盆はペットも帰ってくる?お盆に起きたちょっと不思議な体験談 (8.13)

  • ニュース

なぜ、「多頭飼い崩壊」は発生するのか。根本的な原因を考える (8.12)

  • ニュース

天才的アイデア!「宅配ピザの箱」に迷子犬のチラシを貼り付けて捜索! (8.11)

もっと見る

注目のグッズ

猫の舌を再現した「猫じゃすり」が、売れすぎて品薄状態!?

愛猫家必見!新発想な猫グッズで快適なねこライフを

これで人気犬!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

どっちを選ぶ?村松誠の2019年版犬猫カレンダー

一緒に洗濯するだけで犬猫の毛を絡み取る『フリーランドリー』

愛犬が粋な日本男児に! クールな和柄の甚平

暗がりに浮かぶ柴イヌのシルエット!『シバウォールライト』

浄水フィルターできれいなお水を愛犬に!『ワンタッチ・ウォーターボトル』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る