TOP>ニュース > 犬の鼻キスに秘められた深い意味とは?

  • ニュース

犬の鼻キスに秘められた深い意味とは?

犬の鼻キスに秘められた深い意味とは?

外出から帰ってくると大騒ぎしてくれる愛犬。顔をペロペロなめたり、鼻キスをしてくれます。家に帰ってきて良かったなと思う瞬間ですね。ところで、犬がいつもやってくれるこの鼻キス、飼い主にとっては嬉しい行動で、何回でもやって欲しい、幸せなキスですが、犬自身にとってはどんな意味が込められているのでしょう?鼻を押し付けて、匂いを嗅いでいる?愛情を表す行為?それとも、実はちょっと迷惑だと思っているから?いつもやられているだけに、疑問がわいてきます。

アニマルビヘイビアーに掲載された記事によると、犬の鼻キスには「食べ物に関する情報取集行為」という説があるようです。2009年に行われた実験によると、犬は食べ物を食べたという情報を、相手に伝える時に、鼻キスをしました。鼻にキスを仕掛けた犬は、相手の犬が食べ物を食べたかどうかを知り、自分もその食べ物のありかがある場所に行くことができたそうです。

実験は4つの部屋の中で、不定期に餌を与えるという形で行われました。その中の一つで、餌がもらえる仕組みです。部屋の中から出てきた犬を別の群れの中に入れて、今度は群れの中の犬が4つの部屋に入れるようにしました。すると、鼻キスをした犬は、餌が出てくる部屋に向かって行き、自分も食べられるようになったとか。鼻キスは美味しいもののありかを教えてくれる、伝達手段でした。

野生で群れをつくり、食べ物を得て生活するために、犬は独特の進化をしました。ニオイで食べ物のありかを教え合うことで、種として全体で生きのびようとしていったのかもしれません。鼻腔の奥にある嗅細胞は人間が約500万個あるのに対して、犬は約2億個あり、嗅覚は人間の1億倍ともいわれるほど優れています。


微細な匂いをかぎ分ける能力をもつ犬

優れた鼻センサーを使って、犬はさまざまな生き延びる知恵を発達させてきました。ニオイで相手を判断し、群れの中で相手と自分の立ち位置を行動で示します。時には腹を見せて服従することで、相手を尊重し、無駄な争いを避けたのです。


鼻の外側鼻腺(がいそくびせん)から粘り気のある分泌液が出ている

外出から帰ってきて、ご主人に鼻を使って挨拶をすると同時に、ごはんのありかを探っていたのかもしれない、そんな風に考えるとなんだか不思議な気がします。どうりで焼肉を食べて帰ってくるとしつこい、そんな体験も納得です。鼻キスの意味を知ると、ますます愛犬が愛しく感じられるのは不思議ですね。

(文/柿川鮎子)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /
この記事をみんなにシェアしよう!
関連記事
関連記事
  • ニュース

ボディケア用品からお菓子まで!猫好きな彼女や妻に喜ばれるホワイトデーギフト4選 (3.3)

  • ニュース

愛犬がまさかの“犬嫌い”…その原因はどこにあるのか? (3.1)

  • ニュース

亡くなったペットは死後も近くにいるの?夢に出たり、ときには帰ってくることも… (2.26)

  • ニュース

猫の辞書に「よく噛んで食べる」という文言は無い! (2.26)

もっと見る

注目のグッズ

犬猫どっち派?村松誠の「2021年版 犬猫カレンダー」

ドラえもんに大変身!犬猫用『ドラえもん コスチューム』

人気記事
人気記事
\ PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック! /
PETomorrow をフォローするには下のボタンをクリック!


ページトップへ戻る